ひまつぶし雑記帖

夏コミ(C90)参加しました

2016/8/16 [16:02:54] (火) 天気

今年も夏コミに参加しました。

ほかのひとも言ってるように、国際展示場、ビッグサイトが人であふれかえる(3日間延べ60万人近い)イベントで、この人の数とその熱量を見ると、まだまだこっちは全然大丈夫と思う。
いや、出版不況で商業誌はこの20年近く陰気な話ばかりだしねえ。

手に取っていただいたかた、お立ち寄りいただいたかた、ありがとうございました。

そして、イベントがあるとその直後、電子書籍の方もポツポツ売れるので、リアルイベントとネットの電子書籍販売は連動するようになったのかなあ、と。
本当にありがたいことです。

日野裕太郎の電子書籍はこちらでもご案内してますので、よろしければご覧ください。
http://hino-yutaro.doncha.net/



てのはともかく。いや今回は体力的にやばかった。

コミケ当日は休みをもらったけど、とりあえず9月までの契約のIT蟹工船が週末の深夜シフト。さらに以前から業務委託でWEB運用のヘルプをしているところがなんとお盆明けにサイトリニューアルリリースという無茶なスケジュール。リニューアルのためのファイル修正作業がどっさり回ってきていて、深夜帰宅後に明け方まで作業。
結局眠れたのが4時過ぎ。朝は6時起きでコミケへ出発。

てことで、いつもだと会場であちこち見てまわり、知り合いのところにご挨拶、ということをやってんだけど、今回は自サークルの椅子に座ったきりの置物状態だった。閉会したらとっとと帰って作業の続きが待ってたし…。

睡眠時間が足りない、寝不足だと。
この歳になると、フラフラしながらも、なぜか起きていられる。作業が終わって眠れるとなったらバタンキューで寝崩れる。そして目が覚めたら、身体のあちこちが内部も外側も痛くてだるい状態がひどくて使いものにならない。
若い頃は、起きてられなくて寝てしまうんだけど、目が覚めたらスッキリシャッキリで、すぐに全開で稼働できた。

これは大きな違いだ。
加齢、老化現象でQOLが明らかに低下してるなあ。とほほ。
image 

»電子書籍制作代行についてはこちら

お気に入りのポケモン

2016/8/10 [22:53:36] (水) 天気

そういや。先月7月に日本でも公開されたポケモンGOもしっかりハマってる。

同じくリアルマップを使ったスマホゲームのIngressのように殺伐とした陣取り合戦じゃないのが、気楽でいい。今日時点でトレーナーレベル21…って、ポケモン自体まったく知らなかったんで、なにがどういう意味なのかイマイチよくわかってないまま。

しかし、ポケモンを集める、ポケモンを進化させる、だけでも面白い。
公園なんかに行くと、夏休みだからか親子連れがいて、お父さんあるいはお母さんがポケストップにルアーを差して、子供たちがそこでポケモン採集、という光景。
それに便乗するお兄さんお姉さんたちはもちろん、主婦やわたしのような爺さん婆さんまで、ひとがワラワラと集ってスマホを覗きこんでいる。

子供から初老まで同じゲームをやってるのだ。これは本当に驚き。
あまりゲームなどしてなかった前々職の知人なんかもFBで見るとすっかりハマってる。おたくや子供だけじゃなく、これだけ幅広く取り込んでるゲームって今までにあったかなあ。

ついついgoogle playカードを買って、孵化器をアプリ内購入してしまった。
てことで、今日時点のわたしのポケモン。
image
定番のイーブイ進化形のシャワーズを強化。
野生のウインディというのが珍しかったかも。

ポケモンを掴まえて、進化させられるものは進化させる。
強化できるものは強化…と思ったんだけど、進化はともかく、全員を満遍なく強化させられるほど「ほしのすな」は集められない。
誰を強化すればいいのかよくわからないまま、シャワーズから強化してる。

ちなみに、モンスターボールも割とよく外すので困る。

んなメンバーなので、CP2000前後のポケモンがぞろぞろ並ぶジムに行ってもあっさり返り討ちされる。
弱そうなところを狙うのは戦術の基本。ジムを覗いてみてCP1000前後ぐらいのポケモンが並んでたら勝てることもある。

そして勝ったらジムに置くのはルージュラ。
image
鬼怒川や下呂といった温泉街で、土産物屋などが並ぶメインストリームから2本3本路地を入ったところにある場末の飲み屋のおばちゃん風のビジュアルがいい味だ。
店名も無意味になんちゃらハワイとかつけてそうだし。演歌の流れるカウンターにあるボールペンは、ひっくり返すと金髪白人姉さんの絵が裸に剥けていきそうだ。

にしても、これはIngress以上にバッテリーを食うなあ。
スマホ買い替えたばかりで、大事にそお〜っと使って長持ちしてもらおう、と思ったのに。

»電子書籍制作代行についてはこちら

WEBサイトのValidator偏執狂

2016/7/17 [12:12:56] (日) 天気

WEBサイトを制作したりするんで、HTMLやCSS、javascriptの必要最低限のエラーや警告のチェックはしている、つもり。

「W3C Markup Validation Service」https://validator.w3.org
というサイトもあるし、HTMLやCSSの構文チェックをするツールは各種いろいろある。

…なんてこと言いつつ。
エラーも警告も出ない・出さない、いってみれば100点満点のWEBサイトの必要はあるんだろうか。
たとえば、webサイトでアマゾンECSやgoogleアドセンス、あるいはtwitterやfacebookのシェアなど、よそさまのサービスを自分のサイトに組みこむことなどよくある。そして、それらのコードがすでに警告やエラーの対象となってたりする。

そのせいで、100点満点のWEBサイトにならない、だからこれらのコードは使わない、よそのサービスを組込まない、とか言いだしたら本末転倒だろう。

何のためのWEBサイトかと。
Validatorで警告もエラーもない100点満点のWEBサイトのために、本来やりたいこと見せたいものを制限してどうする、てことだ。
ふた昔前は、Validatorでエラーや警告のあるサイトはSEO的に不利だと言われていたけど、今どきはどうなんだろう。googleさまは日進月歩。metaタグのdescriptionよりbodyの文章を「解析、判断して」表示するようになったのはもう何年前のことか。あれ?昨日までmetaタグのキーワード大事じゃなかったっけ?とか、コンテンツの見出しタグ、altタグはどうだっけ?とか。
だいたい、SEOのために100点満点のきれいなHTMLあるいはCSSを頑張るより、googleさまがユーザー視点から解析の精度をあげて検索結果に適切なものを表示するようになることの方が期待できる。

必死になって100点満点を目指してる・警告もエラーもないことをセールストークにしているのを見かけることがあるんだけど、W3Cにお墨付き・認められたからといってユーザーに認められることにはならない。それで作ったサイトはユーザーにとって使いやすいのか・見やすいのか。

HTMLやCSSのエラーは確実に潰すことができるし、それで100点満点に近づくのは充実感・自己肯定感が得られるので面白いんだけど。
ユーザー視点の欠如だ。あるいはただの自己満足。

最低限、ブラウザでの表示で致命的なエラーとなるHTMLのタグの不整合のチェックはするにしても、Validatorで少しでもエラーがないようにするにしても。
そこにこだわってるヒマがあったら、コンテンツの充実や情報設計というか動線やラベリングについて検討すべきだろうと思う。
image

もちろん、エラーや警告が許されないものもある。上記はWEBサイトについて(念のため)
たとえば電子書籍(EPUB)の納品はシビアで、エラーはひとつでもあったらアウトだ

»電子書籍制作代行についてはこちら

吉野家松屋はいいぞ

2016/7/5 [22:13:43] (火) 天気

二日続けての地元駅前の吉野家松屋。

いや、ほんと久しぶりの松屋にはビックリした。メニューが難しくなっていて、どうやって選んでいいのかよくわからなかった…何度も「戻る」で券売機をひとり占拠してしまった。銀行のATMや駅の切符売場で困ってるお爺ちゃんと同じだった、おれ。

てのはともかく。
松屋のオリジナルカレーはいわゆる英国風の小麦粉カレーじゃなくて、インドカレー風にスパイシーでイケるかな。ちょっと塩気、しょっぱめだけど。
image
並だとビミョーに量が少ない。今度はビールを頼んでツマミっぽくいただきたいなあ。

吉野家は牛丼もだけど豚丼が好きだ。大阪育ちなのに牛より豚の方が好きだというもあるけど、吉野家の豚丼は美味いなぁ。
image
吉野家は丼単品なので、別途生野菜と味噌汁。食事としてやっぱ汁物と野菜は必須だろう。

木曜朝納品があるってのに、今週は日中がIT蟹工船のための研修で使えず帰ってすぐ作業しなきゃいけないので、ゆっくりウチでメシを食ってる余裕もない、というワープア初老な食事事情となった(ダブルワークとかいうとかっこいいのかも知れんが実態は内職掛け持ち)
…けど、おかげで久しぶりの松屋も吉野家もそれなりにイイなぁ。どちらも酒があるし。


そういや、先月には吉野家の吉呑みしてきた。
image
image
これはイケる。ビールと牛皿が合うんで吃驚。
牛皿の濃い味をビールが洗い流すというか、口の中でうまく調和されるというか、ひと口食ってはビールを流しこんでプハーっとやる、この繰り返しがいつまでも続けられそうだった。
紅生姜無料というのもツマミとしてありがたいし、吉野呑みのメニューも意外に充実していて、帰りがけのちょっと呑みにピッタリ。
…入った時間が7時前で、わたし以外のお客さんはすべて食事。飲んでるのはわたしだけ、というのはさすがにちょっと肩身が狭かった。

でも、ファストフードで呑めるのは気楽でいいもんだ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

ダブルクリックでepubもmobiも開けるようになった

2016/6/30 [11:10:38] (木) 天気

先月、WINDOWS10にしたら電子書籍ファイル、epubファイルもmobiファイルもダブルクリックで開くようになっていてビックリした。
…て、ファイルの関連付けというだけのことなんだけど。

Kinoppyをインストールすればepubファイルと関連づけされて、epubファイルをダブルクリックすればKinoppyが立ち上がって読めるようになってたのは知ってたんだけど、まさかmobiファイルダブルクリックでKindle for PCが立ち上がるとは思わなかった。いや、なんとなくダブルクリックしてkindleが立ち上がって仰天したのが、つい今さっきの話。

kindleというかKDPに登録、アップロードするための電子書籍ファイルはEPUB3ファイルをkindlegenというアマゾンの提供するコンバーターでmobiファイルに変換する。
mobiファイルに変換後、本文など中身のチェックのために、今までkindle previewerというビューワーで閲覧&チェックしてた。

このプレビューワーは

1 Paperwhiteなどのe-ink端末やFire、iOSアプリの表示を切り替えて確認できる
2 目次やコンテンツ情報を確認できて整合性のチェックができる

と便利なんだけど。

1 実際に販売されているデータとmobiファイルが同一で実機でも同じ表示になっているのか、ビミョーで信用しきれない。
2 epub3ファイルの時点でepubcheckを通してエラーが出てなければ問題がない。

てことで、ウチの非力なネットブックじゃ動作ももっさりしてるので、本文のチェック(縦中横やルビ、圏点、太字など)だけの場合にはだるい作業だ。
でも、Kindle for PCなら、非力なネットブックでもさくさく問題なく読める。

Kindle for PCはもともとローカルのmobiファイルを所定のフォルダ(kindle_for_pc)に入れておけば読めるんだけど「mobiファイルをフォルダにコピーして」「Kindleを立ち上げて」「ライブラリで選んで」読むのは面倒くさかった。mobiファイルを修正したら、この手順を最初からいちいち繰り返し。ルビを一箇所訂正するだけでこの手順が発生する。

これがmobiファイルをダブルクリックでスグに読めるんだから大助かり、だ。
(もちろん、プレビューワーでの各デバイスごとの表示確認、というか表示の違いの確認は別途必要)

epubはKinoppyに、mobiはKindleに関連づけられている。
image
mobiファイルをダブルクリックするとKindle for PCが立ち上がる。
image


これまで、たとえば同人誌や個人出版などで電子書籍を作っても、いざ配布する時に、どうやって読むのかうじゃうじゃ説明しなきゃいけなかった。説明する方もされる方もなんだか面倒くさいし、まあいいや、になってなかっただろうか。
でも、それが「Kinoppyをインストールしてください」「kindle for PCをインストールしてね」だけでいいんだなあ。
(※mobiファイルはアマゾンの規格なので配布するのは利用規約的に微妙かな)

Kindle for PC
https://www.amazon.co.jp/dp/B011UEHYWQ
紀伊国屋Kinoppy
http://k-kinoppy.jp/

世の中、まだまだ知らないことばかりだ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

InDesignが書き出すEPUBのモノルビの後始末

2016/6/30 [10:37:18] (木) 天気

InDesignが吐き出したEPUBファイルを電書協準拠のEPUBファイルにしてね、という話。

電書協準拠というのは、フォルダ構成やファイル命名規則、スタイルシート群のことで、雛形に流しこめばほぼOK。
ただ、小見出しや圏点、縦中横などはInDesignで作成時にあてられたスタイルを確認してコンバートする必要があったり手作業がそれなりに積み上がる。
中でもルビがやっかいだった。

「No.36【CS5.5】EPUB関連 EPUB3.0対応」InDesignの勉強部屋
http://study-room.info/id/studyroom/cs5/study36.html
↑こちらに詳しい。

グループルビはそのまんま。
一文字ずつモノルビをあてた場合もそのまんま。

問題なのが、モノルビを二文字など複数文字にあてた場合だ…ていうか「モノルビ」っていうぐらいなんだから複数の文字に使うのがどうかしてるだろ。

「準拠」にモノルビ(じゆんきよ)の場合、EPUBに書き出すと

グループルビの中、ルビが「じゆん」「全角空白」「きよ」となってしまう。
(EPUBはモノルビの rbタグは使えないので、グループルビの rtタグになる)

ルビに意味不明な空白などありえない。きちんとひと文字ずつのルビにしてやる必要がある。


学術書系や小説なら時代ものなどはこのルビ修正だけで生き地獄。しくしく。
てことで、InDesignの吐き出すEPUBの変なモノルビを、ひと文字ずつの正しいグループルビに変換するサブルーチンを書いた。

ソフトが書き出すものだからツールで変換するのが確実。ひとの手でひとつずつ修正してたら、まず間違いなくどこかでミス・タイポが入りこむ。

ほんとperlがなかったらと思うとぞっとする。

image

この手の細かいスクリプトがあちこちのフォルダに散らばってる。
そのうち整理してまとめなきゃと思いつつ、汎用、使いまわしを考えすぎると、結局使う時に面倒が増えたりして使い勝手の悪いものになるからなあ。悩みどころ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2016/8>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[466 Page] »
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

TOTAL:2796

2016 (29)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)