ひまつぶし雑記帖

だらだらと週末

2010/4/18 [21:54:16] (日) 天気

って、毎度のことだけど。

LaTeX本を付箋片手に読んでみる。すごく丁寧に書かれてるんだけど、たぶんまだ足りない。CSS解説本で言えば、具体例が丁寧豊富な感じで、ブロック要素とかインライン要素の考えかた、みたいなものがちょっと足りない。ネットで具体例を検索しながらページレイアウトを決めていくか。
amazonDTPで日本語対応にPDFを採用してくれれば、即Publishできるぐらいになっておく。縦書きでキレイに対応するにはたぶん現状ではPDFだろうし。

池袋ボイシャキメラ。バングラディシュの正月祭りに今年も出かけてみる。相変わらず美味しいエスニック屋台村でご満悦。マトンとか鳥の串焼きはあるけど、鹿肉の串焼きって初めてでちょっと驚いた。バングラディシュに鹿がいるとは思えないんだけど。

中望遠レンズをヤフオクで落札。Super-Takumar 135mm F3.5、3100円也。これでASAHI PENTAX SPFで使うレンズは、広角35mm、標準50mm、望遠135mmとひと通り揃ったんで打ち止め。たぶん望遠は難しいと思うけど、連休になったら持ち出して試してみようか。

久しぶりに日本酒、一の蔵。飲みすぎ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

花見とかTeXとか

2010/4/10 [23:35:43] (土) 天気

もう4月だったか。
PENTAX SPF と M42マウントの Super-TAKUMAR 35mm F3.5がしっくり。
靖国神社~神保町、水元公園と、花見に町並みに野良猫に、とパチパチ撮ったら、へぼな写真なのに、パキっとした質感にこってり艶っぽく色が乗って、なにやらおもしろい仕上がりになってご満悦、だ。CarlZeissTessar50mmも細部になにかが宿るような写りだし、M42マウントのレンズはいいなあ。100mm前後の中望遠?なレンズも一本欲しいかも。安いの探すかな。
image  ASAHI PENTAX SPF Super-TAKUMAR 35mm F3.5

LaTeXをインストールしてみた。
青空kindleという、青空文庫をPDFにしてkindleで読むのがひそかに(?)ブームらしい。どうやってるんだろうと検索してみたらTeXだった。エロ本編集時代にマークアップで書いて組版する、というのにひかれて、当時アスキーからでていたパッケージをインストールしたことがあった。けど、仕事で使う状況でもなかったし、ってことで、ちょっと触っただけで終了。
PDFを生成してkindleに持ち込むのに、レイアウトやデザインに凝るわけじゃないので、イラストレーターやワードは不要。てことでLaTeXを使ってバッチ処理しようと。マークアップのやりかたとかスタイルの書き方とか調べないといけない。解説本一冊ぐらい用意したほうがいいのかな。

SharpSpaseTownBooksにて、3冊ほどポチる。伊坂幸太郎、横山秀夫、小川洋子。意外に品揃え頑張ってる、ような気がしてきた。
「博士の愛した数式」がハマったので、「余白の愛」も期待したんだけど、ちょっとついていけなかった。
ちなみに、zaurusには山田風太郎「甲賀忍法帖」とかドストエフスキー「罪と罰」なんかも常備。電子書籍も悪くない。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

停滞気味

2010/3/22 [09:39:40] (月) 天気

夕べ、ちょっと歯茎が痛いぞ、と思ってたんだが、朝おきて歯を磨いたら出血。歯槽膿漏、歯周病だ。経験的に、体調が低下するとこっちまでおかしくなる、っぽい。なんだかなあ、ちくそお、だ。
水っパナじゃないんで、花粉症じゃない、と問診で言われて納得したものの、口の中がカスカスしたり、こめかみがずきずき痛かったり、どうも調子が悪い。すっきりしない季節、なのかなぁ。

最近の衝動買い。

ASAHI PENTAX SPF。ヤフオクで3600円也。
1973年ぐらいの発売。もう40年も前のカメラだ。M42マウントのカメラが欲しかった、てのが真相。
以前買った、Carl Zeiss JENA DDR Tessar 50mm F2.8 が、別名「鷹の目」と言われていて、たしかに色もこってり乗って、描写も隅までシャープ。ただ、Kマウント→M42マウントのアダプタだと、シャッターを押すときに、レンズの絞込みレバーを押し込まないといけない。何枚かは、レバーを押すのを忘れて、開放で撮っちゃうんだよなあ。それがちょっと億劫で使わなくなっていた。
昨日、一昨日と SPFをさっそく持ち出してパチパチ撮ってみた。まだ一本撮りきってないんだけど、カメラ本体がM42マウントで、シャッターを押すとレンズのピンを叩いてくれる自動絞り。露出計もついてるけど、絞込み測光で絞りを合わせて開放してピントを合わせて、てのが面倒。セコニックの露出計で絞りを決めて、ピントを合わせてシャッターを切るだけにした。
まだ野良猫しか写ってないだろうけど、上がりが楽しみ。

男組全25巻。ヤフオクで3000円也。
ふと。思いついて。
中学のときのバイブルで、当時も揃えていて、社会人になってもワイド版で揃えて持っていた。高柳が死ぬ回の少年サンデーは、まだ実家のどこかにある、はず。流全次郎と神竜剛次は、その後の少年漫画に元型として現れている、ような気がする。
で、今回ふたたびみたび。
大衆は豚だ、と言い放つ神竜剛次でtwitterのbotを作ってやるゼ、と思ってたら、すでにあってモチベーションがぐっと下がる。ちっ。

[03/22 17:29:17]
kindle で日本語の小説を販売
http://www.earthlight.jp/?date=20100202
http://soryu-sha.jp/bunko/index.html
どちらも、ページを画像化している。
たぶん。kindleの日本語対応は当分先のような感じだし、やるならこうやってページを画像化するしかなさそうだなぁ。
ちなみに、漫画の場合はそもそも画像。
http://blog.chabudai.com/?eid=912037

でも、こうやってamazonで販売できるのはイイよねえ。ちょっと試してみようか。

»電子書籍制作代行についてはこちら

へたれ広角レンズ

2009/12/19 [20:26:23] (土) 天気

と思ってたKitstar28mmだけど、どうやら腕の問題だったような。

先々週に続いて、先週水元公園に行ったときに撮った写真を、今日引き取ってスキャニング。先週は露出計の電池を入れるのを忘れたので、セコニックの露出計とテキトーな勘で合わせてパシャパシャ。COSINA CT1SUPERとセコニックで、示す露出が明らかに違っている。CT1の方はそろそろ寿命なのか、数段オーバーなのだ。
今回の、もしかするとこっちが適正な露出で撮った写真を見ると、そこそここってりとした色乗りで艶のある写真が上がってきた。て、そもそもこの時期、色の炸裂する水元公園を撮って、失敗写真になる方が難しいんだけど。

image  COSINA CT1 SUPER Kitstar 28mm CENTURIA200
サギだかなんだか。ひとに慣れてるというか馴れ馴れしいというか、釣り人のすぐ脇にまでよってきて、魚を狙ってるっぽい。
↓ヘタレ広角レンズKitstar28mmで撮った先週の水元公園
ttp://www.holeinthewall.jp/~butch/zakki/camera.pl?id=101

縦書きtwitter に ajaxの小ネタを仕込んで。久しぶりにウチでjavascriptとcssのコンビを調べる。キライだイヤだというのは変わらないけど、javascriptって、ブラウザのオマケじゃなくて、きちんとしたインタプリタ(?)なので、ちょっと驚く。全部連想配列なんだよねえ。

てことで、部屋でジダラクに正しく飲んだくれる週末。あっという間に一年が終わろうとしていて、いろいろ考えないといかんのだけど。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

大人の科学二眼レフで撮ってみた

2009/11/1 [17:46:33] (日) 天気

昨日、水元公園に行って撮ったのを今日引き取り。
2眼レフのファインダーは覗いてるだけでわくわくするものがあった。…けど、上がりはちょっとキビシーなあ。プラスチックレンズの周辺の歪みはプラモデルカメラでわかってるんだけど、ちょっといびつすぎる。無限遠でのピントもわけわからないし、こりゃけっこう難しいシロモノだわ。
image  大人の科学二眼レフ

お気楽カメラにも↓
ttp://www.holeinthewall.jp/~butch/zakki/camera.pl?id=98

フルサイズのタテ位置がデフォルトというのがいいし、前述したようにファインダーも面白い、おもちゃのクセにピントを合わせられる。レンズがなんとかなればなぁ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

大人の科学2眼レフカメラ

2009/10/31 [01:42:20] (土) 天気

久しぶりにおもちゃ購入。大人の科学Vol25。付録がなんと二眼レフカメラ。こんなおもちゃなのに、ちゃんとピント合わせもできる本格派だ。同じ大人の科学の付録、ピンホールカメラはまともに使えるシロモノだったけど、なんせこちらは2眼レフでピンホールカメラに比べると部品点数も多いし複雑なんで、わたしのガサツな組み付けが、心配。フィルム一本無駄にする感じで週末は近場の公園に出かけてみることにしよう。
image 

事務所でエンジニアさんの勉強会に参加。UX研究会。ユーザーエクスなんちゃら。ユーザビリティについての勉強発表会、のようなものだ。ユーザーの学習コストなんかについて、だったと理解。当たり前のことばかりなんだろうけど、改めて言葉で聞くのはいいことだった。
ユーザーは普通こうでしょ、とか、絶対こっちがいいに決まってる、なんて、根拠もないのに声のでかさだけで決まらないようにしたいもんですなあ。

[10/31 01:51:49]
あ。ネタ忘れてた。
アラぶる言葉。アラサーだのアラフォーだの、なんじゃそりゃ、と思ってたら、アラウンドサーティ=30代前後の略だとか。twitterに流れてたのが、アラサー、アラフォー、アファフィフ、アラカン、アラハン。
50代まではわかるが、その先、アラカンは還暦らしい。で、その先アラハンは涅槃だそうだ。座布団一枚、ですよねえ、これ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/7>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[16 Page] »
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

TOTAL:2822

2017 (14)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)