ひまつぶし雑記帖

結論はないまま現時点の整理

2013/7/21 [18:13:39] (日) 天気

スクリプト記事、ノウハウ系の記事や市場についての記事と同じぐらいアクセスされるのが電子書籍のプロモーションというか売り方系の記事。そこには、無料キャンペーンどうなの?バーゲン価格にするとどうなの?という記事なども。

今、わたしがウチの電子書籍の値段を決めているのは、基本的に今年冒頭に書いた記事どおり。
『KDPの価格設定、バーゲン?』  2013/1/31

この時と状況が変わったのはiBookstoreやgoogle play books がオープンして「無料で本を公開できる場所が開かれた」ということ。kindleの場合、有料販売しかできなくて、キャンペーンとして「有料販売している本」を期間限定で無料にできるだけ。

ある時期有料のものが、別の時期にキャンペーンで無料というは、わたしは読者に対して(すでに買ってくれた読者に対して)説明するのが難しいと感じている。

なので、作者や作風、作品傾向などを知ってもらう目的のための作品は最初からそのために用意する。無料本は最初から最後まで無料のまま。という方がスッキリ分かりやすいと思う。

例えばこれが該当→  『日野裕太郎掌編をEPUB3で無料配布』

集客力としてkindleが断トツだからkindleで無料本をやりたいと思うけど、上記したようにうまく説明ができない。iBookstoreやgoogle play booksはストアとして集客できてない。でも、場所は確保できるんだから、後はお前が・おれがガンバレ、だ。kindleの集客力は欲しい、だからといって、自分ではうまく説明できないことをやるのは(大げさだけど)自分ルール破りな感じがして「イヤ」だ。

電子書籍中心の版元は、AppStoreのやり口をそのまま電子書籍でやっているところもある。
最初、意図的に高い定価をつけておいて段階的に下げている。定価がさがるたびに、バーゲン情報を漁っているサイトのアンテナにひっかかって露出が増える。
これはこれでひとつの戦術だろうし、こういうやりかたもあっていいんだろう。

でも。本でこれはどうもしっくりこない、というか、やっぱり読者に対してうまく説明ができない。

ハードカバーがあって文庫があって、古本があって値段が全部違うじゃないかという話もあるけど、本は実体のあるモノだ。形態が違う・劣化度から値段の違いは説明ができる。図書館は別。モノとしての本を所有することにはならないので値段うんぬんじゃないということで説明できるはず。

電子書籍はデータだ。いつまでたっても同じシロモノ。何を根拠に値段を変動させるのか、わたしには説明できない。

それって売り手の都合だけじゃん。と思ってしまう。

ゲームやビデオは新作から始まって、値段が下がって行くよね、という話もある。たしかにその通りで、もしかすると今後電子書籍もそうなっていく、かもしれない。新刊から時間がたったので=鮮度も落ちたので、値段を下げて並べるかというパターン。

ベストセラー本なら鮮度も重要で、もう届く人には届いたし、次のレイヤーに届ける為に値段を下げるかという戦術も重要だろう。そのために、新刊の時に広告宣伝、大々的にプロモーションをかけるマスな世界。
でも、わたしの出しているような同人即売会レベルの露出、部数の個人出版本。はたして鮮度はそんなに重要なことか?それよりもウチの本を買って、後で安くなったり高くなってるのをみてモヤモヤと不信感を持たれるよりは、たとえやせ我慢でも一度つけた値段は動かさない方がその後に繋がるように思う。

売る側の都合で読者に不信感をもたれたら終了だと思っていて、そのために値段はいじらない。

というのが現時点での整理。正しいかどうか・売れるかどうかは別の話(念のため)


[07/21 18:35:25] 追記
上記は、イベントなどで展開されているほかの方々を否定するものではないです。わたしのところの考え方ということで。

»電子書籍制作代行についてはこちら

app store にアプリを申請してみた

2012/7/21 [15:41:47] (土) 天気

最終校正をしてもらったので、収録PDFを作り直して、アプリを配信用にビルド。iTunes Connect でアップロードするぜ、ボタンをクリック。サイトがアップロード待ちになったのを確認したら、macで、Xcodeに付属するApplication Loader というのを使ってアップロード。無事にアップロードができたら、ステータスのお知らせメールがくる。
ここで、Missing Screenshot だぞ、というメールがきて、ちょっと慌てた。どうやらiPad用のスクリーンショットも必要だったようで、急遽768x1024の画像を一枚作って、iTunes Connect でアップロード。スグに waiting for review になった。

ということで、手順・手間の固まりはとりあえず突破。承認されるかどうか、レビュー待ち状態となった。
難しいことは特にないはず、なのに、やたら手順手間が細かく、サイト側でやること、Xcode でやることがごちゃごちゃで、わかりにくかった。これ、小説を追加したらまた同じことをやるのでメモったけど、たぶん、また右往左往するなぁ。
image 
この申請のために、専用ページも作った。アプリが無事公開されたら、宣伝しよう。

 

[08/30 05:04:23]
小説同人誌Select  公開!

»電子書籍制作代行についてはこちら

50歳無職、職探しの実際

2011/7/21 [16:35:47] (木) 天気

リクルートをはじめとした人材屋さんから商品価値がないと見られた50歳資格なし、だ。ハローワーク、地元役所のやっている仕事紹介窓口、人材銀行などなど片っ端から回る。連日回る。七月にはいって本気で汗かいてる。

ぶっちゃけ、車の免許もない50男に就職のクチなどない。

今までやってきたこと、雑誌・コミックスの編集制作、WEB制作。で、この手の仕事で募集してるのは30歳まで。応募したところでナシのつぶてか、活躍をお祈りされるだけ。
50歳男が雇われ仕事で求められるのは、管理職、経理、建物のメンテナンス・警備。どれもそれなりの資格が必要。自分のキャリア、スキルは使い途もないのが実状現状。55歳になっていると、高齢者雇用プログラム(?)というのがあって、ビルメンテナンスなどの職業訓練校もあるんだけどちょっと(5歳ほど)足りない。
雇われ仕事じゃなく、WEB制作で個人事業主としてやっていくには、人脈・コネが必要。少なくともしっかりしたメインとなるクライアントが複数必要、だよなあ、とか。(それはそれとして、WEBサービスを試行錯誤しながら公開し続けよう)

ライフワーク、ライスワークと言われる。50過ぎて探す仕事となるとライフワークじゃなくて、ライスワーク(食うための仕事)と割り切っていく。
とりあえず、雇われ仕事を探すからには、正社員なんて考えず、パート・アルバイトも含めて、広く探すしかないなあ。初老フリーターの時代です、はい。
【50歳中高年の就職転職】
無職50歳 (2011/6/29)
中高年の転職・仕事探し (2011/6/30)
50歳無職、職探しの実際 (2011/7/21)
50歳フリーター生活 (2011/7/26)
50歳の転職市場 (2011/7/31)
個人事業主登録 (2012/2/23)
仕事のないフリーランスはただの無職だ (2012/5/21)
フリー、個人事業主という無職生活ふり返り (2012/10/22)
ミドル世代(30〜54歳)の仕事探し (2013/3/22)
ミドル世代のキャリアデザイン研修 (2013/4/18)
自己振り返りシート (2013/4/22)
50代初老フリーターの仕事探し (2013/6/9)
50代無職初老の働き方 (2013/11/24)
謹賀新年2014 (2014/1/1)
2014年半年経過 (2014/7/14)
55歳シニアになっての仕事探し (2016/6/1)

»電子書籍制作代行についてはこちら

めも

2008/7/21 [11:28:37] (月) 天気

休みだってのに、cssなのかhtmlなのかjavascriptなのか、どこのトラブルなのかわからない、かつ、致命的なバグのために調べもの。

症状としては。
全体をネガティブマージンで左右入れ替え。左メニューエリアのdivコンテナのタイトル部分のtableが左メニューの最上部にどっちゃり溜まってしまう。…うーん、言葉で説明するのは難しいなぁ。
箱がいくつかタテに並ぶありがちなメニュー。その箱の中のタイトルが上のほうに集まって、箱の中のあるべきところにおさまってくれない、てなイメージ。

IE6だけ、それもノートパソコンなんかのわりと貧弱なディスプレイ環境で出る。

なんでやねん、と調べまくり。いや、サイト公開が明後日だし。IE6なんて相手にしてられっか、と思いつつまだまだシェア大きいし、んなもんのためにサポートの問い合わせ増やしたらやばいし。

結局。
haslayoutというんだそうだ。該当するdiv要素にzoom:1をつけたら、すんなりおさまるようになった、気がする。

…そういや、土曜の夜、メシを食ってたら、奥歯のブリッジがまたポロっと。休みで予約も入れられず、しかたないんで、明日電話入れて、また歯医者通いが始まりそうだ。もう入れ歯でもなんでもしてくれ。鬱。

[07/21 13:36:45]
zaurusだと画面の幅がきついというかくるしというか…調整しないと

[07/22 07:57:49]
zoom:1=hasLayout trueで不都合が出たら、zoom:normalでそこだけ hasLayout false にすることができる、らしい。

IEの独自拡張ってのはほんとめんどう

[07/22 13:05:25]
でもって、IE6だけの症状だったので、_zoom:1に変更。さらに、でもって、あちこちビミョーなmarginっぽいのが発生してるんでそこにはいちいち_zoom:normal…か。なんでやねん。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

zaurus B500にOpenSSH

2007/7/21 [14:11:45] (土) 天気

キーボードのガタがひどくてお蔵入りしていたzaurus B500 を引っ張り出してみた。

今まで、表からウチのLANに入るのに、LibrettoへのSSHログインを起点にしていた。その肝心のLibrettoが死んで、表からウチに入れなくなっていたのだ。
読書SNS 用の牛丼サーバー機へ表からログインできるようにするわけにもいかず、どうしたもんかと。Librettoで動かしていたhttpdの代用はmacminiでやるにして、今度はsshdがほしい。

てことで思い出したのが B500だ。修理に出してもすぐにガタつくキーボードにうんざりしてたんだけど、sshd専用機としてLANに繋ぐだけなら問題ない。
さっそく C860 に入れた openssh-3.6.1p1_arm.tar.gz をインストール…。と思ったらipkgコマンドがB500のBusyBoxにはなくて、手作業になったのでメモっておこう。

cd data/
cp -R etc/* /home/etc/
cp -R home/root/* /home/zaurus/
cp -R usr/* /home/root/usr
cd ../control
sh ./postinst

ちらっと試したところ、とりあえずSSHで接続できたっぽい。
問題は。省電力の設定でACアダプタを繋いでいても、オートパワーオフが切れない、最長12時間、てところか。サーバーとして使いたいんだから24時間稼動してほしいんだよなぁ。

しかし、せっかくの週末だというのに、身体がしんどいのは歳のせいなのか仕事のせいなのか…ちっ

 [07/21 15:28:09] 
あ。そういや、B500にも perl と apache はインストール済みだった。てことは、ちょっとしたページなら、PDAひとつでOKになるのか。

 [07/26 12:10:15] 
間抜けなところでハマったのでメモ

puttygen.exeで作成した公開鍵はOpenSSHでは使用できないので、使用可能な形式に変換する必要がある。変換には、ssh-keygenコマンドを使う。

$ ssh-keygen -i -f putty_id.pub > putty.pub ←putty.pubに変換 

どうりで鍵を使ってくれなかったワケだ、ちっ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

世間は夏休みですね

2005/7/21 [17:47:17] (木) 天気

今日は北千住の職安。そりゃどうみても体力勝負の若手募集でしょうとか、主婦のパートの延長募集ですかとか、塾講師の経験なんてないけどなぁとか、とりあえず紹介状を取って応募してみた。ひとつは書類選考もなしで明日いきなり面接だし…って、電話したら今どこですか?と聞かれ、じゃあ何時にという話になって焦って日を改めてもらった。学生バイトの募集じゃないんだから。

ついでにブックオフでなにかないか物色。山田正紀の崑崙遊撃隊が105円の棚にあったんでついつい。もう何度読んだかわからないほどなんだけど、ぺらぺらっと見たらまた読みたくなった。襲撃のメロディとか神狩りとか弥勒戦争とか化石の城とか崑崙遊撃隊とか謀殺のチェスゲームとかアグニを盗めとか20年以上前の小説だけどいまだに印象に残ってるんだよなぁ。わたしの高校時代のいわばアイドル・教祖がこの山田正紀とかんべむさしのふたりだった。

昼飯を丸井のはなまるで済ませたんだけど、夏休みだったか、かなりの混雑で驚いた。フードコートという名の一角。壁沿いにいろいろ飲食店が並び、中央にどこの店にも属さないテーブル・椅子が用意されたスペース。スーパーなどでは以前からこの手のがあって、なんだか秋口の海の家だな、と。でもここんとこ丸井を含めてあちこちそれなりにオサレなところにできてきて、こうなると便利な屋台村…365日縁日状態とでもいうか。ひとりでも気軽に利用できるんでありがたいです。

 [23:02:47] 
そういや。足を伸ばしたまま仰向けというのは見たこともあるけど、足を伸ばしたままうつ伏せってのはどうなんだ。
image 
まずありがちな伸びのポーズはわかるのだけど。
_O/|_


|\_

↑この後ろ足を伸ばしたまま前にズリずるのは猫としておかしい、と思うぞ。
_O___

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/07>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2835

2017 (27)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)