ひまつぶし雑記帖

Kindleオーナーライブラリの読了ページ数

2015/7/13 [08:28:20] (月) 天気

今月2日に
「お知らせ:KDPセレクト グローバル基金の支払いに既読ページ数に基づく新モデルを導入」
というメールがKindle Direct Publishingから来た。

Kindle Unlimited (KU) および Kindle オーナー ライブラリー (KOL) のロイヤリティの支払い方法がダウンロードされた冊数じゃなくて、読まれたページ数に変更となった。
また、それにともなって、KDPの管理ページのレポートも今までのダウンロード冊数じゃなくて読まれたページ数となった。

ひらたくしちゃうと「1冊なんぼじゃ」なくて「ページなんぼ」だ。

正直、こりゃどうなの?という変更。
本は1ページ目からリニアに読んでいくものだ。読まれたページでなんぼ、ということなら、こりゃもう冒頭のツカミが最重要となる。あたまっから見せ場、サビを並べる同じような構成の本が濫造されやしないのか。
実用書やビジネス書ならともかく、創作はどうなの。
(創作も現実は版元や編集のテンプレートを求められることがあるので何を今さら、かもしれないけど)

「冒頭ちょっとたるくて作品に入るのに時間がかかってもそこを通過したら一気読みしちゃったよ、傑作だったよ、これ!あたまのなんじゃこれ、てのが伏線だったんかよ!くそ、読みなおすゼ」
ということはざらにある(あたまのところがたるいから、といってそこで止めちゃうケースがあるということ)

てことで「ページなんぼ」は、創作については、そぐわないと思う。


管理ページがダウンロード冊数ではなくて、読了ページ表示になったのも問題。
版元で契約しているところは知らないけど、KDPを使って本を預かって販売をしているような場合、著者への支払いはどうすんのかな。ページ単価でお支払いってことになるのか。支払い対象が著者ひとりならまだしも、デザインや写真、イラストなどが絡んで1冊に複数人いたら経理処理が煩雑になって販売管理の負担が大きくなる。

とはいえ、他人さまから原稿を預かって本を出すような場合、Kindleだけではなくibookstoreや楽天koboその他のストアに配信するのが一般的だろうからあまり問題じゃないか。ビジネスとして他人から原稿を預かってKDPだけってパターンの方が珍しいわな。


Kindleオーナーライブラリで日野裕太郎の『陽だまりうたた寝若桜』がレンタルされてたのでその様子。
image 
この期間、レンタルしていただいたのは一人だけなので、どういう読まれ方だったのかなんとなく見えて面白い。
読了ページでの支払いには疑問しかないけど、こういうデータを見られるのはいいなあ。

日曜に3ページってことは、休日にダウンロードしてちらっと確かめたのかなあ。
月曜に20%弱まで読んでるってことは、通勤か通学の電車かも。爺婆たちとの展開・向こう側での日常が始まったあたりだっけ。

火曜に一気に読了。往復の時間だけじゃ足りないから、きっと帰宅してからもそのまま読んでもらえたなあ。自炊じゃなくて外食派のひとだろうか。爺婆たちとの世界に子供たちの肝試しが入りこんできたら展開が動くし、楽しんでもらえたかしらん。

雑誌を作るときの「いろはのい」
まずターゲットを決める。そのターゲット層ひとりひとり、読者の属性行動パターン・読者の顔が見えるまで想像する。
アカウント単位、ページ単位で管理できるんだし、KDPの管理ページもどうせなら読者のペルソナ設定にも使えるようにもう少しきめ細かくデータを見せてくれるとありがたい…それはこちらのサービスで別料金となります、いかがでしょう、という案内のメールが届く日も近いか。

»電子書籍制作代行についてはこちら

ヨタ話:電子書籍への距離

2013/7/13 [09:14:15] (土) 天気

ちらっと聞いた電子書籍がらみのネタ・噂話ふたつ。

電子書籍関連のセミナー。わたしは行ったことがないので、行ったひとから聞いた話。「印刷関係のひとが多いですよ」「版元はあまり見かけないですねえ」とのこと。

電子書籍制作については、オフセットでいくのか、グラビアなのか、組版どうすんの、などなど印刷関係のひとの方がリテラシー(知見、知識、経験)が高くて、次の電子書籍に対する取り組みも積極的なんだろうなあ、と思う。


一ツ橋系の子会社にいる知り合いから、久しぶりに連絡があって、漫画のオーサリングができる個人でも会社でも教えてほしい、と。どうやら取引先から打診があったらしい。え?自分のところで受ければいいじゃん、と話してたら会社は電子書籍はやらないと言ってるらしく。頭が固くてまいっちゃいます、とのこと。

ただ、本人も「オーサリング」というのが何のことかわかってないらしく、ガラケーで見るようなものとスマホで見るようなものだと形式が違うし形式によって対応や予算が違うということを説明。クエスチョンマークだらけで確認してみます、と(わたしも、ネットでも公開できてケータイで配信できて、と言われても何のことやら、雲をつかむような話でよくわからなかった)

EPUBでKindleだ、iBookstoreだ、とセミナーや勉強会が自分観測範囲では目につくんだけど、昔ながら、相変わらずのところは相変わらずで、というお話でございました。

でも、版元も積極的なところはあると聞くし、温度差がかなりありそう…足並みそろえる必要はないけど、とっとと対応しておいた方がいいよなあ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

appアプリのXcode4他、設定メモ

2012/7/13 [15:20:03] (金) 天気

けっこう面倒くさいのでメモしていく。

mac OS 10.7.4
Xcode4.3.3

その1
開発用にキーチェーンで証明書を作る。公開鍵、秘密鍵、証明書要求などなど、SSLの証明書と同じ、か。
【mac】
アプリケーション→ユーティリティ→キーチェーンアクセスapp
証明書アシスタントで、認証局に証明書を要求する
・メールアドレスと通称(名前をローマ字書き)、「ディスクに保存」と「鍵ペア情報を指定」にチェック
・鍵のサイズ 2048、アルゴリズム RSA(両方ともデフォルト値)
デスクトップに証明書を要求するために必要なファイルが保存される(CertificateSigningRequest.certSigningRequest)
https://developer.apple.com/ios/manage/overview/index.action
Certificates のページで
「Request Certificates」ボタンをクリック→ファイルをアップロードするページに遷移するので、さっきの証明書要求ファイルを選択して「submit」(送信)する
「submit」してページが遷移。 
ここで ios_development.cer と AppleWWDRCA.cer のふたつの証明書をダウンロードする。(※submit 直後では、ダウンロードボタンが出ないので、ページをリロードする必要がある)
ダウンロードしたらおのおのダブルクリックして「ログイン」で証明書をインストール。
※何度でも証明書は発行、インストールできるけど、iphone:Developer の証明書は必ずひとつにしておく。古いものは削除。

その2
実機にアプリをインストール
【mac】
アプリをインストールするiphone をUSBで接続。
【mac Xcode】
XcodeのWindowメニューのOrganizer を開く。Devices に接続したiphone が表示される。iTunesと同じ感じ。
「Use for Development」をクリック。
Organizer から、iOS Provisioning Portal に接続にいく。app id とpassを聞かれる。
後は、言われるまま、「次へ」をポチポチクリック。
最後(かな?)ファイルを保存するか、と聞かれたけど、意味不明だったのでキャンセルしてみた。(謎なので後で調べる)

デバイスが登録されているかどうかの確認
https://developer.apple.com/ios/manage/devices/index.action

その3
開発のため、実機にアプリをインストールするには、iOS Team Provisioning Profile を割り当てる。
https://developer.apple.com/ios/manage/provisioningprofiles/index.action
status が active になってることを確認する
【mac Xcode】
Organzier の左メニュー「Library」「provisioning profile」をクリック。画面右下の「Reflash』をクリック。
ログインを求められるので app id とpass を入力して終了。だったかな。(ちっと記憶が曖昧)
【mac】
~/Library/MobileDevice/Provisioning Profiles/ 
にインストールされていることを確認する。

その4
Bundle identifier を追加する
https://developer.apple.com/ios/manage/bundles/index.action
で、「New App ID」をクリック
description
Bundle identifier 
を入力する。
description は製品名、製品シリーズみたいなもの、かな。product001などでOK
Bundle identifier てのは、世界中で一意じゃなきゃだめなので、URLに製品名をつけたしたものが使われるらしい(example.com だったら、com.example.product001 とか)
【mac Xcode】
アプリのプロジェクトファイルを開いて、Resources の PROJECT名-info.plist の中にあるBundle identifier をさっきデベロッパサイトで入力したのと同じものを入れる(com.example.product001)

その5
【mac Xcode】
プロジェクトファイルを開いた状態で、左メニューのプロジェクト名選択反転して、Build Settiongs を表示させる。
右隣メニューの「TARGETS」 を選択する。
その中の「Code signing」セクションにある、Debug の「Any iOS SDK」を選択して、iPhone Developer を選択。profiles が表示されるので、確認して選択。

以上で、mac Xcode のRUN対象のプルダウンで、実機が選択できるようになり、iPhone を接続したまま、RUNすると開発中のアプリが実機に現れるという仕組み。

mac だ Xcode だ デベロッパサイトだと右往左往してけっこう面倒で忘れそうなのでとりあえずココまでメモ。
image 
開発中。とりあえず実機に表示してみた。

 
この先、公開まで、まだまだ山がある。やっぱり忘れないようにココに追加していきますです。つ、つかれた。

[07/14 09:33:27]
Xcodeで作られるアプリアイコンの光源効果はいらない。
 アプリ名-info.plist
 icon already includes gloss effect の値をデフォルトの NO から YES に変更する

[07/20 01:04:34]
複数コンテンツのテストのためには。
 iTunes Connect にアプリを登録する(アプリ自体はfree=無料で登録した)
 スクリーンショットもアップロード
  ※iPhoneだけと思ったら、iPad用のスクリーンショットも用意しなきゃいけない
   一枚だけ768x1024で画像を作ってアップロードした。
 バイナリはまだアップロードしない。
 登録したアプリのサマリページからIn-App Purchase管理のページで
  productid (アプリに合わせる)と、料金の設定
 テストユーザーを作成
 iPhone で登録の正規ユーザーを抜ける
  iPhone 「設定」→「store 設定」→「サインアウト」
 実機にインストールした開発で作ったアプリをタップ
 ユーザーを聞かれるので、テストユーザーのID と passを入れる
 購入する

[07/21 15:23:40]
配信用のアプリデータを作成する
https://developer.apple.com/ios/manage/provisioningprofiles/viewDistributionProfiles.action
provisioning portalで配信用のプロファイルを作ってダウンロード。
ダウンロードしたプロファイルをダブルクリックしてXcodeで認識させる。
【Xcode】
Distribution のプロファイルを割り当てる。Project のinfo タブで、release を複製してDistributionにリネームする。
PROJECT の  build settings を開いて、 Code SigningのDistribution の Any iOS SDKに、ダウンロードした配信用プロファイルを指定する。 recommend ではなく、Bundle id (com.example.description)のついた欄に、会社名表記もある iPhone distribution というプロファイルを選ぶ。

配信用にビルドする
【Xcode】
左上、Run Stopの隣にあるConfigurationを選択して(アプリ名が表示されているところ)、Edit Scheme... → Build Configuration で、Distribution を選択。
ビルドする。
ビルドされた配信用データは、デフォルトで
~/Library/Developer/Xcode/DeriverdData/アプリ名/Build/Products/Distibution-iphoneos/アプリ名.app
にできる。
アプリ名.appをzipで圧縮して アプリ名.app.zip をアップロードすることになる。

配信用アプリデータをアップロードする
【Xcode】
Xcodeメニューの Open Developer Tool → Application Loader を立ち上げて、Deliver Your APP を選択。
アプリがリストされるので選択。
ファイルを選んで、アップロード。

無事アップロードされたら、iTunes Connect からステータスの連絡メールがくるので確認。

[08/03 12:43:47]
7/21にアップロードしたアプリ。ステータスが  Waiting For Review になったというのに音沙汰無し。twitterで、Large Icon のサイズが 512x512 から1024x1024に変更されてる、というのを見かけて、今日、アイコンを作り直してアップロード。
すると、20分もしないうちに、ステータスが Waiting For Review から In Review に変わった。
ところが、今度は1時間ぐらいでリジェクトのお知らせ。

In-App Purchase で Non-Consumable アイテムを買ったユーザーが、リストアできるようにしなさい、ということらしい。他のデバイスでアイテムの二重購入にならないように、ということで、購入済みアイテムがリストアできて、リストアが出来ることがわかるようにボタンを表示せよ、と。

プログラムの中身はまるでわからないド素人なので、SakuttoBook 開発元のインクナブラに問い合わせ中。
確かに開発・テストで見る限り、リストアボタンは表示されてなかったしなあ。

[08/31 12:37:38]
SakuttoBookで、無料アイテムの設定をしたい場合、iTunes connect には登録してはいけない。
アプリで無料設定、iTunes の方で販売、という不整合が起こる。
アプリで無料設定をするだけで、OK

[08/30 05:03:46]
小説同人誌Select  公開!

»電子書籍制作代行についてはこちら

めちゃだらける

2008/7/13 [20:23:50] (日) 天気

うー。暑さなのか湿気なのかゆうべの飲みすぎなのか、原因はともかく、今日はいちんち全身だるくて頭が回らずなんもする気もせず。身体の芯と外の世界の間にぼわーっと靄がかかったような感じというか。

なもんで、今日は。
チャリで昼間、猫缶を買いにユニバーサル、ついでにかねふじで揚げ物(しょうがボールというのが絶品だった)を。
だらけたままミケさんが涼しげに転がってるのを見て、一緒に転がり昼寝。
チャリで夕方。駅前の銀たこを買い、東急ストアのちよだ寿司で買いだし、ヤマニでシメイとデュベルを。
と、まあほんとなんもしないいちんちだった。(ひらがなばかりだと読みにくいなぁ)

とりあえず。
読書SNSの、使い捨てセッションIDとajax部分のフォームの問題は、面倒なんでajaxコンテナごとに使い捨てセッションIDを設定することで強引に解決してしまおうか、と。ほかにもっとうまいやりかたがありそうなんだけど…。となると後残るは力仕事。現状のサイトからの移植作業をするだけ、かな。ううう。面倒くせえなぁ。

んで、ふらふら、ふと思いつきで、データベースを使わないでテキストファイルをデータとしてSQLっぽく扱えれば面白いよなぁ、と。この雑記帖なんかもずいぶん前に作ってそのまんま。文字コードeuc-jpで、データはcsvのテキストファイル。データベースはsns専用にしておきたいから、このまんま使い続けるんだけど、もうちっと気の利いた使い方ができればなぁ、と。p5-DBD-AnyDataとかp5-DBD-CSVとかp5-SQL-Statementとか、ちょっと気になって調べもの。データベースに比べると当然速度なんかは見劣りするけど、それなりに使えるっぽい。
おもしろそうだなぁ。…けど、んなことやってるヒマあったら、先に読書SNSリニューアルだろ、だよなぁ。

にしても、ほんと、湿気と暑さにまいっちんぐ(死語)

 [07/13 21:26:32] 
簡単に使えるんだ…。
my $dbh = DBI->connect('dbi:AnyData(RaiseError=>1):f_dir=.');
$dbh->func( 'zakki', 'CSV', 'zakki.csv', 'ad_catalog');
これだけ、だ。
あとはフツーにsql書けばいいだけなのか。びっくり。
…DBの使えない(postgresqlなんかあるんだけどメモリとディスクの容量的に苦しい)zaurusにインストールできればちょうどいいんだけどなぁ。

 [07/14 22:00:20] 
てなこと思ったけど。
CPANのモジュールをインストールするのにgccやmakeをzaurusで使えるようにしなきゃいけない。どう考えたってたいそうおおげさ。うーん。今のままでいいかなぁ。うちのサイト、euc-jpのページとutf8のページが混在していて、どうせならutf8に統一したいところなんだけどねえ。

うー。だりい

 [07/15 09:07:02] 
日付が変わってる記事に追加するのは好きじゃないんだけど、といいつつ。
ここの書き込みをとりあえずutf8に変換してひとつのファイルにまとめてみてびっくり3M超えてるじゃん。最古が2000年で、まだそのころはcgiにしてなかったから書き込み頻度はそれほどでもなかった。cgiにしてからは、まあなんというか、ネットにゴミ、生ゴミ、燃えないゴミ、各種ゴミを撒き散らしてるなぁ。有益有用な記述がひとつもないことに、今さら呆れる。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

ファファード&グレイマウザー

2005/7/13 [20:20:27] (水) 天気

今日は北千住の職安へ…いったところでなにが変わるわけでもなし。銀行によって、丸井のはなまるでぶっかけ中399円也をいただいて。
北千住駅構内のスタバにいってみた。いや、先週だったか、通りがかったら空いてたしのんびりまったりイイ雰囲気だったんで近いうちに行ってみようと思ってたので、今日は北千住の職安にしてみたのだ。
すぐ隣が本屋サンで、というか、本屋サンとの境がないようなものなので、本屋サン併設の喫茶店というか喫茶室をそなえた本屋サンというか。ひとり用の席も充実してるし、本を携えてゆっくりしましょう、というところだ。ラッシュ時はとんでもない人ごみになりそうな場所なんだけどね。
ベンティサイズ、ソイラテ、エスプレッソ追加1ショット。金を払うと540円になるけど、ヤフオクで落とした株主優待券。
ゆっくり座って指輪の次にと「魔の都の二剣士」を読み始める…学生時代に確か3巻の「霧の中の二剣士」まで読んだはずなんだけど、細かいところどころかストーリーまでけっこう忘れてんなぁ。
まだ読み始めだけど、やっぱりヒロイックファンタジーは面白い。指輪物語などの正統ファンタジーと違って、世界を描くというよりキャラを描くものなので読みやすいし、そこはかとなくB級だし。訳者後書きによると今回は5巻まですべて出す予定だというから、まだまだ楽しめるぞっ。
フリッツ・ライバーは 「闇よつどえ」 が傑作だったという記憶があるんだけど、それも忘れてるから機会があったら読みなおそう。

と、現実逃避はともかく。職安で新着の募集がない、とすごすご手ぶらで帰るのもいかがなものかと思い、職種を選ばず見ていて、やっぱりエクセルとワードは要求されるんだなぁ、と。嫁がン年前に買ったパソコンはオフィスもオプションでつけてあったので使わせてもらうことにして、図書館で「土日でマスター」シリーズを借りてきた。エクセルってのはもしかして面白いソフトかも知れない、とか。表計算が必要になるような場合、ほとんど perl で済ませてきたし、ひとも使わなきゃいけないようなことになったら CGIをデッチあげてたんで、今回初めて触ってみた感じだ。マイクロソフトがMacの売上増に貢献している呉越同舟船頭多くして船山に登る珍しいソフトだからか。

そういや、iPodの件で業者サンから電話。結論からいうとダメらしい。第3世代の液晶を移植するのは無理とのことで、かといって第4世代のiPodは人気らしく中古市場でほとんど値段が落ちてなくて(へたすると定価より高い場合も)それを入手してまで修理すると高くついてしまう、と。
きちんと電話口で事情を順番に説明してくれてメリットデメリットも伝えてくれる対応にあらためて感謝して直らないまま引き取ることになった。しょうがあるまい。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

検査はもうこりごり。

2004/7/13 [19:31:19] (火) 天気

ノウハウというのが商売になるのは分かるけど、なんで素人がもったいぶって情報開示しないのだろう、と以前から疑問。特に自転車関係のHP。インターネットという「公道」を利用してるくせしてなにやってんだ・なに言ってんだ、と思う。現実の生活に影響するなら(ノウハウでメシを食ってる立場なら)ともかく。ケツの穴の小さいヤカラが多いのにはうんざり。もったいぶって情報を出さないなら、ハナっからインターネットという「公道」を使わないで欲しい。お仲間うちで仲良く楽しく自前のネットでやってくれ。インターネットてのは、情報の共有が基本理念のはず。
まあ、わたし自身がどっちかというと、べらべら喋りすぎる傾向にあるから、なおさらそんな印象を受けるのかも知れない。でも、インターネット=公道という認識は、本などから得た知識から、さほど間違ってはいないのではないかしらん。
無断リンクお断りだの、無断転載禁止だの、公道に手前勝手な小汚い小屋を建てておいてなにヌかしやがるか、というのが正直なところ。
インターネットでの権利のありかたって、どうなってくんだろうねぇ。ディズニーのサイトなんて、現実と同じくやってるけど、んなものをネット内に持ちこんでも実効力があるんだかどうなんだか。

仕事はお盆進行だったりする。それにくわえて、シール貼りの日にちをスケジュールに組みこまなきゃいけない。なもんで、今月は本がまだ発売されていないというのに、写植だなんだの進行を、もうこの時期にやってなきゃ間に合わない。本もできてないうちに、それも新規の本だ、入稿なんて、ピンとくるワケないよ。なんだかなぁ。今はまだ、売れてくれますように、お星様にお願いしてる最中だっちゅーの。

ケツが、拭きすぎで切れて痛いぞ、くそお。どう考えても、ムダで乱暴な検査だったと思う。


あ。そいや、今日の弁当。
キュウリ・ピーマン・キャベツ・油揚げのホイコーロー、じゃこオム。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/07>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2830

2017 (22)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)