ひまつぶし雑記帖

バリカン事故再び

2017/7/11 [23:19:56] (火) 天気

やってしまった。
いつもどおり、散髪しようとバリカンを使っていて、ゲタを忘れて直接ゾリっと刈ってしまった。

以前に事故った時は12mmの坊主頭でどうにかごまかせたけど、今回はゾリっとやったのが側頭部から頭頂部にかけて、と範囲が広く12mmじゃごまかしも効かない。しょうがないので3mmの坊主頭となった。

家人爆笑。

弱ったなあ。これ、どう見ても、変なおっさんかアブナイおっさんか足りないおっさんだ。
適当にいじってくれるといいんだけど、生温い目をふっとそらされて無言、てのはキツイだろうなあ。

facebookにあげた写真を貼っておこう。
image 
直射日光に注意と、おおぬまセンセからありがたいコメントもいただいた。

このアングルで見るとおれって頭の形はいいんだなあ(遠い目)
とほほ。【セルフバリカン】
バリカン導入 (2014/8/2)
バリカン事故 (2014/11/10)
バリカンのアタッチメント購入 (2014/11/15)
バリカン購入半年経過 (2015/2/25)
セルフバリカン第6回 (2015/6/6)
セルフバリカン、セルフ坊主 (2015/10/6)
バリカン事故再び (2017/7/11)

»電子書籍制作代行についてはこちら

iOSデベロッパプログラムとユリシーズの瞳

2012/7/11 [19:13:34] (水) 天気

今日は東京芸術センター、テオ・アンゲロプロス特集の「ユリシーズの瞳」を観てきた。ラストは腰が抜けた。話はなんだかよくわからないけど、画面から目が離せず、妙な説得力と凄みがあった。話がよくわからんのに魅入られて面白いって、毎度のアンゲロプロスだった。
映画が初めて記録を始めた頃の、未現像のまま消息不明になっている幻のフィルム。それは最初の眼差し、無垢な眼差し。それを探す旅の物語。とか。
戦火の街。霧の日だけ、街が元の姿になる。視界がない霧の日は狙撃兵がいないから。街に出た人びとは、深い霧の中、音楽、芝居、ダンスを楽しむ。とか。
個々の状況にいちいち鳥肌がたって、画面がいちいち絵になってる。特に霧に覆われるサラエボのシーンは一瞬たりとも目が離せない気が抜けない緊張感。ひとにはなかなか勧められないんだけど、3時間があっという間だった。いや痺れた。

 

そろそろ原稿の用意もできそうなので、SakuttoBookを注文してiOSデベロッパプログラムに登録(購入)してみた。

まだアクティベーション用のメールが届いてないので、確定ではないけど、iOSデベロッパプログラム登録自体は簡単。
https://developer.apple.com/jp/programs/ios/
↑ここから言われるまま進んで、apple store で8400円のデベロッパプログラムを購入するだけだった。
SakuttoBookは先日トライアル版で試して、PDFの差し替え・追加で電子書籍アプリを作れる手軽さだったので、製品版を購入。36120円也。
http://www.incunabula.co.jp/

実際の作成、実機テスト、アプリ登録など、まだまだこれからだけど、なんとかカタチにするぜ。仕事がらみの電子書籍は、売れ筋狙うけど、こっちはやりたいことをやってみる。

»電子書籍制作代行についてはこちら

週末いろいろ。

2010/7/11 [23:53:15] (日) 天気

土曜日は、東京国際ブックフェアで、ビッグサイト。
電子書籍とかどうなってんだろう、というのを見たかったんだけど。フォーマットも端末もアプリもバラバラ出ていてわけわかめ。競争ですね、と声かけしたら、そうなんですよ、と苦笑なお兄さん。
最低限。縦書き、ルビ、禁則ができないようなフォーマットなら論外。
でも、EPUBあたりはまだ決まってないようで、各社が独自フォーマットで縦書きその他をデモしてた。うううむ、こんなじゃ、どれに乗ればいいのかまだわからんゼ。

日曜。我が家の支配階級だった23歳王様と12歳のお墓参り。23歳の存在感は偉大だった。

仕事がらみでは、リニューアルだのSEOだの。
しかし。決定権のない調整役には、実はもううんざり。勝手にやってろ、と吐き捨てたくなるのを堪える日々。その他いろいろ絡んで、ぶっちゃけ、もう限界。やってられない。この歳なってまだ、いろいろあるなあ。

んでもって土日で、TSUTAYAでハガレンだの夏目だの借りつつ、暴力脱獄、スティング、ハスラーを。ポール・ニューマン最高!
何度か言ってるけど、一本選べと言われれば問答無用で「明日に向かって撃て」
ほかどうする?と言われると
「スティング」「暴力脱獄」「スラップショット」
さらに思いつくまま言うてみ、だと。
「ゴッドファーザー」「ジャスティス」「グッドモーニングベトナム」「ロッキーホラーショウ」「ダーティハリー」「ガープの世界」「華麗なるヒコーキ野郎」「スタンドバイミー」

なんか五里霧中暗中模索迷走で困ってる今日この頃だ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

アマゾンの画像表示をココにも

2009/7/11 [21:10:22] (土) 天気

アマゾンの表紙画像を貼り付けられるようにしてみた。
ウチのサイトの構成上、雑記帖、 お言葉データベースカメラリンクページプロフィール など、全部ひとつのモジュールで賄ってるんで、お言葉データベースに表紙画像を貼りつけられる、イコールどのページにもつけられる。
先日のところにも書いたように、いちいちアマゾンにリクエストを飛ばさなきゃいけないので、濫用するとレスポンス低下に直結するけど、アクセス数も知れてるんで、ちょろっと。

いまんとこ、宮部みゆきのおれさまベストがこれ。

 キャラ全員に履歴書背負わせるスティーブンキングズウエイ。「わたし」をもう少しうしろに引いてくれれば、純正統ハードボイルドになるなあ。

[07/12 12:11:10]
ついで、というか。
サイトのtitleやdescriptionのつけかたを変更。あまり深く考えてなかったところだったんだけど、ぐーぐる様に言わせると、よろしくないらしい。このあたりの表示も共通モジュールなんで、ちゃっちゃと変更。

Chrome OSがMS WINDOWSとガチ勝負となって、腐れエクセルも叩き潰してくれるといいんだけど…んなことにはならんだろうなあ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

めも:ajaxの戻る

2008/7/11 [01:02:28] (金) 天気

またハマってるのがajax…ブラウザの戻る。

ブラウザの「戻る」自体はわたし自身もよく使うし、いわゆるユーザビリティを考えても、ブラウザ標準の機能をサービスの都合でどーこーするのは、発想する時点で負け確定。
とはいえ、確認画面なんかで、おっといけない書き直し、となった場合、用意されてる「戻る」ボタンじゃなくて、ブラウザの「戻る」を押すことが多くて(わたしはSleipnirでマウスジェスチャで戻る)それはそれで問題。
ブラウザで戻られると、ajaxで出してるフローティングコンテナのフォームがぶっ飛んでしまう。
せめて一度だけこのときだけでもブラウザの「戻る」は「なにもしない」で欲しい、と。

あれこれ検索してみて、とりあえず一度きり、ブラウザの戻るを「なにもしない」にしてみる。

if(document.all){
  var ifr = document.createElement('IFRAME');
  ifr.style.cssText="display:none";
  document.body.appendChild(ifr);
  var iframe = frames[frames.length -1].document;
  iframe.open();
  iframe.close();
  iframe.location.hash="#books";
}
else{
  window.location.hash="#books";
}

location.hashにテキトーな値を入れると、URLの履歴にページ内ジャンプのURLが追加される=ページ遷移が起こらない。これを利用してブラウザの戻るを意図どおり一度だけ「なにもしない」にできる。
ajaxが絡むページ移動やブックマークではこいつをさらにガリガリ使って、いわゆるフツーのページ遷移・ブックマークを実現する…らしいけど、わたしはそこまで考えてないし、そんなスキルもない。

で、どうもIEだけが別扱いらしく、widndow.location.hashに値を入れても反応してくれない。
document.allでくくった中のように、ダミーでiframeを生成して、そのiframeをopen→closeして、そのiframe のlocation.hashに値を代入、なんて二度手間三度手間してようやく。

うーん、でもこれでいいのか、本当に意図どおりなのか、てのはいろんなパターンを検証しないとわからんちんだなぁ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

multipartの解析部分の変更

2006/7/11 [09:18:14] (火) 天気

まだうまく行ってるのかどうか疑問だけど、multipart解析部分で、今回変更したのは。

/usr/local/lib/perl5/site_perl/5.8.6/CGI/Lite.pm
の中の
sub_parse_multipart_data

から、
current_bufferに対して正規表現で disposition header body を取得する部分。
出力用ファイルハンドルを変更する部分(CL00がすでに使われていたら、インクリメントしてファイルハンドルを変更する)
を取り込んでみた。

ファイルハンドルを変更するところは、use strict 環境下では、ブロック内で
no strict 'refs'
が必要。

自作ルーチンでは、disposition データ部分の切り分けで失敗することが多かった、ようなので、すでに枯れて落ち着いてる車輪を導入。
mod_perl下でメモリのキャッシュの挙動がよくわからんし、同時アクセス制御にもなるだろう、ということでファイルハンドルの変更を導入。

といった感じか。
multipart/form-dataを使って、画像などのアップロードするCGIはこのやり口が定番、らしい。Mac版IE5.23のバグも吸収してるっぽいし、これで安定してくれるといいんだけど…。



 

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/07>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2835

2017 (27)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)