ひまつぶし雑記帖

突然始まったiBookstoreに登録

2013/3/7 [11:39:24] (木) 天気

昨日、3月6日気づいたらiBookstoreの日本版がオープンしていた。びっくり。
気になっていた個人出版も iTunes Connect 経由で登録受付していて、またびっくり。
(3/8 追記。登録からわずか1日で公開になった!)

以下、あまり具体的なことを書いてNDAにひっかかる=規約違反になると困るので、適当にぼかして・飛ばして書きます。

iBookstoreで本を売るためには
・本を販売するための、iTunes Store apple IDが必要
 アプリのiOSデベロッパープログラムと違って、本の販売には年間の固定費は不要。
 また、登録にはアメリカ歳入庁(IRS)に手続きした EINが必要 →  詳しくはこちら

・本を登録するためには、iTunes Producer という専用アップローダーが必要
 このアップローダーは、本の販売者登録が終わればログインすることができる iTunes Connectの管理画面からダウンロードする。
 また、このアップローダーは mac OS 10.6 以上(パソコンは、mac が必要となる)


ということで、早速アカウントの登録と本の登録を試した。


【アカウントの登録】
https://itunesconnect.apple.com/WebObjects/iTunesConnect.woa/wa/bookSignup

・名前、Apple ID 、iTunesStoreで使ってるemailアドレス、EIN、住所、電話番号
 など登録画面は特に悩むこともなかったけど、次にすすむと「About Your Books」と、本の登録らしきフォームで慌てる。まだ本の用意してないし。

と思ったら、これはどうやらダミーで一度登録するためっぽく。たぶん。本のタイトルなどはOptionalということなので、空欄。Catalog information(本の情報)はとりあえず1で埋めて(PDFの欄は0にした)送信。

Emailアドレス確認の画面に移って、そこでまた送信。
4時間ぐらいたってからアカウントの準備ができたからiTunesConnectにログインしてね、とiTunesStoreから返信メール。

【アカウント開設してログイン後の作業】

kindleのKDPだとアメリカの課税を避けるためにW8BENをAmazonの送る必要があった。そのあたり、appleは特に説明が見当たらず。iOSのアプリではその手の手続きは何もしなくて大丈夫だった「iTunes Storeから初の振込」ので、ここはとりあえず先に進む。30%天引きや銀行手数料が、という話になったらその時考える。

「Manage Users」

fisrtname、lastname、emailでユーザーを追加するだけだった。

「Contracts, Tax, and Banking Information」

・担当アカウント設定
管理者だの金融担当だのマーケティング担当だの役割がいろいろあって各々全部設定する(とはいえ、ひとつ設定したらあとは selectで同じものを選ぶだけ。全部同じひと)
Add New Contact をクリックして出てくるフォームに「firstname、lastname、Email、title、Phone」が必須。titleには適当にmanager と入れてみた。

・銀行
銀行の国を選んだら、まずは「Add Bank Account」をクリックして銀行を登録する。
「Zengin Code」は http://zengin.ajtw.net ここで調べればスグ。ここで引っかかった。全銀コード(銀行のコード)だけじゃだめで、ここには「全銀コード-支店番号」とハイフンで繋いで店番も入れる必要があった(わたしはアプリの方でも登録している日本の銀行の普通口座を指定した)
ここで登録した銀行をselectして終了。

・税金
↓Are you a U.S.うんぬん。日本人なので No で進む
↓Do you have anyうんぬん。アメリカで人を雇ったりしてるわけではないので No で進む

Certificat of Foreign Status うんぬん。海外のひとはここ。
3)type of beneficical Owner は個人事業主(Individual / Solo propriety)を選択。KDPで予習してたようなもんだ
最後のTitle(誰がこれを保証するんだ?)のところはSELFとでも入れるのかよくわからんのでManagerにしておいた。
image


【本を登録する】

iTunes Producerをダウンロードしてインストールする
キーチェーンにアクセスを求められる。この時iTunesに登録したappleIDであることを確認する。

・準備するもの

 本文EPUB3ファイル
 サンプル用EPUB3ファイル
 カバーアート画像(横幅が最低1400px)
 スクリーンショット(768x1024で用意した)

 EPUB3は例によって 「EPUB3::かんたん電子書籍作成」 で作った。

登録画面
image
画面の右下にある「次へ」を叩いて行くと、下のメニューバー「メタデータ、カテゴリ、著者〜」を順番に設定する画面となる。入力フォームに入れていって、わからなければ空欄。
最後にチェックがあって、必須入力が入ってなかったらその時点で入れ直しができるので気にせず最後まで進む。
素材=画像のレギュレーションなどはマニュアルにあるはず。とりあえず、今回このサイズで用意したのは、最後のチェックで盛大にエラーを出して確認した。「考えるな、感じろ」の精神。
image
・1行目:エラーで失敗したぞ。
・2行目:キーチェーンアクセスの時に、別の Apple IDを取り込んでしまったから
・3〜5行目:スクリーンショットは1024x768、768x1024、2048x1536などの正しいサイズで作れ
・6行目:カバーアートは横幅最低1400必要だぞ
ということ。きちんとエラーを捕捉して止まってくれるので、わたしのように、何も考えずに「とりあえず」先にすすめるガサツな性格でも安心設計。

以上で「デリバリ」して、今日時点ステータスは「レビュー中」
app storeだとレビューに約2週間かかる。ibookstoreはどうだろう。

などと、わかったようなこと書いてますが、まだうまくいくかどうかわからないので暫定版。嘘情報が混じってる可能性大。

緊迫の以下次号!

[03/08 15:46:37] 追記。
翌日3月7日に公開されていた!(この間、メールなどの連絡はなかった)アプリの場合2週間も待たされていちゃもんつけられてだから、それに比べると腰が抜ける対応の早さだ。心底驚いた。

*** ここから次号 ***

【本を登録する(続き)】

登録画面下の順番通りにやっていけばいい。

メタデータ→カテゴリ→著者→対象読者→関連製品→配信権価格

わからないところは上記したように空欄。エラーだったら後で指摘されるし、販売後もメタデータなどはiTunesConnectの管理画面で変更修正ができる。

・カテゴリ。分類形式が3つあって、そのうちのどれかを選択してカテゴリを指定していく、ようだ。わからないのでデフォルトの分類形式の中からそれっぽいのを指定した。

・著者を選ぶところはKDPと同じくいろいろロールが用意されていて、著者のほか、イラストレーターなど。名前の読みというのが意味不明だったんで、とりあえず姓名の名前の読みを入力。

・対象読者は13歳以上を指定。関連製品はまだ他に本を出してないので何も入力しないまま。
・配信権・価格。
これはアプリと同じく単位が独特(Tier)だけど、日本円でいくらになるのかも併記されているので心配はない。地域にJapanを選択して配信開始日を登録当日に。出版物の種類は「デジタルのみ」ここでDRMの有無も選べる。

【素材をアップロードする】

登録画面の上にある「ブック」「素材」「デリバリ」の「素材」をクリックすると素材をアップロードする画面となる。
上記の準備するもの(EPUB3、カバー、スクリーンショット)をアップロードする。特に注意するところはない(本編とサンプルのアップロードを間違わないように。念のため)

・カバーやスクリーンショットはショップで表示されるものなのできちんと作っておきたい。
・サンプルを別途作ることになるので他の本を参考に。

【出版する(?)】

以上が終われば「デリバリ」で素材や入力したデータをiTunesStoreに送る。
この時点でもエラーがあれば止まる・エラー箇所を教えてくれるので心配無用。

エラーなく送られたら、iTunesConnectの管理ページで確認。ステータスが「レビュー中」になっていればOK。


上記したように、登録から公開までわずか1日。app storeがいちいち2週間かかること考えるとこのレスポンスの早さは驚く。審査もapp storeとは違う様子。

今回の『アロイのやさしい神さま』はKDPの登録と同じく 「かんたん電子書籍作成」 で作ったEPUB3ファイルをそのままで問題なく使えた。
今後、電子書籍を作る場合、EPUB3で作ってさえおけばkindleストアにもiBookストアにもスグに使える。

がんばって告知する。

↓というわけでiBooks版『アロイのやさしい神さま』よろしくお願いします!
https://itunes.apple.com/jp/book/aroinoyasashii-shensama/id615848736

Kindle版



[03/14 09:48:02] 追記
3月14日に2冊目『いつもの夕餉』公開。これもkindle版と同じ定価100円。
https://itunes.apple.com/jp/book/itsumono-xi-xiang/id617808098



【iBookstoreのレビュー期間】
3月8日公開の1冊目『アロイのやさしい神さま』は登録してから公開まで24時間かからなかった。
3月14日公開の2冊目『いつもの夕餉』は3月11日の午前中に登録して公開されたのが3月14日未明。公開まで約3日。
『いつもの夕餉』が公開されたのに気づいて iTunesConnect の管理ページを見るとTicketが届いていて(iTunesStore側からの指示)「説明文の「文庫サイズ 約26ページ」を取り除いてください。」ということだったので削除。

アプリの審査とはずいぶん違う印象。審査期間が短いのはもちろん、指摘部分が「日本語で書かれている」のに吃驚。アプリはほぼすべて(今になっても)英語で、英語スキルのほとんどないわたしなど、もどかしい・うっとーしー・いらついていた。ibookstoreは日本で本気でやる気だ。

[03/20 09:18:50] 追記。
日本の場合取引先はiTunes K.K.(iTunes株式会社)となり、売上に対する税金は日本課税になると同意書に書いてあった。
filing of consumption taxうんぬん
消費の申告および納付は日本人に政府に課税します


全銀コードが必要ってことは振り込み手数料もその範囲。海外からの被仕向け送金ではないということかな。

»電子書籍制作代行についてはこちら

XMDF形式って仕様非公開なのか

2010/3/7 [22:30:41] (日) 天気

amazonで、ROWA JAPANというところがzaurusのバッテリーを売っていたので購入。製造終了している機種なので新品のバッテリーがあっさり手にはいるとは思わなかった。ラッキー、なのかな。

kindleのおかげで、電子書籍熱がちょっと出てきて、先日も Sharp Space Town ブックス で、伊坂幸太郎「終末のフール」、横山秀夫「出口のない海」と、再読の山田風太郎「甲賀忍法帖」、山田正紀「たまらなく孤独で熱い街」を購入。
ブンコビューアは、悪くない。
XMDF形式のファイルはコピーガードもかかっていなくてDRMもない。これっていいんだっけ、と思いつつ、遊べるかな、とグーグル詣で。kindleのように、自分でXMDF形式の本を制作できて、たとえばSpaceTownブックスで販売できればなぁ、と。シャープ製のケータイで読めるらしいし。
XMDF形式ってのは元はXML。それを専用のコンバータで変換。てことで、zbfという拡張子のファイルを無理やりエディタで開いても、バイナリなのでなにが書いてあるのか読めない。

どうやらXMDF形式というのは仕様非公開。XMDFビルダーというXMDF形式のファイルにするソフトがあるらしいが、企業向けにしかやってない、ようで、個人で本を作って販売することは現状無理っぽい。うううむ。残念。どうりで検索しても、何もでてこないワケだ。kindleに対抗してやってくれんかな。


[2012/06/18 10:53:47]

上記、嘘です。すみません。調べたらちゃんと公開情報があります。
http://www.bunka.go.jp/chosakuken/digital_network/gijutsu_02/pdf/shiryo2_2.pdf
http://www.sharp.co.jp/corporate/rd/journal-84/pdf/84-04.pdf

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

噂どおりのこってり感

2009/3/7 [20:25:41] (土) 天気

今日は朝から内科。特になにがあるわけでもなく、コレステロールを下げるメバロチンを処方してもらうだけ、だ。

その後、せっかくの青空だ。Carl Zeiss JENA DDR Tessar 50mm 1:2.8(ゼブラ模様)をCOSINA CT1 SUPERにつけて、今日は浅草。純正のマウントアダプタ(M42→Kマウント)で、絞りレバーを押し込んで、露出を決めて、開放でピントを合わせて、絞りレバーを押し込んでシャッターを切る、という手順。
面倒かな、と思ったんだけど、今のところ、そうでもない。むしろ段取り・手順の過程が面白い、かも。

さっそく現像に出して、上がったものがこれ
image  COSINA CT1 SUPER Carl Zeiss JENA DDR Tessar 50mm F2.8
噂どおり、色のりがこってりしていて濃厚な風味。2枚目を見るとボケ味はやわらかい円形で優しい。写真が、濃くて饒舌な印象に思える(浅草がいいのかもしれないけど)

ヘボな腕とかセンスを、レンズの威力でごまかせる、かな。…でも、M42レンズ沼は底なしの泥沼と言われている。気をつけなきゃなぁ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

だるくて散漫だ

2008/3/7 [21:48:01] (金) 天気

喉が腫れてへろった。熱っぽくてだるくてねむくて、なにをするにしても効率がガタ落ち。真面目にまいった。なもんで、事務所近くの漢方中心という医者で診てもらって薬を処方してもらう。うーん、おもしろそうな医者なんだけど、混み過ぎ。

Flashで今度は外部flvを読み込んでみる。…って、埋め込みビデオのswfをムービークリップに読み込むのと同じようなものだった、かな。
違うのは、どうやらflvってローカルだろうが、通信してストリーミングで再生する、らしい。通信用の関数を使うんでちょっと意外だった。で、ムービークリップに読み込むんじゃなくて、ライブラリで新規ビデオを作ってそこに読み込んで再生、となる。
ビデオにスクリプトは書けないので、レイヤーを一枚上にかぶせて、ビデオの枠に合わせてテキトーな四角で塗りつぶし、ムービークリップに変換して、アルファを0%=透明にして、getURLを仕込む。こいつはブログパーツにしてみたいところだなあ。

ふたたびみたびのリニューアル作業。今度の商品はアニメやドキュメンタリー、レスポンスよりじっくり見てもらって探してもらえばいいものなので、横幅可変のリキッドでいこうかと。
position absoluteじゃなくて、ネガティブマージンを使ってfloatで左右入れかえ。
画面の幅をjavascriptで常時監視。
…てのはいいけど、やっぱりレイアウトが難しいなぁ。画面の広さに応じて、見せる点数を増やしたいんだけど。display none で読み込んでおく、ってかっこ悪いし。とはいえ、画面の幅が変わるたびにAjaxでもってくるのはどうなんだろう。
amazonはきれいにやってるけど…。で、横幅可変になるとどうしても余白が出る、ていうかしかたがないんだけど、左右ぴったりに合わせてくれ、と言われるんだろうなあ。これが実は一番やっかい。
またあれこれ悶絶しそうだ。だめだったら横幅固めていくけどさ。

たまたま、なんでだか覚えてないんだけど、Bios is damaged で検索してたら、たまたまlibretto50の記事に出くわす。それなら、とヤフオクでLibretoで検索したら締め切り2時間前のlibretto50を発見。なんか妙な縁というかタイミングというか、これはもう買えよ、ということだと思ったんでぽちっと1万円也で落札。HDDがないけど、かえってそのほうが好都合だし。
発送したという連絡があったんで明日か明後日には届くかな。寝ているHDDでうまく動いてくれれば、またウチの中は無線LANで構成しなおすか。とりあえずzaurusB500でどうにかなってるけど、linuxよりfreebsdの方がなれてるんで、なにかあった時のカンは(素人なりに)働くんだよねえ。

うーむ。喉と鼻のせいか、微熱っぽくだるいなあ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

今日もばたばたと

2006/3/7 [22:26:14] (火) 天気

今度はログ解析をしてみようと、apacheのログをいじる…ていうか、gifだのcssまで記録されるしワームももちろん。そのあたりを調べて弾く設定を試してみたり、Basic認証をしたいディレクトリがあるのでそれも調べてみたり。結局httpd.confをあーでもないこーでもない。
だけど。さすがにこのさびれた自宅サーバーと違って、リスティング広告までやってるような環境だと、アクセスも半端じゃないし、気楽にrebootするわけにはいかない。金かかってるんだから。担当部署に今までの流れでもっとも被害の少ないのは一日のうちの何時ごろか確認しないとなぁ。
案の定データベースの取りこぼしが生じる。旧サーバーで拾っておいたので問題はないけど、金のかかってるデータはまっさきに反映させて整合性を取っておかなきゃいけない。管理画面なんか作るのは後回し、優先順位が把握できてない。あっちからの電話にこっちに指示出しとか。

てなことあれこれ。

ばたばた、とWEB便利屋はせわしないです。

自宅SNSもどき作成。足跡スタンプとか図書カードとかネタはあるんだけど、時間と気持ちの余裕がなく、手つかず…。

ボブ・マーリィはエクソダスがええですなぁ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

ひどい二日酔いだ

2005/3/7 [11:59:30] (月) 天気

ゆうべは以前付き合いのあった「大きなお友達系」ライターさんと吉祥寺で飲み。たしか同じ歳だったと思ったけど、このひとのバイタリティには頭が下がる。もっとも仕事の雑さ加減には、雑を自認するわたしも驚かされるけど。…仕事に関しては信用できないが、行動力とそれに伴う人脈は信用してもいい、という妙な立ち位置のおとこだ。
んでお互い近況報告をしつつ八丈島料理をつまみながら焼酎をロックでカパカパと。
上流階級タコ部屋について話してたら、クォークに食いついてきた。
とりあえず一冊だけとはいえ、クォークで100ページほど完全データ入稿したので、クォークの「お作法」はおぼろげながらわかったつもり(わからないところはイラストレーターでやっちゃったけど…)
どこの版元も予算が厳しくて企画を持ち込んだら、安くあがるデータ入稿という話になるらしい。そこではクォークがスタンダードだと。逆に言えば、クォークさえ使えればそれなりに仕事になりますよ、とも。確かに便利なソフトではあるけど個人で買うような値段じゃないんだよなあ。ううむ。
その後2軒目に行ったのは覚えてるが、案の定記憶がすっとび、今朝はひどい頭痛と吐き気。

んで今日は確定申告。行列にまじり、暖房と人いきれに、吐き気はいや増すばかり。一度行列を外れて並び直すなんてのはとんでもない行列だ。まさか武蔵野税務署のプレハブの中でゲロをぶちまけるわけにもいかず、必死で堪えて、確定申告初提出終了。
吉祥寺に向かって歩いて涼しい外気に触れたのがよかったのか、少し吐き気が収まり今にいたる。
春休みなのか、昼前の吉祥寺はガキであふれてるなぁ。二日酔い失業者はおとなしく小金井に帰るとするか。
てところで半端な時間にとりあえず書き込み。

 [20:33:00] 
昨日ひさしぶりのライターさんと飲んだと思ったら、今日は久しぶりの「肉食系」マンガ家サンから電話。初の単行本が出るというご報告でありました。めでたい話で良かったねぇ、から、世間話となって、相変わらずドギモ抜かれる、ちょっとここでは書けないようなことをやってたらしい。うううむ、女王サマってナニ。

んで、世間話ついでに出たのが某マンガ家さんから聞いたという別の某マンガ家サンの噂話。個人の悩み事を聞くのはいいけれど、第3者に話していいことと悪いことがある。今回の噂話は個人の病気にも関係することで、おいおい、それってべらべらしゃべっていいのか、という内容。ていうか、以前ちらっと書いたパピレスを巡る噂話と出どころは同じ。ご当人とは仕事でのからみもあったし、いいひと、だというのは確か。しかし、ここまで致命的に口が軽いひとだとは思わなかったなぁ。多分悪気はないんだろうけど、せめてコトの真偽ぐらいは確認してから口にして欲しいものだ。今のままじゃ町内会にひとりはいるおしゃべりババアと変わらんぞ。いや、マンガ家さんはひとりで仕事していてあまり外部情報に触れる機会も少ないだけに、世間の噂話よりタチが悪い、か。
たぶんもう関係はないけど、もしもなにかでからむようなことになったらそのへんは気をつけないといけないな。

そういや、ここんとこ急にアクセスが増えたと思ってアクセスログを見てみたらば、CGIのリンク集ページに登録されていた。うううむ。この雑記帖以外はほとんどメンテしてないっちゅーの。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/03>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2811

2017 (3)
1 (2)
2 (1)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)