ひまつぶし雑記帖

電子書籍につける音声の調教

2015/3/2 [12:29:46] (月) 天気

「SofTalk」も「棒読みちゃん」もイントネーションやアクセントの調整ができる。
というか、両ソフトが利用しているAquestの音声ライブラリが音声の調整をしている。Aquest社のサイトに仕様書があって、それを読むと音声の細かい調整が可能で、単純な棒読みではなく、それっぽい読み上げ音声にしあがる。

Aquestの音声記号列仕様書
http://www.a-quest.com/download/manual/siyo_onseikigou.pdf (※PDF)


文章をそのまま読ませてみた。

「私がウスウスと眼を覚ました時、こうしたみつばちのうなるような音は、まだ、その弾力の深い余韻を、私の耳の中にハッキリと引き残していた。」
・「眼」を「がん」と読んでいる
・「こうした」は「こーした」の方が聞きとりやすい
・「時、」「は、」「を、」など読点直前の音が上がってしまっている。

音声記号でアクセントや区切りを指定した。

「私が,ウスウスと/めを覚ましたと'き,こーしたみつばちのうなるような音'わ,ま'だ,その弾力の深い余韻を、私の耳の穴の中にハッキリと引き残していた。」
これは、それっぽく聞きとれる。
語尾上がりになっていたところ(「とき」の「と」など)にアクセントを入れただけでずいぶん聞き取りやすくなった。

アクセントとポーズを調整するだけでかなり音声のクオリティは上がる。

なんでこんなこと調べたかというと。
今、スクリプトで作った音声付き電子書籍は句読点単位でバラして音声を作っている。
もしかして、センテンス(もっと長文)ごとで音声を付けた方が、SofTalkや棒読みちゃんがそれっぽく音声記号をつけてAquestのライブラリに渡してくれて自然な読みになるのでは、と。

でもやっぱり、それなりの調教は必要だなあ。ラクな道はないようで…。

ちなみに句読点単位でバラした方がそれっぽい、かも。





読点直前の語尾上がりがおさまっている…て、バラす時に読点を削除してるのでその副作用だけどね。【電子書籍と合成音声】
音声付きのEPUB電子書籍 (2014/10/2)
AndroidのTalkbackでkindleを音声読み上げ (2014/11/29)
media overlaysによる音声付き電子書籍の作成 (2015/2/17)
動画で見る音声付き電子書籍の作り方 (2015/2/22)
Windowsで縦書き総ルビの般若心経を読み上げ (2015/2/24)
「眼聴耳視」音声付き電子書籍公開リスト (2015/2/28)
電子書籍につける音声の調教 (2015/3/2)
音声合成聞き比べ (2015/3/13)
WINDOWSの音声合成Harukaさんは有能だ (2015/10/13)
情報のバリアフリー化が進みそうだ (2015/12/7)
MacにOpenJTalkをインストール (2016/6/1)

»電子書籍制作代行についてはこちら

罵倒芸の傑作

2014/3/2 [11:58:56] (日) 天気

キース・ピータースンという作家のハードボイルドが大好き。ご立派な箴言名言ではなく、罵倒啖呵に毎度毎度読み返す度に痺れる。

中でもキース・ピータースンがアンドリュー・クラヴァン名義で書いた『真夜中の死線』は傑作中の傑作(クリント・イーストウッドで映画化もされている「true crime」)

たとえばこのあたりがキース・ピータースンの真骨頂。罵倒芸の神髄。

「ビーチャムさん」わたしはしゃがれ声で言った「イエス・キリストのことには、鼠のくそほどの関心もない。あなたの気持ちにも興味はない。正しい裁きとやらが行われようと行われまいと、それがこの世でだろうとあの世でだろうと、そんなことにも興味はない。正直に言わせてもらえば、何が正しくて、何が間違っていようと、個人的にはたいして問題じゃないと思ってます。そんなことはどうでもいい」
わたしは吸いさしの煙草を床に投げ捨て、靴の踵で揉み消した。それに合わせて靴の爪先が右に左に動くのを眺めた。ビーチャムに向かってこんなことを言いだすとは、我ながら信じられなかった。だが、途中で止めることはできなかった。わたしは顔を起こし、改めて鉄格子の向こうに目を遣った。
「ビーチャムさん、こちらが知りたいのは――」と切り出した。「事の真相です。あの場で何が起こったのか、その実際のところ、事実が知りたい。そのためにここに来たんです。


なんだけど、当たり前の話、この言葉遣いは翻訳者を通してだ。冤罪で死刑執行を目前に、毎日神に祈って諦めかけている男に言う言葉じゃない。『真夜中の死線』の翻訳者は「芹澤 恵」。東京創元社のキース・ピータースンはほとんどこの方の翻訳。

元はどうなってんだろうと、原書の該当部分を確認してみた。

"Mr. Beachum," I said hoarsely. "I don't give a rat's ass about Jesus Christ.
And I don't care how you feel either. I don't care about justice, not in this life or in the next.
To be honest, I don't even care very much about what's right and wrong. I never have."
I dropped my cigarette to the floor.
I crushed it under my shoe, watching my shoe turn this way and that.
I could hardly believe what I was saying to him. And I couldn't stop. I raised my eyes again.
"All I care about, Mr. Beachum," I said, "are the things that happen.
The facts, the events. That's my job, that's my only job.
The things that happen. Mr. Beachum -- I have to know --
did you kill that woman or not ?"


ほぼ原文どおりだけど、「神さまだとか正義だとか、んなこた、どうでもいい、おれの知ったこっちゃねえんだ」的ニュアンスが滲み出てるのは翻訳の力技というか芹澤恵さんのセンスの光るところ、だと思う(わたしは英語はよくわからない)


『幻の終わり』

おれは叫んだ、必死で叫んだよ、「レジー・ジャクソン!レジー・ジャクソン」ってな。するとその手がおれを捕まえた。おれのシャツの胸倉をつかんで、門のなかに引きずり込んでくれた。ウェルズ、そのとき見た海兵の顔は一生忘れないよ。真っ白くて真ん丸な中西部の男の顔だった。そいつのピンク色のほっぺたを涙が伝ってた。
そしてそいつが言ったんだ「馬鹿野郎、ピート・ローズがいるだろうが。あのピート・くそ・ローズが」ってな」 


翻訳モノの雰囲気というのがあるとしたらこういうところかな。
キース・ピータースン著 芹澤恵訳はどれもこれも。ハズレはない。


東京創元社 アンドリュー・クラヴァン『真夜中の死線』
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488267056

 

 

東京創元社 キース・ピータースン作品一覧
http://www.tsogen.co.jp/np/author/628

»電子書籍制作代行についてはこちら

かんたん電子書籍作成でルビ・縦中横

2013/3/2 [16:53:23] (土) 天気

[2年以上前の古い記事です。現状とは違っているので削除されました]

»電子書籍制作代行についてはこちら

かんたん電子書籍作成で扉ページ

2013/3/2 [10:07:48] (土) 天気

[2年以上前の古い記事です。現状とは違っているので削除されました]

»電子書籍制作代行についてはこちら

iPodが4800円

2008/3/2 [17:56:48] (日) 天気

image うちのポンコツサーバーのバックアップ用にリムバーブルHDDのガチャコンが欲しい、と思って昨日は秋葉原。ヨメはヨメでほしいものがあるらしく、ディープゾーン徘徊となった。
わたしはパーツ屋でOwltechのMobileRackPROというのを買ってみた(5780円也)…で、ヨメはひたすらジャンク屋あさり。覗いて回って目的のものを見つけた、と思ったら「起動しない」iPod第4世代20Gジャンク品、4800円也。
ところが、ウチに帰って、ヨメがiPodを開けてゴソゴソやってるな、と思ったらさくっとフツーに動きだした。動くものや動かないものや、部品だけになったものや、いろいろ、気づいたら我が家はiPodが3台になったようで、そのうち一台を払い下げてもらう。
…Appleって会社はどうなってんだ、と義憤にかられなくもない。起動しないものがあっさり動き出して、その起動しなくなったiPodの修理を受け付けてなかったんだからなぁ。ふざけたユーザーサポートだ。
んで、今度はiTunesの使い勝手の悪さにのけぞる。なんじゃこりゃ。フツーにエクスプローラーでドラッグ&ドロップさせろ、っての。うーむ、いらつく。

サーバーのHDD増設ではひと悶着。
いや、この手の知識がゼロなんで、どうしようもない。SATAのリムバーブルユニットを買ったはいいけど、ケーブル(?)をどこに差していいのか分からず。ソフマップの牛丼パソコンなんだけど、マザーボードの取り説なんてのはたしか付いてこなかったんで、おそるおそる、ココかな、ソッチかな、と。
デフォルトで刺さってる内蔵のMaxtorのはSATA1というところに刺さってたんで、それならSATA2に差せばいいんだろうとやってみたら、これがマスター。HDDの構成が変わってしまってOSが認識できない=Panic。
もうしょうがないんで、わからないまま今度はSATA3と書かれたところに差してみたら、今度はスレーブとして認識された様子。sysinstallでFDISKとLabelEditまではやってみた。ほんとに使えるようになってるかどうかはまだ不明だ。うううむ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

サンディエゴ・ライトフット・スー

2007/3/2 [00:23:43] (金) 天気

なんて書名を見て、懐かしさに腰が抜けた。沈黙の声なんてのも面白かったなぁ。ここんとこにぎやかになってきた 趣味は読書SNS 、トム・リーミィの名前があがるとは思わなかった。マイクル・コニイとかボブ・ショウとかサンリオは妙なのがあったなぁ。なつかしくて、初老目前のおっさんは書名を見るだけで涙腺が緩んでしまうですよ。
濃いひとたちというのはどこにでもいるもんだ、と。

んでもって、最近のマイブームはジャンプ。NARUTOはもちろんおもしろくって、毎回たぎるんだけど、わたし旬なのは「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」絵も話もキャラもどこをとっても萌えるです。月刊は休刊になっちゃったけど、週刊ジャンプはまだまだクオリティ高くて安泰。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/03>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2813

2017 (5)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)