ひまつぶし雑記帖

Ingress Guardianで金が獲れてLv12になった

2015/6/17 [11:49:28] (水) 天気

image Ingress というのは google のリアル陣取りゲームで(以下略)

5月4日にlv11になって、今日6月17日にlv12になった。

レベル12:金6 銀7

プラチナ
Trekker 歩いた距離
+Recharger 遠隔で見方ポータルの回復
+Translator グリフハック成功ポイント

Sojourner 24時間単位でハックし続けた日数
+Guardian 自ポータルの維持日数
+Mind Controller CF作成数

Builder デプロイ数
Connector リンクを張った回数
Engineer 自陣ポータルへのmod差し回数
Explorer ユニークポータルのハック数
Hacker ハック回数
Illuminator CF作成時のmu獲得数
Liberator ポータルのキャプチャ数
Pioneer 初めてキャプチャしたポータル数
Purifier 敵のレゾネーター破壊数
SpecOps クリアミッション数

+はlv11時点よりもランクアップしたメダル。
プラチナになったRecharger、Translatorはちまちまやってれば確実にポイントを獲得できるお手軽メダル。
lv11の時点で狙っていたMind Controllerの金はともかく、Guardianが金になったのは大きい。

Ingressは圧倒的に攻める側が有利。
ていうか、反転アイテムもあって、狙われたら防ぎようがない。
なので、エージェントも少なかった黎明期ならともかく、今どき、Guardian=自分がオーナーのポータルの維持日数はひたすら「運頼み」

ハングアウトで味方陣営と連絡を取って周辺ポータルのガードを固めて、というのもあるらしいんだけど、仕事でもプライベートでも使っているgoogle+のアカウントをゲームでのコミュニケーションに使うのはまずいので、わたしはぼっち参戦。

とりあえず。

地元周辺10箇所ぐらいのポータルを確保。焼かれたら1日とおかずに取り返す、を地道にやっておいた。
すぐ焼き返しかよ、顔真っ赤の必死で面倒くさいヤツがいるからここはいいかとなる。かもしれない。
また、長いポータルを狙う=Guardian阻止に走るエージェントがいるので、すぐに取り返しておくと、これって長いポータルなんだか、昨日焼かれてたポータルだったかわからなくなる。かもしれない。

10箇所のうち4箇所ぐらいはModsもテキトーなものを入れておく=撒き餌ポータルの設置。
撒き餌に食いついてくれたらその向こうのがっつりシールドの入ったポータルが「面倒くさい」となる。かもしれない。

地元では、確保したいところ以外はほとんど焼かずに大人しくする。
このエージェントには焼かれたこともないし、まあいいや、と思う。かもしれない。

てなことを意識したけど。

たまたま、ここんとこ地元に新ポータルが増えた。
たまたま、毎日朝昼晩深夜と走り回って片っ端から焼いてまわっていた敵エージェントが、なぜかここんとこプレイスタイルが変わったようで、焼くポータルを選びだした。

やっぱり結局は「運」が良かった、てこと。
辺境とはいえ東京23区内で、ぼっち参戦で、Guardianは諦めてたんだけど本当にラッキーだった。


次のlv13はプラチナ1金7。
ということで金があと一つで、金までの達成率は。
Connectorが93%
Builderが85%
Explorerが76%
パーセントで見るとすぐなんだけど、実数が厳しい。【Ingressネタ】
京成の一日周遊切符「下町日和きっぷ」 (2014/10/4)
ポータル巡礼1万8000歩弱 (2014/10/11)
Ingressで連日1万歩 (2014/11/9)
Ingress Lv9になった (2014/12/21)
Ingress Lv10になった (2015/1/6)
下町日和きっぷで2万5千歩のポータル散歩 (2015/1/12)
Ingress Lv11になった (2015/5/4)
Ingress Guardianで金が獲れてLv12になった (2015/6/17)
Ingress Lv13になった (2015/6/30)
Ingress Lv14になった (2015/7/3)
Ingress ガーディアン金の呪い (2015/7/20)
Ingress Lv16への仕込み (2015/9/1)
Ingress Lv15になった (2015/10/3)
Ingress LV16 カンストとなった (2016/3/29)

»電子書籍制作代行についてはこちら

読者のコミュニティ

2014/6/17 [17:49:12] (火) 天気

mixi全盛だったほぼ10年近く前、それなら自分でもSNSというのをやってみようとごそごそ作って公開したのが
「趣味は読書」http://doncha.net/about.pl
というサイト。

2006年4月1日に公開。東日本大震災で二ヶ月ほど中断期間を挟んでとりあえず今日時点まで継続している。今となっては3世代ぐらい古い作り方なんだけど、今でも会員登録してくれるかたがぽつりぽつりと続いている。
震災で物理的に一度サイトをリセットせざるを得なかったので、震災前のひとをそのまま引き継ぐことができなかったのが残念。
それでも、ほとんど告知などしてないにも関わらず、現在300人近くのかた(あ。ちょっと盛ってる)に登録・利用いただいている(ニュースサイトやブログなどで紹介されていたのでそちら経由でアクセスされるかたが途切れない感じ http://news.mynavi.jp/articles/2012/10/22/bookreading/

もともと、わたしは本の重複買いがあるトリ頭。あれ?これ読んだっけ?買ってたっけ?というのを防ぐためのメモとしてのサイトを考えていたところだった。

「これからはSNSですよ」とチャラいネットの営業マンが先の尖った革靴に幅の広いネクタイを振り回してみんなクチを揃えて言うので(その前は「これからはブログですよ」とヤツらは言ってたけどね)それじゃあ、ということで。
・自分だけじゃなく他の人にも使ってもらおう
・当時全盛だったmixiの機能を パクろう 参考にしよう
・Amazonに紐づいた本棚機能は必須だろう
と設計して作った。

自慢しちゃうと、同類のブクログや読書メーターなんかより早い公開。
がっかりしちゃうと、ショボいしビジネス苦手なのであっという間に置き去りにされた。

サイトのコンセプトは

図書館で本を借りて図書カードを見て
「あれ?あのコもこれ読んだのかぁ」とか「おっあいつこんなの読むんだ」と、ニマニマしたり
ひとんちに呼ばれたら、まず本棚を覗いて
「これ、わたしも読んだよ」と言いたくなったり
図書館とか本屋で、どの棚の前に立っているかで、そのひとの属性がわかって、うれしかったり
なんだか「ありきたり」な趣味なので履歴書にも書けない気がしたり
本を読んでも難しいことを考えたり感想文は面倒くさかったり
ヲタクだと思われそうで嫌だったり
でもって、だけど本好きとか本読みですが、なにか?


このコンセプトは震災前のmixiもどきサイトと今の震災後のサイトで変わりはなく同じ。

震災前のサイトは自宅のパソコンをサーバーにして運営、リアルタイムでのログ解析なんかもやっていて、そこで気がついたんだけど。

読者ユーザーの行動の8割以上は
「アクセスする→本棚ページで本を登録する→離脱する」
だった。

掲示板やメッセージ機能は本棚と比べるとほとんど使われていなかった。サイトの動線がなってなかったのかもしれないので断言するのは危険だけど、読者ユーザーが求めているのはSNSではなくて本棚だった。

てことで、震災後のリスタートでは、ウチは本棚機能に絞って、いわゆる交流(?)はtwitter連携してそちらに丸投げ。
電子書籍の普及うんぬんの文脈で読者コミュニティ、ソーシャルリーディングなんて単語が飛び交ってるけど、そもそも読書はとても個人的なものなので他者とのかかわりは難しいのかもしれない。
わたしは、読んでいる最中に他人があーだこーだ言ってるのを見るのは違うと思っていて、読み終わった後なら、ほかのひとはどうだったんだろうというのは興味津々。


ちなみに。古いサイトだけど。
Twitter連携があって、リプライすると自分の本棚に本があるか検索したり、本棚のエクスポートがあったり、いま見てもけっこう頑張ってるおれさまなので、規約もろくにかかれていないサイトだけど、もしよろしければ気軽にご利用くださいませ。
http://doncha.net/about.pl?c=help
↑機能面のヘルプページ

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

今年も最後の菖蒲祭り

2012/6/17 [14:40:08] (日) 天気

水元公園の菖蒲祭りは6月1日から20日まで。なので、祭りとしてはこの土日で最後。
我が家は今日で3回目。前2回はともに、菖蒲祭りステージとは公園の反対側、陶器市の赤提灯で飲み食いしたので、今日は菖蒲祭り側で、持参したおにぎりとかペットボトルにつめこんだワインとかでぼーっと過ごす。
ステージは演歌で、歌い踊る。それを鑑賞する町内会に、屋台が取り囲む。賑やかな空間に菖蒲と紫陽花が色を添えてた。まったりとした時間が流れるここちよさだ。
image 
自分の知ってる範囲内でいうと、水元公園と小金井公園がNo1、No2だなあ。
どちらも、なにするわけでも、ただぼーっと行ってそれなりにまったりと満足できる公園。井の頭公園とか代々木公園、新宿御苑、日比谷公園あたりは、なにか目的がないと居場所に困る、時間を持て余す印象。

時間なら売るほどあるので、ぶらぶら散歩にいくかなあ。


 

»電子書籍制作代行についてはこちら

メール環境見直し

2007/6/17 [14:26:19] (日) 天気

「夜の子供たち」は、ちょっとやりすぎ、な感じはあったけど、手に汗握る傑作でありました。後半、もっと個々の状況説明を厚くしてほしかった、かな。

 
わたしのメール環境はずーっと、emacsにmew。
なんだけど、emacs を utf 対応にしてから重いし不安定で困った。今どき、libretto50のメモリ32Mなんてzaurusよりもスペックは低いしなぁ。てことでテキトーなメーラーがないものかと。
Libretto50はもう無理があるだろうし、牛丼サーバーは余計な負荷をかけたくないし、…となると残るのはWINDOWSXPとzaurusだけじゃん(GmailなどのWEBメール(?)で普段のメール管理をするのは、まだ抵抗があるので却下)

WINDOWSXPのメーラーは、いろいろざっと見たり試したりしてみて、これが面白い。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hat/xyzzy/kamail3/readme.html
問題は、わたしが、WINDOWSXPパソコンを信用してない、というところだ。

zaurusは標準のメーラーが使えないんで探したんだけど意外に少なくて、とりあえず。
http://www.ultrapop.jp/?qpop
ただ、zaurusの場合、表で通信するとAirHの32Kという通信速度なので、メーラー以前の状況。

メールって一元管理したいシロモノなので、本当だったら、メール本文(データ)があって、どんなメーラー(クライアント)からでもアクセスできるのがベスト、だよなぁ。帯に短したすきに長しとでもいうのか、ちょうどいいメーラーが見つからない。

»電子書籍制作代行についてはこちら

単語調査

2006/6/17 [11:07:32] (土) 天気

メモ
言葉の値段調査
 
https://adwords.google.com/select/TrafficEstimatorSandbox?ctx=awblog&sourcei 
↑グーグルでの言葉のお値段 

http://www.content.overture.com/d/JPm/ac/dtc.jhtml 
↑ヤフーでの言葉のお値段  

リスティング広告というやつ。ヤフーとかグーグルで検索すると、スポンサーサイトというのが出てくる。で、この1ページ目のトップを争って「単語」が入札=売り買いされるわけですね。

…なんだかなぁ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

今日も北千住を徘徊してみた

2005/6/17 [21:03:28] (金) 天気

今日も今日とて職安通い。をっ!久々に見る「編集募集」の新着情報、と思って求人票を開いてみたら。要調理師免許…「素」で驚いた。自動車の普通免許とかならともかく、いくら料理の新聞とはいえ、調理師免許を要求するか。ていうか、調理師免許を持っている編集者って、恐らくいることはいるだろうけど、募集かけるにはピンポイントすぎて。

わたしはヘルパー2級をもっていて、そっち方面に興味津々の編集者なので、それ狙いのピンポイント募集に食いつくのと同じ…かぁ。

とまあ、今日も空振り。昨日もらった割引券を使ってはなまるうどんで鳥天ざるうどん454円也を昼飯にして、北千住の丸井紀伊国屋、ブックオフを覗く。

んで、たまたま「指輪物語」の追補編でもあれば買ってしまえ、と思ってはいったブックオフで、昨日紀伊国屋では欠品してたファファード&グレイマウザーの1巻「魔の都の二剣士」を発見!昨日ココに書いたことでもあって、これはナニかの縁・巡り合わせだと思って購入(で、改めて驚いたのが、新刊だと定価780円…それって文庫の値段じゃねえだろ)こんなことがあるんだなぁ、と驚いてみる。シンクロニシティというやつか。ついでにエルリックとかホークムーンがどこかで見つかれば食いつくかな。

週末ということもあって、今日は駅近くの牛角で晩飯(ケータイクーポン1000円引き込み)。牛角にきて豚とか鳥ばかり注文するのはいかがなものかと思いつつ豚と鳥の動物蛋白で満腹だ。いや、豚とか鳥の方が美味いのだからしかたない(美味というか好みというか)

もともと、鶏肉とか豚肉が好きで、牛肉にありがたみを感じてないところにもってきて、BSE騒動とアメリカのゴリ押し騒動で、出自不明の牛肉なんぞ食いたくもない、てのがあったりで、「牛角」にいって食った牛は「国産」中おちカルビ1品だけ。

うううむ。仕事探しは難航極める…。できるかどうかはやってみないとわかりません、という応対じゃなく、まずは「できます」「やれます」という返答をしないといかんのだろうなぁ。20代、30代前半の人間じゃなく、40代のおっさんに求められるのはそういうことなんだろう。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/06>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2836

2017 (28)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
12 (1)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)