ひまつぶし雑記帖

SEO伏魔殿

2013/1/9 [13:19:53] (水) 天気

googleさまが、コンテンツの評価、信頼度に「Author Rank」というのを導入する、らしい。何が書いてあってどれだけ外部リンクされているか、に加えて「誰が書いているのか」「その誰かは信用できるのか」ということっぽい。

わたしはもうSEOには関わりたくないし、今はそんな立場でも仕事でもない。

以前在籍していた会社が運営していた動画のダウンロード配信サイトでは、毎日、売上・単語の検索順位・ユーザーの着地と離脱ページのチェックと対応に追われていた。ECサイトで、当時(といっても、まだ1年ちょっと前)ユーザーの流入は検索エンジンがすべて。twitterやfacebookなどよりも2ちゃんで話題になった方がユーザーの流入は多かった。

「SEOにはうんざり」
過去記事にも書いたけど、いち企業のやることなんぞ知ったこっちゃない。検索順位で1ページ目、1位がそんなに欲しいならgoogleなりyahooなりを買収するしかないだろう、と。
もっとも、そのおかげで、perlでアクセス解析用のスクリプトを何本も書いて、スキルは上がったので感謝。

それが今度のAuthor Rankでは、著者パラメータが入って、それはソーシャルメディア、twitterやfacebook、google+での影響度を測定するんだそうだ。

SEO担当のかたがたの怨嗟と呪いの悲痛な声が…。たしかに、検索結果、検索順位はECサイトにとっては重要だけど、だからといってサイトでごそごそやっても無駄ということに。SEOに割く労力とコストをばっさりやめて、別のキャンペーンなどに使った方がいい。

今年はいよいよネットの広告屋、SEOがどーたらという営業はもう終わりになりそうだなあ。
他人事。

»電子書籍制作代行についてはこちら

広告を入れてみた

2012/10/19 [16:46:54] (金) 天気

この雑記帖にgoogleのアドセンス、amazonのアフィリエイト広告のコンテナを設置してみた。
って、ずいぶん前にも入れたことがあったんだけど、個人的な雑記を垂れ流してるだけのブログだ。クリックなどほとんどなかったし、そぐわないので撤去していた(たぶん、ライフハック系や技術ネタ、儲け話系のブログならクリックも誘えるかな)

そもそも、広告なんて邪魔なもの。テレビで番組を録画したらCMカットする、その程度の扱いのものだ。
そんな邪魔なものがちらちら目に入るようなブログは、よっぽど面白いか目的でもない限り、足が遠のくだけ。逆に言うと、目的に合ってれば表示されている広告も目的の範囲内だろうから、有用な情報になる、かもしれない。

ここんとこ、スクリプト・プログラム系ネタのブログ記事を少し丁寧に書くようにしている。正直なところ、ドキュメントやログなどを残すのが苦手で、せめて覚えている間にここに記録しておこうと。後から「あれ?どうだっけ?」と自分で参考にできる程度に多少くどく書いてるつもり。そのおかげか、微々たるものだけど、twitter や facebook、mixi の APIについて、perlやCGIについて検索で着地するひとが増えている。それじゃ、ちょっと邪魔ものの広告でも入れてみるか、と。
アクセスログ解析をずっとしてきて、自前のログ解析ツールを使ってるけど、広告を入れると用意された管理画面から、さらにいろんな角度でサイトを見ることができるんで、実はそれが面白い。

にしても、amazonは意図的だからいいけど、googleのアドセンスはコンテンツマッチしてねえじゃん。精度悪いなあ。


[11/19 16:39:37] 追記。アドセンスなど広告に頼らずやってみる。

アマゾンに並べた電子書籍のリスト
手前味噌だけど、ホラーや青春もの、癒しの物語などオススメできます。短編だと100円からあるので、気楽に読んでみてやってください。


こちらはiPhone電子書籍アプリ 「小説同人誌Select」
https://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8
小説同人誌Selectというこのアプリは無料で、中に有料の小説が収録されてます。無料サンプルもあるので、まずは立ち読み感覚でダウンロードして、気に入ったらその作品を購入してもらえるととてもうれしいです。

»電子書籍制作代行についてはこちら

ネットの原稿料

2012/9/13 [14:55:56] (木) 天気

いやもう安すぎてびっくり。前にも書いたけど、ほんと、安すぎてびっくり。
「ネット記事の原稿料」 http://t2aki.doncha.net/?id=1339236601 ←以前の記事はライター、文章の原稿料について。

イラストの原稿料もまた格安。わたしが編集でやってた10年前の相場。漫画のモノクロ1ページはレギュラーで7000円〜(もう少し安いひともいたか)。売れっ子で10000円〜。カラーは1ページ最低15000円〜。表紙イラストは50000円。零細出版社のエロ漫画雑誌=底辺でもこの程度。(もちろん、漫画とイラストでは違うんだけど、比較対象に知ってる範囲)

ところがネットのイラスト原稿料は相場もなく、伝聞によるとカラー1点3000円とか、タダでやってくれとか。呆れた話が転がっている。企業が、創作物・成果物にろくな対価を支払わない、ってどういうこと。

ちょっと考えてもわかりそうなもんで。1点3000円で、例えば1日かかったとしたら、日給3000円だ。行政の定める最低賃金どころじゃない。そこには技術料も含まれるというのに。

プログラマとかエンジニアには日給計算すると20000円以上は払ってるはず(前職のおれだ)偏見むき出しで言ってしまうけど、プログラマ・エンジニアは何も創造していない。サービスだなんだとウツワを作ってるだけ。肝心の中身を創るのは作家、漫画家。コンテンツを創っている人間に対してもっと評価しないといけないんじゃないのかね。

今の請負仕事はカラー1点10000円で回してもらってる。それでも印刷物に比べると安くて、なかなかお願いできない。旧知、または知り合いづてに何とか受けてもらってる状態。印刷出版と違って、ネットは金にならないので厳しいのはわからないでもない。でも、企業もユーザーも、ネットはタダという意識ばかりでマズイよなあ。


小説同人誌Select  公開中
・iTunes Store はこちら→ http://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8

»電子書籍制作代行についてはこちら

ソーシャルなんちゃらとか電子書籍の進行とか

2012/9/5 [16:09:23] (水) 天気

いや、もともと短気で、どっちかというとせっかち。なので、どうも進行が眠いなあ、と。
わたし個人で公開しているiPhone電子書籍アプリ「小説同人誌Select」は、毎度ながら app store の審査に二週間ほど待たされている。請負仕事の方の電子書籍も、わたしの作業はほぼほぼ終了してるんだけど、先方作業がスタックしていて待ち状態になっている。ただ待ってるだけじゃ能がない。種まきしないと干上がってしまうので、手元にある薄い本を読んだり、ネット徘徊して探したり、昔の知り合いにメールしてみたり。

ちらっと聞いたところによると、iPhoneアプリは過当競争もいいところで、無料で広告モデルか、有料でも最低の85円(レートで変わる)が主戦場。でも、アプリじゃなくて、電子書籍というくくりだと、版元や書店が出しているストア型の無料アプリに並ぶ電子書籍は紙と同じ値段。koboもkindleも、たぶん、書店売りとほぼ同じような値段だよなあ。
先日も書いた通り、「小説同人誌Select」はならすと一日30本程度はダウンロードされている。正直、これだと桁が足りない。無料で1000ダウンロードされて、そのうち有料が1本でもダウンロード=1%もダウンロードされれば超ラッキーなぐらいで焦らず地道に増やしていこう。

ネット徘徊していて、ソーシャルなんちゃらについて腑に落ちる記事だった。
http://careerhack.en-japan.com/report/detail/34
> 自分撮り写真をFacebookのプロフィール画像にした人が、Yahoo!のニュースなんかに
> コメントして「いかにもいいこと」を語っているのを目にするようになった。本人たち
> は、自分の友達に向けて書いてるつもりなのかもしれないけど、ニュースのコメント欄
> とかにそれが載ってますよね。かつてのインターネットの雰囲気からするとすごく違和

いやもう、一億全員ワイドショーのコメンテーターみたいなもんで、目にはいるとうんざりすることが多い。

昔々、PC-VANというパソコン通信でネットを初体験。PC-VANは火事場の罵倒芸がステータスという側面もあって飽きずに眺めていた。「わからないなら黙ってろ、このメクラが」「差別用語はいけません!」で、このメクラと罵倒していた側のひとが実際全盲の弁護士さんだと知ったときの驚き。自分がモノしゃべる立ち位置は衆人環視・不特定多数というのを痛感したし、いくらでも専門の知識を持った人間がいることも実感。
上記の記事のように、「いかにもいいこと」や、警句、格言めいたことをいう恥を知った。

「賢くて、偉そうな人に限って、物事を要約したがるんだよ」
「と言うと」
「超能力はこうだ、とか、信じる人はどうだ、とかね。たとえば、映画を観ても、この映画のテーマは煮干しである、とかね、何でも要約しちゃうの。みんな一緒くたにして、本質を見抜こうとしちゃうわけ。実際は本質なんてさ、みんなばらばらで、ケースバイケースだと思うのに、要約して、分類したがる。そうすると自分の賢いことをアピールできるから、かも」

 

とか

「一般論はやめてくれ。それが、女性全員の問題なのか、ある特定の女の問題であるのか、おれは知らない。ただ、おれにわかっているのは、それが、きみの悩みの種の一つであるかもしれない、ということだ。そうであれば、解決できる。なにかを知っている、ということと、なにかを感じてそのように行動する、つまり、そうと信じることとは、別問題なんだ」

 

とか、小説をたくさん読むといいと思う。

小説同人誌Select  公開中
・iTunes Store はこちら→ http://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8

»電子書籍制作代行についてはこちら

停滞中

2012/8/24 [13:41:29] (金) 天気

電子書籍アプリを app storeにとりあえず公開したものの、文字の滲み・ボケがあったので修正して、再度審査申請中。一週間経ってもまだ絶賛放置プレイ中。今の状態でHappyReadingにバナーをつけたり、twitterなどで告知しても「わ、読みにく!」と思われるので、人通りの少ないこの雑記帖で告知してるだけ。次の収録作品も準備中で、文字のボケを直したものが公開されたら、またすぐに作品を追加して審査申請する予定。
にしてもなあ。年会費を取られてるわけで、審査に10日もかかったひにゃ、文字通り無駄に時間が費やされてしまう。OSのバージョンアップや、新iPhoneなどでリソースが割かれて大変なんだろうけど、もう少しスピーディにやってもらいたい、うううむ。

そういや。いつの時代も同じことの繰り返しには違いないだろうけど。
twitterなどを見ていて唖然としたのが。自分たちで本を作れば粗利が!とか個人で本を作って出せばすばらしい!とか、今、まさに今これが新しい!という記事。おいおい、そんなもの、同人誌じゃ30年以上も前からやってることだぜ、と呆れてしまう。ちょっと調べればわかること。従来の同人誌と今その新しいものが、どこが違っていて、ここが新しい、というのなら面白い・参考になる記事、ツィートにもなるだろうけど、ただただ、語彙貧困、凄いとしか言ってない。薄っぺらで、ただの周回遅れをゲームの先頭ランナーとして持ち上げている。それでキュレーターとかアルファブロガーというらしい。恥ずかしくないのかねえ。

んなこんなで、この一週間は請負仕事の打ち合わせをして、そのための資料を漁ったりしただけで、実際に生産的なことをしてないよなあ。どんなことでも、なにかカタチにしていないと焦燥感にかられる小心者だ、おれ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

PVなんてアテにしちゃいけない

2012/6/23 [13:04:47] (土) 天気

少し前まで仕事で毎日アクセス解析をしていた。
何のためにアクセス解析なんてのをするのかというと、ユーザーの興味はどこにあるのか、ユーザーをうまく誘導できているか、ユーザーが困っているのはどこか、を調べて、地道に地味にサイトを改修、リピータを増やしてひとの集まるサイトにするため。

apacheの生ログが原典。

apacheのアクセスログを見ればスグにわかる。
・どのページに着地したのか。
・どこから来ているのか。
・ブラウザはなにを使っているのか。

apacheのアクセスログをもとに加工・小細工が必要。
・何ページ見ているのか。
・滞在時間。
・離脱したページ。

サイトの構成と合わせて見るべきこと。
・ページ遷移の関連性
・ページの最後まで見てるかどうか。

アクセスログ解析で把握するのは、大雑把にこの3つ。

1と2は単純に集計すれば出てくる。
概略を知るには、google analyticsなどアクセス解析サービスを使えばいい。ただ、この手のサービスは、サイト規模が大きくなると=アクセス数が多いと、数字を足切りされたり丸め込まれたりすることがあるので、注意が必要。

3はページのURLを分類したりそれをもとに集計したり。
サイトの意図を強く反映した解析が必要なもので、市販のアプリやWEBサービスでは痒いところに手が届かない。サイト構成に現物合わせでスクリプトなりを作ることになる。さらに、特集企画などのページを作ってそこから購入に繋げる、なんてことはしょっちゅうあるので、その場その時に合わせて作らなきゃいけない。

てなことをやるにあたって、問題なのが、クローラとかロボットとか言われるアクセス。
googleやbingなどの検索エンジンがページをインデックスするためにアクセスしてくるんだけど、人間じゃないアクセスは、アクセス解析の邪魔。

通常、クローラはユーザーエージェントに bot や crawlerなどが含まれるので、Useragentを見て分別、クローラのアクセスを集計から外すことができる。
ところが、msnbotというマイクロソフト、bingのクローラは、ユーザーエージェントにクローラであることを示す単語が含まれない。ブラウザを使ってアクセスしている人間と区別がつかない。ipアドレスからホストをひけば、msnbot という文字がホスト名入ってるのでそこで初めてクローラだと判断できる。けど、ipアドレスからホスト名を取得する gethostbyaddr は、処理が重い場合がある。ウチみたいな辺境ならともかく、巨大なECサイトなど、アクセスログが膨大な場合、処理するのに時間がかかるのは困る。

たとえば一日あたり。ユニークユーザーが6000とかページビューが50万とかあるうち、雑音として入り込んでもしょうがないよね、という範囲ならいいけど。クローラ・ロボットはいろんな名前、カタチでやってくる。毎日アクセスログをチェックして新たなクローラがすり抜けて混じってないか見なきゃいけない。消耗戦。

ちなみに、apacheのログ解析の定番正規表現。これが最速らしい。

 
ネットの広告屋は「こちら、アクセスがこんなにあって、ページビューはすごいですよ、なのでひとついかがですか」なんてことを言ってるけど、そのアクセス、本当に人間がページを見てるアクセスなのか、また別の話なんだろうな。

image
WEBって、ほんと基準になるものがなさすぎ。 

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2019/9>>
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[26 Page]« »
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

TOTAL:2875

2019 (14)
1 (3)
2 (4)
3 (2)
4 (2)
5 (1)
6 (1)
8 (1)
2018 (21)
1 (3)
2 (2)
3 (2)
4 (1)
5 (1)
6 (6)
8 (1)
9 (1)
10 (2)
12 (2)
2017 (32)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
12 (5)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)