ひまつぶし雑記帖

水元公園2016年10月

2016/11/7 [12:55:56] (月) 天気

水元公園は都内最大の公園だ。
詳しくはこのへん→http://www.tokyo-park.or.jp/special/mizumoto/

メタセコイア、ラクショウの森があって、樹々が文字通り林立していて、そこを抜けて広がる水郷とその上の真っ青に抜ける空は絶品。
特に10月から晩秋初冬にかけての色の幅、グラデーションは息をのむ瞬間がある。水元公園はこれからの季節が本気を出す季節。

てことで、どうせ無職初老のフリーターだ。金はないけど、時間だけはうなるほどある。ポケモンGoで卵を孵したりメタボ対策に歩かなきゃいけないということもある。

先月10月、水元公園に行ってスマホでパシャパシャ撮った写真が300枚ぐらいあるんで、そのうちの何枚かを。
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
久しぶりにかなりの枚数を撮った。というのも、家人の小説のkindle版の表紙に使えそうな絵を探す目的もあったから。
水元公園はそれこそいろんな切り取りかたができるんで目移りするし、景色を眺めていて飽きないんだよなあ。

今月11月はさらに色が広がる、というか炸裂するのでまた徘徊しにいこう。


ちなみに、公園入口にある自販機では第三のビールのロング缶が200円である(Facebookで大学時代のサークル仲間に指摘されたけど、今どき、アルコール飲料の自販機ってのが珍しいよなあ)

»電子書籍制作代行についてはこちら

iPhone電子書籍アプリ作品追加

2012/11/7 [20:07:37] (水) 天気

ここんとこkindleストアとKindle Direct Publishingネタばかりだったけど。iPhone電子書籍アプリも公開してます。(というか、電子書籍販売はこっちが先)
iOS6で、iCloud の扱い?storageの扱い?が変更になったらしく、In-App Purchaseでの申請がガイドライン違反でリジェクト食らっていた(って、わたしはプログラムのことは知らないので、開発元の話)その対応と審査通過の確認されたバージョンが届いたので、さっそく先週改めて審査に申請。今朝In Reviewになり、昼前には公開、販売となった。

「まほろば」著者:くまっこ、イラスト:椎名麻子
を追加。可愛い文章とイラストにごまかされると大変なことになる、硬質で切ない物語の短編集。
https://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8
小説同人誌Selectというこのアプリは無料で、中に有料の小説が収録されてます。無料サンプルもあるので、立ち読み感覚でダウンロードして、気に入ったらその作品を購入してもらえるととてもうれしいです。

ちなみに、「まほろば」に収録されている「竜の魔法」という短編の著者による朗読音源があって、それも公開しています。
http://books.doncha.net/apps/dojinnovels.pl?p=mahoroba
再生ボタンをポチっとクリックして聞いてみてください。

「小説同人誌Select」は、ファイルサイズがちょっと気になるけど、今後も作品追加予定。
Kindleがきて、専用端末やスマホで「電子書籍を読む」というのが認知されるようになるとありがたい話。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

歯痛で体調不良に

2010/11/7 [12:06:45] (日) 天気

治療のために神経を抜いたというのに、歯と歯茎に脈と同時に激痛。昨日はロキソニンを投入して布団でぶっ倒れる。今日も変わらず、腫れた感覚と鈍痛。モノを食うのに歯に当たると脳天直撃の激痛が走る。全身倦怠感と悪寒。神経を抜いたのに痛みが走る、なんてことあるのか。
なんか絶不調もいいとこだ、せっかくの休日だというのに。

そろそろとものを流し込みつつ、しかたないんでぼーっとネット徘徊とアニメ、映画の垂れ流し。

ここ半年ぐらいか、リファラスパムがひどくて、アクセスログ解析の邪魔。
リファラを偽装してアクセスしてくるのだ。
「はてな」など、一部のブログにある参照元表示のリンクとなる。アクセスするだけで、その偽装したURLにリンクをもらえる、というのが狙い。参照元表示がなくても、アクセスログをチェックしていると、初めてみるサイトからやってきた痕跡があるので、「を?どこにリンクされたんだろ」などと偽装されたリンク元を見に行ったりして、アクセスを稼がせることになる。外部からのリンク獲得はSEOの基本なのでこんなブラックなやりかたをする輩がいる。
真っ当なアクセスを解析するのに邪魔なだけなんだけど、偽装URLをいちいち弾くのはきりがない。しょうがないんで、ターゲットにされたページURLにちょっとだけ細工。ある条件で、404を返すようにした。ゴキブリホイホイ方式。
とりあえず、これで様子見。

むー。息も絶え絶え。

[11/07 19:06:27]
そんなこんなで、いちんちぼーっと部屋。ネット徘徊もアニメ、映画も飽きたので、久しぶりにあてもなくテレビの垂れ流し。笑点が相変わらずでにやにやしたり、料理番組眺めてみたり、NHK教育で坂本龍一と山下洋輔がジャズの講義をやってて吃驚したり。
やっぱテレビはらくちんだ。なにかを意図しなくても、なにもしなくてもいろいろ勝手にそれなりのものが流れ込んでくる(さすがにバラエティは厳しかったけど)
てところで、今日はゴッドファーザーでも流して終了するかな。

[11/07 20:05:48]
UserAgentがDoCoMoの妙なアクセスがあるんで、そいつもブロック。残念ながら、ウチはモバイルで見えるものはないので、アクセスしても無駄だろうに。

[11/07 21:10:46]
歯と歯茎、悪寒だけじゃなく、下痢まで併発してきたぞ。まったくポンコツ。なんじゃこりゃ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

mixiが登録制になる

2009/11/7 [00:11:05] (土) 天気

来年の2月から、mixiは招待制をやめて登録制になる、らしい。
今でも会員数が1800万人弱と、すでにクローズドな空間ではなくなってるんだけど、それでも一応入り口は招待制。招待制ということの安心感と選民意識が土台にあって成立してるのがmixiだ。ヤフオクにmixi招待権まで出ていたはず。
登録制にしたら、greeなんかの他のサービスと同じだし、ふた昔前、パソコン通信時代のniftyやPC-VANとなにが違うのか、と。
上場なんてしちゃって、ビジネスごっこしなくちゃいけなくて、右肩上がりの成長を、他者から強要されることになったら、しかたないのかもしれない。
コミュニティサイトのマネタイズは難しい、なんてワケのわからない鼻くそ飛ばしそうなカタカナがあるけど、ひとを集めて商売するのはネットじゃ難しい、てこと。広告頼みになるしかなくて、そうなると招待制で会員数の伸びが鈍るのはよろしくない、という判断、だろう。
でも、ネットで広告モデルってメタにメタを重ねる虚業もいいとこ、な気がする。ありえないと。
mixiはちゃんと勝算があるのかなあ。

てことで、個人でしょぼくやってるウチの読書SNSは招待制にこだわってやっていこう。

»電子書籍制作代行についてはこちら

メモ

2008/11/7 [00:08:44] (金) 天気

これもまた、今さら、なんだろうけど。
この腐れjavascriptめ、IDとかTAGで持ってこれるなら、Classでも持ってきてくれてもええだろっ!と罵ることが多かったのだけど、検索してみたら
getElementsByClassName
てのが出てきた。…って、そういやこれは以前見かけたんだけど、prototype.jsの拡張だというので、当時はprototype.jsなんて入れてなかったしスルーしてたのだった。今さら思い出した。
Ajaxを使ってフロートのコンテナをべろーんと出すのはいいけど、次々と複数出っぱなし、てのはアレだろ。
てな時に、ひとつ開いて、次のを開くと、すでに開いてるものを閉じる。

var test = document.getElementsByClassName("test");
for(var i=0; i<test.length; i++){
    var e = test[i];
    if(e.id == c) continue;
    if( $(e.id).style.display != 'none' ){ $(e.id).style.display = 'none'; }
}

こりゃ便利だわ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

いっぱいいっぱい、だなあ

2007/11/7 [23:04:26] (水) 天気

いろいろ重なって悶絶。正直、息もたえだえのオーバーフローだ。…てなことぼやいてもしょうがない、か。

ウチのブログパーツがささやかに好評のようで、読書SNSへの参加希望のかたがちらほら。で、気がついたんだけど、ブログパーツって、結局ウチのサーバーで、スクリプトが走ってデータベースを動かして表示させる。小さなスクリプトでもアクセスされる回数が多いとそれなりに考えなきゃいけなかった。思いつきでやっつけちゃったもんで、一度のアクセスで無駄にselect文が複数回。ちょっと整理しないと汚い。
perlでDBIを使うと、perlの中で気楽にselectしてしまうんだけど、名前を表示させるだけのためにselectで問い合わせるひまがあったらその前にテーブルをくっつけといて一度ですませろよ、と。
といったコードがどっさりあるのは本当に困ったちゃんだ。気がついたところからでもキレイにしていこう。

しかし。ふと気がついたら、いまだに引き算の繰り下がりがわからないくせに(注1)、いっちょまえにパソコンなんか使ってんだなあ、おれ。

注1。これはほとんど事実。数字が二桁になるとついていけない。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/11>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2830

2017 (22)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)