ひまつぶし雑記帖

気分転換に中華街。

2004/11/27 [22:09:13] (土) 天気

image 今日は気分転換に横浜中華街。というより、 江戸清 の豚まんを買いに出かけてみた。八王子経由横浜線ののどかな光景にうとうとしながら、喧騒の横浜につき、ちょっと右往左往しつつ、石川町。
豚まんを買うのは持ちかえりになるので当然最後ということで、ちょっとブラブラしていて、ぶち当たったのが
横浜大世界
いやここが意外にも面白かった。ナンジャタウンとか、お台場のリトル香港・昭和なんちゃら商店街を想像してもらえるひとはそれを想像してもらえればOK。ビルがまるごとひとつテーマパークもどきになっており、入場料500円を払って中に入ると、モダーンな上海や香港の写真や当時をしのばせるものの展示などなどがあって、さらに行くと各種中華の飲食店が軒を連ねる。舞台も設けられており、にこなどの楽器演奏やちょっとした京劇がライブで見られるし、京劇衣装レンタル&撮影や、占い、ハンコ売りなどがところどころにあって、飲食店だけの餃子タウンやお台場と違って、参加型の楽しみもある。
きんきらきんで威容を誇る中華街の店は腰がひけてちょっと、と思ってたりもするんで、こういう場はとてもありがたい。
そこで実演販売で売ってた「白龍髭」という中国の宮廷菓子が絶妙。うううむ。これをうまく説明する方法がわからん。実演してたお兄さんの言葉をそのまま借りると「霜柱を踏んだときのサクっとした感じ」でなおかつふんわり柔らかく口の中いっぱいに広がるのだ。ぐーぐる様にでも聞いてくだされ。こんなお菓子、生まれて初めて食ったなぁ。
最後に当初の目的どおり、江戸清にて豚まんを買って、横浜線八王子経由で帰宅。猫の頭ほどもあるこの豚まん、クセになるです。

»電子書籍制作代行についてはこちら

インド大使館は熱気がスパイシーだった

2004/3/28 [15:57:19] (日) 天気

image 例によって飲んだくれの週末を正しく過ごしてみた。
金曜日は吉祥寺 すず音 で豆乳鍋をつつきながら 「黒帯」 を飲み、土曜日は井の頭公園に花見に行ってちょっとビールを飲み、部屋に戻って自宅居酒屋モードで 「景虎」 と「剣菱」を飲んで記憶を失う。…景虎は安いのに美味い、コストパフォーマンスに優れた日本酒だわ。野川の深大寺への橋からすぐのところに扱ってる店があるから、そこで仕入れてくるかしらん。
んでもって、今日は朝からビックカメラに行って、 auのケータイを買ってしまう。 …って一円。これってどうなんだろ。作ったひとが浮かばれないというか。もっとモノを大事にしろよというか。いくらなんでも無茶苦茶な値段だなぁ。わたしとしては一円で130万画素のデジカメが手に入ったからいいんだけど…。
ケータイなんて首輪と鎖をつけられるようなもんだけど、いろいろ考えるに、昼間、会社宛てではなく直接連絡を取れる方法を確保しておいた方がいいかな、と思った次第。

で、その後 インド。

花見の季節、年に一度、インド大使館で「桜バザー」というのが開催されるということなので、行ってみた。
千鳥が淵のまん前。ひとでごった返す喧騒の中、熱気までがスパイシー。桜の花見という日本的な景色の中、インド大使館で花見を兼ねた祭り?と「?」印だろうけど、これがまったく違和感がなくその喧騒は花見とすっかりなじんでいた。世界中どこでも「祭り」は「祭り」なのだ。

ターバン巻いた若い男性をみかけると、金持ちの商人かっ
男性の老人をみかけると、深遠な思想に耽る哲学者かっ
第三の目をもつ若い女性をみかけると…
って、書いてて恥ずかしいほど貧弱な想像力だな。
どれもこれもけっこう辛かったけど美味しうございました。

»電子書籍制作代行についてはこちら

猫会議開催中だった

2004/2/22 [18:44:03] (日) 天気

ここんとこ酒を飲んでるうちに酒落ちして、朝5時過ぎに酔いが覚めるのと同期して目が醒めてる感じ、かなぁ。寝なおそうとしても良からぬことばかり頭の中をぐるぐる回るので、うつらうつらしても仕事がらみのなまぐさい悪夢の連続。ええいっうっとーしーっ起きてしまえ。というパターンだ。
で、やっぱり休みの今日も朝起きたのは6時前。
今日は午後6時以降の降水確率が50%。なもんで、遠出はしたくない。とりあえず深大寺にでも行こうと。ただ、普通に最短距離を乗ったんじゃ、ここんとこのありえない腹回り&60キロオーバーの体重に、なんの役にも立たない。
最新情報。体重63キロ。体脂肪18.9%。
いったん多摩川サイクリングロードまでいって、川をくだり、多摩川原橋で深大寺向かうルートにして少しでもカロリー消費をすることにした。洗濯を済ませ、納豆とじゃこオムレツを食って 出発。 さらに今日はバッグの中にカロリーメイトを放りこんでおいた。
風もなく、気温も20度オーバー。まるで春のようで、ぽかぽかとほんとうに快適。汗ばむほどだった。陽気のせいか、サイクリングもジョギングもウォーキングも、かなりのひとで多摩川サイクリングロードはけっこうな交通量だった。見てると、楽しそう一番は、おじいちゃんおばあちゃんのウォーキングかも。なごむツーショットが多かった。あまりに気持ちいいんで、当初の予定を少し伸ばして、二子玉川まで行って、そこから野川を遡上して途中深大寺によることにした。
二子玉川の兵庫島公園でカロリーメイトをアミノサプリで流し込みながら休憩。…うう。リストラされた中高年が公園で呆然と時間をつぶしてるとしか見えない図だったかも。ヘルメットでも被ってれば・持ってれば趣味のサイクリングに見えただろうけど。…14インチのUGOマイクロと12インチのトラコンと、どっちもヘルメットとかサイクリング用のウエアとか、とてつもなく似合わないだろうなぁ。
汗がひかないので、フリースを脱いでたらたら走る。途中、いつかの猫会議開催地によってみたら。
image
開催中だった。 前回 と顔ぶれは同じっぽい。なにを企んでいるのか、予断は許せないので、徘徊ルートにいれてしまおう。

深大寺で十割ソバと深大寺ビールを飲んで一度帰宅。道中、BD-1を3台見かけたのはともかく、タルタルーガSTを2台も見かけたのにはびっくりだった。流行ってきたのかしらん。けっこう汗をかいて、途中脱いだフリースも、ずっと着ていた長袖のTシャツも汗を吸ってしまったので、またも洗濯。…今日2度目の洗濯って効率悪かった。朝っぱらから洗濯するんじゃなかったか。

その後、夕食と明日からの弁当の食材を買いに生協(それと、今晩のまさに今飲んでいる澤乃井を買うために生協の近くの酒屋にも)
教えてもらったとおり、きゅうりを買って、するめイカを買って、さらに前から考えてた弁当用肉団子のための鶏挽肉、常備用長ネギ、キャベツ、サッポロ一番ソースヤキソバ、オリーブオイルにみそ。
image
左がイカとピーマン、「きゅうり」炒め。
今まできゅうりを炒めるという発想がまったくなかった。教えてもらったのはいいけど、半信半疑。ところがなんとこれめちゃくちゃ美味いのだ。イカの濃厚なダシにくわえて、塩コショウ、本だし、日本酒で味付けする。そのだしをしっかり吸って取りこんで、きゅうりが別物になるのだ。これはイカをはじめとした魚介類の濃厚な味わいとシャキっとした食感を残しつつ果肉が柔らくてダシを吸いこむきゅうりがあってこそだろうな。素直にカルチャーショックだった。
右下は鶏肉団子。このためだけにパン粉まで買ったのだ。挽肉230gに対して、少々の量の塩コショウおろしニンニクおろしショウガ、ちょっと多めの顆粒コンソメの元、卵黄ひとつ、パン粉…量がわからんので、大き目のスプーンで掬って三杯ぶんぐらい。洋風にも中華風にも和風にも使いたいので、ネギとかキノコ類を入れない、言ってみればプレーン肉団子。10ケ作って残った分を平たくしてオリーブオイルで焼いたのがコレ。ケチャップ・しょうゆ・日本酒を混ぜたものをソースにした。いやあ、これも美味い。余計なものをなにも入れてないので、みっちりぎっしり詰まった感にあふれる。
右上はイカのワタ味噌煮。もうわたしの定番となってしまった。これはまじめに、酒のみのみなさんだけではなく、炊きたてご飯大好きのみなさんにもオススメしたいシロモノだな。
イカってウロコがないしバラすのが簡単でありがたいし(バラす時の手触りとか、かなり気色悪いけど)それでいて、濃厚な味わいだし。

今日、自転車に乗っていてあれこれ考えたわけで、どうやら「本を読むだけ・映画を見るだけ・自転車に乗るだけ」でどこかの富豪が毎月給料を払ってくれる、そんな生活こそわたしの望む生活なんだよなぁ、と40を回った中高年の考えることじゃないことを考えてたりするのは、やっぱまずいよなぁ。いや、なんとかがんばりまっす。

押忍。

»電子書籍制作代行についてはこちら

牛丼の値段に改めて驚く

2004/2/16 [18:37:52] (月) 天気

当然今日も朝練だ。三鷹まで1時間半早朝ウォーキング。ふと気づいたんだけど、疲れてくると自然に腕を振ってるんだなぁ。疲れてきた時・弱ってる時の動きこそが、人間の基本的な動きという話もあるし、ウォーキングの解説なんかで言われてる、腕を振って上体を使うというのは、正しいのかも。
歩きは、自転車と違って、とにかく足を動かさないと前に進まない。足を早く動かせば早く移動するし、足が動かないと移動が止まる。当たり前の話でなにを今さら、ということだけど、改めて気づきました、わたし。
しかし、相変わらず、靴がちゃんと合ってない感じだ。最初は平気なんだけど、1時間近く歩いてると、薬指と親指が圧迫されて痛くなる。わたしは幅広でいちょうの葉のような足だからしょうがないのかしらん。自転車が戻ってくれば無駄になっちゃうけど、奮発して足に合った良い運動靴を買っておいても損にはならない、かなぁ。
最新情報。体重62.8キロ、体脂肪19.0%
今日の弁当は。
キャベツの蒸し焼きマーガリン和え、じゃこオムレツ、塩鮭。ガード下で買った梅おにぎり1ケ。

昨日、生協で牛肉を買って牛鍋、というか牛丼の具を作って思ったんだけど。
150gで380円の牛肉。安売りとはいえ、この値段。いくらなんでも150gなんて食えないから、一食だいたい50gとしても127円はかかる。これにタマネギだのダシに使う醤油だの日本酒だの米とかあれこれあって、スケールメリットがあるとはいえ、人件費などランニングコストもあるだろうに、300円未満の値段は凄かったなぁ。

明日から波乱&つるし上げの会議が連チャン。ひたすら気が重いぞ。

…うーむ。今日も連絡が来ないとなると、和田サイクルの定休日は火曜水曜だし、紅虎号の復帰は今週末になりそうだな。

 [22:01:28] 
いや。せこい話と言われるかもしれんが。
近所の生協だと「せり」一束168円で、微妙に高い値段だなぁ、と思ってた。ところが、今日、西友に行ったら一束128円(水菜の値段も西友の方が全然安いじゃありませんか)
こないだからここでも散々言ってるように、「せり」の微妙な苦味と臭みにハマってるわたしとしてはいちもにもなく128円の「せり」をノータイムで買い物カゴ入れ。
ついでに、同じく西友で、やっぱり最近ハマってる澤乃井の純米吟醸720ml1400円なりを買って、自宅居酒屋モードに突入してみた。
…もしかして、西友であれこれ揃えたほうが手軽だし安いぞ。

で、メニュー。
昨日の牛鍋に溶き卵を落としたモノ。
せりと鳥の胸肉を炒めたモノ。
納豆。
の3品。鶏肉炒めはせり投入時にマーガリンも入れて、せりの苦味を生かしつつマイルドに仕上げたつもりで、これがまた美味くて我ながら自画自賛(あれ?)

明日の弁当に少し残しておこうと思ったのに、気がついたら食い切ってしまった。うううううむ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

疲れた身体に優しく粕汁

2004/1/11 [19:51:47] (日) 天気

image 今日は特に予定がなにもなく。んじゃここんとこのマイブーム、近場湧水地および水場徘徊を。昨日は徒歩だったけど、今日は紅虎号で出動だ。
小金井の滄浪泉園から大沢の里を経由して調布の武者小路実篤記念館を 訪ねてみた
わたしがここんとこ行ってるのは「古代多摩川が、次第に南西に移って行った途中で作った、もっとも古い段丘のひとつに位置しており、この斜面は地形学上、国分寺崖線とよばれ、立川市の北東から世田谷区の野毛町まで続いています」だ、そうだ。
湧き水場の空気は(気のせいだろうけど)ほのかに甘く丸い感じがするし、せせらぐ音は耳に優しい。…だけど、どこを見ても、こりゃ夏場にきたらヤブ蚊の餌食になるな、というのは当然か。なので、寒いけど徘徊するなら季節的に今時分かなぁ、と。
しかし、崖線だけあって、アップダウンがきつく道に迷うとシャレにならんかった。

んで、写真は今日の晩飯。
粕汁とシャケに梅干、塩昆布。
粕汁の酒かすと梅干は実家から持ってきたもの。ご飯(お米)は淡路島から送ってもらったもの。これで美味くないわけがない。
粕汁の具は豚肉と和野菜詰め合わせ。ちなみにこのシャケ、「チンしてできたてうれシート」というもので包んで電子レンジで焼いた。けっこうまともに焼けてるぞ。
うーん、やっぱりおれは日本一の主婦になれそうだ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

今日はご近所をおさんぽ大王

2004/1/10 [21:00:39] (土) 天気

昨日の金曜日は、会社でロング缶2本飲んで、吉祥寺の半兵衛で飲む。あとでレシートを見ると、どうやらバランタインのハイボールを10杯飲んでたようだ。どうりで記憶が飛んでるわけだ。…とはいえ、激安飲み屋だけあって、払った金はふたりで7000円程度。

image

今日は、先日紅虎号で回った近場の湧水地をふたたび、おさんぽ大王。これは貫井神社の湧水地点。
新次郎池ではコサギがいてびっくり。水面に白い姿を映して飛び去って行った。うううむ、幻想的な光景でうっとりというかびっくりというか。
そのまま国分寺に向かって歩き、駅前の殿ヶ谷戸庭園に。いや、ここ、何度も通りがかっては、自転車置き場がないんで諦めてたところだったのだ。ところが、会社で国分寺に住む上司に聞いたら、庭園の「中に」ちゃんと自転車置き場がある、ということだったんで、その確認の意味も兼ねて行ってみた。大人150円で入ったら、とても中央線の駅前とは思えない武蔵野が広がっていた。勾配もあり、池もあり、竹林もあり、もちろん雑木林もあり。

20年近く小金井に住んでいて、この貫井神社なんて初めてだったし、まだまだ徘徊の余地はあるもんだ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2019/9>>
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[14 Page]« »
11 12 13 14

TOTAL:2875

2019 (14)
1 (3)
2 (4)
3 (2)
4 (2)
5 (1)
6 (1)
8 (1)
2018 (21)
1 (3)
2 (2)
3 (2)
4 (1)
5 (1)
6 (6)
8 (1)
9 (1)
10 (2)
12 (2)
2017 (32)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
12 (5)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)