ひまつぶし雑記帖

ImageMagickでPDFをJPGに変換

2016/5/20 [16:01:24] (金) 天気

CMYKのPDFをRGBのJPG画像に変換するのはImageMagickの以下のオプションをつければOKだった。

・解像度 -density とその単位 -units
 →300ppi
・JPEG品質 -quality
 →高画質 90
・4色のカラープロファイル -profile
 →「JapanColor2001Coated.icc」を指定すればほぼ問題ない、はず。
・カラーモード -colorspace
 →cmyk
・rgbのカラープロファイル -profile
 →「sRGB_v4_ICC_preference.icc」と他ので差はなかった、かな。
・カラーモード -colorspace
 →srgb

convert
 -density 300 -units PixelsPerInch
 -quality 90
 -profile JapanColor2001Coated.icc
 -colorspace cmyk
 -profile sRGB_v4_ICC_preference.icc
 -colorspace srgb
 input.pdf output.jpg


上記をコマンドラインに一行で書いて実行すれば、複数ページあるinput.pdfを、連番がついたRGBのJPEG画像(output-0.jpg output-1.jpg)に変換してくれる。

プロファイルは以下のサイトからダウンロードできる(Macはrgbのプロファイルがシステムに入っている)
「ICCプロファイルダウンロード」
http://japancolor.jp/icc_download.html
「lnternational Color Consortium」
http://www.color.org/srgbprofiles.xalter

image 
↑変換後の画像の一部(100%表示)。このぐらい文字がしっかりしてれば問題はない。
フォトショップでもPDFからJPEGに変換してみたけど、品質的に変わりはなかった。
(アクションを組めばフォトショップでも一括処理ができそう。…あ、フォトショて複数ページのPDFを全ページ一度に読みこめるんだっけか)


ついでにimagemagickのconvertのパラメータを検索したのでメモ。

サイズ変更
-resize と -geometry と -scale の3つ。この中では
-scale 1024x
の精度が高いらしい。同じことをするのになんでまた3つもオプションがあるんだろう。きっと何か意味があるんだろうなあ。

レベル補正
-level 20%,80%
↑山の両端を切り落とし

おまかせレベル補正
-auto-level

アンシャープ、シャープ
-unsharp 4x4+0.5+0
-sharpen  5
↑unsharpのパラメータはよくわからんので実際に数値を変えて、目で見ながらという地味な作業かも。

毎度のことながらimagemagickを使うたびにオプションやパラメータを探しまくり。imagemagickはオプションもパラメータもてんこ盛り。でもって、ネットの二次情報はオプションを間違えたまま掲載ということも…って、これだけどっさりオプションがあったらしかたがないわなあ。

ちなみに、プロファイルは各々どれを使ってもあまり差は感じられなかった…のは元のPDFの作りのせいだろう。


画像処理は負荷が大きいようで、DELLのWINDOWS7ネットブックは、変換のためにコマンドラインでエンターキーを叩いたらひーひー言いながらなかなか戻ってこなかった。EPUBファイルの制作はこのネットブックでやってるんだけど、変換処理だけは別のパソコンでやったほうがいい、か。うーむ。

[2016/06/11 10:15:20] 追記。
PDFをjpg画像に変換すると背景が真っ黒になってしまうファイルがある。
PDFなどの透明部分が黒になってしまうらしい。

オプションを追加することで背景を白にできる。
-alpha Remove

»電子書籍制作代行についてはこちら

twitter公式でmuteが導入されていた

2014/5/20 [11:12:22] (火) 天気

今朝気づいた。twitter公式webでミュート(mute)が正式に導入されていた。
image

ミュート機能の詳細は公式の一次情報を見てもらうとして

「ユーザーをミュートする」と
1)該当ユーザーのツイートやリツイートが自分のタイムラインに表示されなくなる
2)該当ユーザーからの通知を受けない

「ミュートされたユーザー」は
1)相変わらず「わたし」のツイートやリツイートを見ることができる
2)「わたし」にリプライしたり、お気に入り、リツイート、DMをすることができる
3)ミュートされても気づかない

人間関係が複雑になるんですなあ。

今までの人間関係は
・フォローしている/していない
・フォローされている/されていない

a)片方向状態という段階があって相手の情報(ツイート)に触れていて
b)それがそのうち相互フォローとなって会話する両方向の関係になる

てな感じで、とてもシンプル。

わいわいがやがやが始まると、ブロックが登場する。
c)あいつヤなヤツ、不快だ。見ない見えないようにしてしまえ、ということで町内会の寄り合いでもありがち、よく見られる光景。

人間関係には別離・破談・離婚というのはつきもの。
b)で両方向になっていたふたり、不幸なことに別れる・別れたくなることだってあろうというもの。そこでフォローを外すのは簡単なんだけど…別れ方というのは現実社会同様で、くっつく時よりも難しい。フォローを外された(リムーブされた)方が、リムーブした相手を口汚くいつまでも罵ったり、リムーブされたことにショックを受けてグチグチ始める光景がわたしの観測範囲でも見られた。

てことで、冒頭の、フォローをしたまま相手を見えなくするミュート機能の登場。
d)家庭内離婚とか、同じクラスで無視するのと同じ関係…うーん、ちょっと違うか。


これで使い勝手がよくなる、居心地がよくなるのかどうかはビミョーだろうと思う。
ウルティマオンラインでもそうだけど、魅力的な機能追加やマップを追加してその時はひとが集まるけど、ユーザーの希望や動向のまま次々と機能追加して複雑になる・面倒になると結局使われなくなる。一時的なドーピングにしかならないこともある。

オンラインゲームとSNSじゃ違うと言われりゃ、そうかもしれないけど、ただでさえ現実での人間関係は面倒くさいんだからネットではシンプルな関係にしておいてくれた方が長続きできるような気がしている。



もうひとつ、うがった見方をすると。水増しされたフォロー、フォロワー数での商売撲滅もあるかも。
アカウントの本当のフォロー・フォロワー(ミュートされていない)数を把握してtwitter自身がプロモーションとして法人に広告営業をかけられる。ウチ(公式)でTL広告を出すと波及効果がうんぬんというセールストークも。


現状、わたしはtwitterの居心地がよいので、今回の家庭内離婚機能でこの手の機能追加は完了ということにしほしい、かな。


https://blog.twitter.com/2014/another-way-to-edit-your-twitter-experience-with-mute

Muting a user on Twitter means their Tweets and Retweets will no longer be visible
in your home timeline,
and you will no longer receive push or SMS notifications from that user.
The muted user will still be able to favorite, reply to and retweet your Tweets;
you just won't see any of that activity in your timeline.
The muted user will not know that you've muted him/her,
and of course you can unmute at any time.



この変更にともなって?ついでに?ブロックやスパム報告が細かくなった様子。
image

»電子書籍制作代行についてはこちら

GoodReaderはファイル転送の神アプリ

2013/5/20 [10:16:56] (月) 天気

いやもう今さら周回遅れでも、自分用メモ。

iPhoneアプリのGoodReaderって、ビューワーだけじゃなくて、ファイル転送に使えるのに気づいた(いやもう今さら)(これひとつあればdropboxアプリやメールアプリさえ不要じゃないか)

やりたいこと:
無線LANの使えない場所でもWEBからファイルをダウンロードして編集。作業後に再びWEBにファイルをアップロード。

持ってるもの:
ネットブック(WiFi接続)とiPhone 4S

GoodReaderでWEBサーバーにアクセスする
Connect to Servers → dropbox、gmail、lolipopを登録済み
image
たとえばdropboxに接続して「perl_source」フォルダの中にある「_conv.pl」というファイルをタップして「My Documents」にダウンロードする
image
iPhoneをネットブックにUSBで繋いでiTunesを立ち上げ、Appタブを開く。
GoodReaderのデータにダウンロードした「_conv.pl」というファイルがあるので、それを適当なディレクトリに保存すればOK。
image

ファイルを編集加工したら、再びiTunesのAppタブ、GoodReaderのデータにドラッグ&ドロップして同期。iPhoneのGoodReaderでファイルをアップロードすれば完了。

現状。
業務委託仕事は先方の管理ページにアクセスしての作業なので、こればかりは自宅から作業するしかない。
もしくはマクドやスタバなど公衆無線LANの利用。証明書を入れて暗号化しての通信となっており盗聴される恐れはなさそうとはいえ、ちょっと嫌な感じなので、緊急時以外は基本自宅からの作業。

電子書籍制作の請負仕事は、メールでデータが添付だとか、dropbox経由のほぼ2パターン。
今回GoodReaderを使ってやりたいのはここ。

自宅で作業してもいいんだけど、なんだか最近生活にメリハリがなくダラダラ過ごしてしまってる、ような気がするのでおもてで作業してもいいかな、と。最近流行りのノマドだ…って、おもてで初老の薄禿が肩を丸めてる姿は生活に困って徘徊してるという風情かも知れない。

地元の図書館は、作業スペースや個別スペースなどびっくりするほど充実していて、ヨメなどポメラを持ち込んで資料をあさってパチパチやることが多い。でもLAN環境がなく、修正作業など、メール、dropboxでやりとりの生じるわたしの作業にはちょっと不便。図書館作業中にメールが着信したら、内容を確認して近くのマクドに行ってダウンロードするのもばかばかしい。

てことで、GoodReaderを使ってしばらくノマドというか、青空所属でやってみよう、かな。
うちの近くの大学は地域密着を標榜していて、カフェや学食も解放されてるのでそっちにお邪魔してもいいだろうし



ちなみに「goodreader」で検索して出てくる以下のサイトがわかりやすい。

『ASCII.jp:何でも見られる神ビューアー「GoodReader」を徹底解説』
http://ascii.jp/elem/000/000/714/714862/
『【定番】万能iPhone,iPadアプリGoodReaderの使い方まとめ』
http://matome.naver.jp/odai/2131528750101840101

»電子書籍制作代行についてはこちら

めも

2008/5/20 [19:23:18] (火) 天気

以前にも書いたけど、メモっておこう。

エクセルのシートを直接perlで読む。

#!/usr/local/bin/perl
use strict;
use Spreadsheet::ParseExcel;
use Spreadsheet::ParseExcel::FmtJapan;
my $oFmtJ = Spreadsheet::ParseExcel::FmtJapan->new(Code =>'utf8');
my $oBook = Spreadsheet::ParseExcel::Workbook->Parse('test.xls', $oFmtJ);

my $ws; my $wc;
for(my $i = 0; $i < $oBook->{SheetCount}; $i++){
    $ws = $oBook->{Worksheet}[$i];
    print 'Sheet: ' , $ws->{Name} , "¥n";
    for(my $r = $ws->{MinRow}; defined $ws->{MaxRow} && $r <= $ws->{MaxRow}; $r++ ){
        for(my $c = $ws->{MinCol};  defined $ws->{MinCol} && $c <= $ws->{MaxCol}; $c++ ){
            $wc = $ws->{Cells}[$r][$c];
            print "( $r,$c ) => ", $wc->Value ,"¥n" if $wc && $wc->Value;
        }
    }
}

読むならこれだけでOK。いちいちエクセルなんぞを開かなくていいんだよなぁ。まじめに助かるゼ

»電子書籍制作代行についてはこちら

ISBNの規格

2006/5/20 [17:15:33] (土) 天気

2007年1月1日から、ISBNの規格が改定される
http://www.isbn-center.jp/whatsnew/kikaku.html

10桁から13桁になる。アマゾンなんかどうすんだろう。単純に10件ぶら下げるところを13桁にするだけかなぁ。10桁に変換して揃えるといううわさも流れてるのか。うーむ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

ぼー。

2005/5/20 [17:19:19] (金) 天気

今日は最寄の職安へ。いつもよりちょっと遅い時間だったにも関わらず、どういうわけか今日は空席まであった。ををー年齢も内容もいい感じやなぁ、と見たら以前面接で落ちたところだった。がっくし。
それ以外は新着もなくまたもや空振り。

その後ぶらぶら100均を覗いてファイル入れを買ってみたり、帰ってから台所のテレビを設置してみたり、嫁に好評の家計簿CGIをみせびらかしに公開してみたり、めざましTVの占いページがまたビミョーに変わったんでビミョーに会わせて修正してみたり(なんの意味があるんだ?これ)ザウルスのページを少しだけいじってみたり。
…って、以上の改行のない段落をひとことでまとめてしまうと「失業者ってひまですなぁ」だよねぇ。とほほほ。
とりあえず、先日応募したところから(2週間も先の)面接の日程がメールできた、ということぐらいか。筆記試験てどんなことやるのか、昨日のこともあるしヒジョーに不安だなぁ。

週末だし動きもないだろうし、ぼーっとほうけて過ごすだけやね。…って、明日は確か団地の班長会議ぢゃんっ!うごぎぎぎぎぎ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/05>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2837

2017 (29)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
12 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)