ひまつぶし雑記帖

doncha.net制作・発行:KindleやiBooks、楽天kobo、BOOK☆WALKERで読む電子書籍

kindle猫写真集『和猫〜Japanese Bob Tail』

2013/10/25 [18:02:28] (金) 天気

image
『和猫〜Japanese Bob Tail』(三毛猫同好会)[Kindle版]

飼い猫のミケさんや野良猫の写真集です。写真枚数126枚。
ファイルサイズが32Mあり、3GではなくWiFi環境でダウンロードできます。

Kindleというか、EPUB3の固定レイアウトで写真集ってどうなんだろうとお試しで、なんの細工もなくだら〜っと猫の写真が126枚並んでいるだけ。

「猫めくり」というひたすら雑種不細工猫のモノクロ写真が365枚並ぶ日めくりカレンダーがあって見ていて飽きない。由緒正しい血統書つきの猫ももちろん可愛いけど、雑種、三毛猫、野良猫は味のある可愛さだなあ。

(100円にしたかったんだけど、ファイルサイズが大きいから(配信コストがかかるから)最低価格が200円だった)

 

↓こちらは猫神の物語




*** 固定レイアウトについてのメモ ***


この写真集のEPUB3ファイルは 『EPUB3::かんたん電子書籍(comic)』 でひな形を生成して、目次や画像をセッティング、編集加工したもの。EPUBチェックではエラーや警告はない。

ひな形をダウンロードして以下の作業

・ダウンロードしたepubファイルを解凍する
・imagesフォルダにcontents001.jpg〜連番の画像を入れる
 (連番の一番最後に奥付画像)
・imagesフォルダにcover.jpgという名前のカバー画像を入れる
・imagesフォルダにindex.jpgという名前の目次画像を入れる
・目次(contents000.xhtml)にクリッカブルマップで指定する
・epubファイルに再度梱包する

※画像はすべて 900x1270 300dpi jpg でKindle固定レイアウトのファイルサイズ上限800KB以下(カバー画像だけは1400x1867 72dpi)


全部が画像なので、リフローよりは考えることが全然少ない。
※ 写真集・漫画の場合。リッチコンテンツの場合はまた別でいろいろできる分、難しい&面倒くさい

・HTML目次をどうするのか
・ページ構成をどうするのか


HTML目次

kindleは論理目次とHTML目次が必要(iOS版が論理目次ではなくHTML目次を必要とするため)

ところが、固定レイアウトの電子書籍にHTML文書は意図通りに表示されない(わたしのスキル、知識不足だと思う)
文字が極端に小さかったり、表示位置が意図してないところだったり。画面上のリンクをタップしても拡大表示になるだけだったり、挙動が読めなかった。

なので、今回はHTML目次(と奥付)も画像にした。すべてのHTMLファイルが各々ひとつの画像を表示させる、という構成。

ただ、目次画像だけだとリンクになってないので、目次画像にクリッカブルマップの指定を入れた(いまどきのWEBじゃ廃れた指定方法が固定レイアウトで蘇るの巻)

[10/31 19:35:46] 追記。
今日時点。kindleの固定レイアウトでクリッカブルマップは効かない。ただの一枚絵状態。
(元になったEPUB3をiBooksで読み込ませると意図通りリンクとして生きている)
iOSなどが、論理目次ではなくHTML目次が使われるので、HTML目次も作って入れておくように、というガイドラインだったはずだけど…画像だけでそこにページ数が書かれていて目次としての見た目があれば問題ないっぽい。


ページ構成

漫画や写真集など、表紙をめくって本文が始まるのは左ページから。奇数ページ起こしが基本。
なので、本文1ページ目を左ページに配置するために、白紙のダミーページを右ページにいれたところ、電子書籍端末・アプリは片面ずつめくって見るケースの方が多いので(タブレットで横持ちにすると意図通りだけど)白紙がページ先頭にあると違和感…というか、あれ?なんか間違ったっけと。

なので、最初の右ページにダミーの白紙画像を入れるのではなく、画像目次を入れることにした。

紙との違いを意識しないとこういう混乱が起きるなあ、と痛感。


全部が画像なので、画質をがんばる力仕事が中心となる。

選んだ写真を同じサイズ、同じ解像度にするだけでも枚数分のチェックが必要。
アクションにするとか、ImageMagickを使ったバッチ処理にするとか思ったんだけど、トリミングが写真一枚ずつ違うので目視が必要だし、レベル補正するかどうか判断をいれる必要もあるし結局のところ、枚数分の力仕事となる。


とりあえず、今回画像を揃えるところからEPUB3に梱包するところまで自分でやってみて、やっと固定レイアウト制作作業の流れも理解できた、ような気がする。


[2014/02/09 10:26:00]追記。
「コミックスなど固定レイアウトEPUBを作る」
↑画像を入れたフォルダと本の情報を書いたファイルを用意するだけでコミックや写真集の電子書籍を作れるようにしてみました。



[11/01 10:55:13]追記。
この三毛猫・野良猫写真集はKDPセレクトに登録して、発売開始直後10月26日17時頃〜10月31日17時頃までの5日間無料キャンペーンをやった。
・ダウンロード数が800程。
・無料のランキングでは最高で10位で、だいたい12〜18位ぐらいをうろうろしていた。
・レビューは☆1〜☆5まで6つのレビューをいただいた。

ダウンロードいただいてありがとうございました。

初めての固定レイアウトで心配だったけど、今のところファイルの不備などが報告されている様子はないので、今回のEPUB3の作成方法でOKということ、かな。

doncha.netで出してる小説の既刊本と違って、この写真集は「おれの猫フォルダが火を噴いた」なので、いろいろ販売実験に使っていこう。言葉の壁もないし。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/11>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』