ひまつぶし雑記帖

doncha.net制作・発行:KindleやiBooks、楽天kobo、BOOK☆WALKERで読む電子書籍

書誌情報データを求めて三千里

2019/4/3 [09:18:16] (水) 天気

一昨日、新元号の発表があった4月1日に国立国会図書館の書誌データAPIが解禁となった。
今までも検索などに使えていたけど、データベースとしてガツガツ使うには登録が必要だったり面倒くさかったのが、4月1日からは誰でも自由に使ってもかまわんぜ!になった。

てことで、今さら国立国会図書館の書誌データAPIをごそごそ覗いてみた。

国立国会図書館サーチについて>API仕様の概要 
https://iss.ndl.go.jp/information/api/riyou/

わたしの、というかわたしが公開しているサイトの使い方は前にも書いた通り。
「ISBNをキーにして書誌データと書影URLを取得したい」
たとえば、スティーヴン・キングの『シャイニング』
ISBNは978-4167705633

これを国立国会図書館のAPIで探すには以下
https://iss.ndl.go.jp/api/opensearch?isbn=978-4167705633
→書誌情報のXMLが返ってくる
https://iss.ndl.go.jp/api/openurl?isbn=978-4167705633
→検索結果ページが返ってくる
https://iss.ndl.go.jp/api/sru?operation=searchRetrieve&maximumRecords=10&query=isbn%3d9784167705633
→書誌情報XMLが返ってくる(このsruはさらに細かく検索方法の指定もできる)

うちの場合、必要な書誌情報はopensearchで十分。
著者についてももろもろ考慮されて(同性同名や読みなど)おり、データのクオリティは信用できる。さすが。
https://www.ndl.go.jp/jp/data/faq/author.html

蔵書のある図書館の情報なども取得できるので、位置情報と合わせて「目当ての本がある最寄りの図書館」なんて検索も実装できるし、その手のアプリがすでにあるのは、国会図書館のデータが元ネタじゃないかな。

だけど、書影がないのはほんと残念。
本棚を眺める楽しみのひとつ、というか欠かせないのが表紙だもんなあ。
基本的な書誌情報は国立国会図書館で、書影・表示画像はamazonなどのショップサイトのURLを別途取得…とか1冊の本のために2回も外部にリクエストしてるとサイトの表示がもたつく原因になってしまう。

てことで、うちのサイトのデータ取得方法は現状のままとする。
国会図書館のデータはまた何か別の用途で利用させてもらおう。しっかりとしたデータは見ていて気持ちいい(データオタク)


ちなみに。
「一般社団法人 日本出版インフラセンター」という版元主導のところも3月25日に書誌データベースのサイトをオープンしたけど、APIもなく、手入力でポチポチ検索できるだけ、なのでスルー。
image

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2019/10>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』