ひまつぶし雑記帖

doncha.net制作・発行:KindleやiBooks、楽天kobo、BOOK☆WALKERで読む電子書籍

Fediverseで参加してるサーバー紹介

2023/12/7 [13:30:39] (木) 天気

ActivityPubという共通の言葉でつながるFediverseサーバー群が面白くてperlでおひとり様サーバーを自作実装した、というエントリをオンラインイベントに投入した。
「Fediverse Advent Calendar 2023」
https://adventar.org/calendars/8730
※わたしのエントリは2023/12/18(第3会場)

イベントなので、「デスマス調」でがんばって、長くなっても面白くないだろうし、サーバーを立ち上げるところまでで絞って書いてみた。
…てことで、書いたけど削ったところをこちらで追記。

おひとり様サーバーのタイムラインを作るためには、ほかのサーバーに参加していて、そっちでフォローするひとを見つけてくる必要があるよね。という話。

いまわたしが参加しているFediverseのサーバー(インスタンス)

https://bookwor.ms/
登録日:2017年8月2日
「本好きのためのMastodonサーバー」で、6年ほど前、毎年毎年電子書籍元年だった頃に参加。たまたま電子書籍関係のひとたちの飲み会で管理者の@skoji@bookwor.msさんと同席して猫の話をした記憶。
当時はMastodon?なにそれ状態で、社会人のサークル活動というか本好きのひとが集まるmixiみたいな?という捉え方しかできてなかった。
こちらのローカルタイムラインは本好きのひとたちの本や映画、美術館、博物館なんかの情報が静かにながれてきていて居心地がとても良い。参考になったり気づかされることが多い。とか言いつつ、ツイッターにどっぷりだったのでしばらく幽霊部員だった(て、大学のサークル感覚)

イーロン・マスクの登場でツイッターが終了して、個人的には6月に27歳のみけさんがいなくなったことが大きくて、自分の環境を変えるタイミングってあるんだなあ、ということでご無沙汰してたこちらを眺めて、改めて使ってみて、MastodonとはなんぞやActivityPub?みたいな調べ物を始めることとなった。

※残念ながら、今日時点、新規登録は受け付けてない。

以下は、登録日を見てもらえばわかるかと思うけど、ActivityPubで飛び交うJSONの具体例が欲しくて登録参加させてもらった。

https://mstdn.jp/
登録日:2023年7月16日 
Mastodonの日本サーバーといえばとりあえずここだということで登録してみた。ローカルタイムラインはカオス。正直なところ、なにがなにやらよくわからないまま。
参加者が多いからしょうがないと思うけど、見通しの悪いツイッターという印象。たぶんそれって、個人設定とかちゃんといじれば大丈夫、かな。
FollowやAnnounceなどなど、JSONの実物をこのアカウントとやり取りして採取していた・している(感心できない使い方、参加者ですみません)

https://himagine.club/
登録日:2023年7月21
MastodonだけじゃなくてMisskeyもどんなJSONが飛んでるのか具体例を知りたくて最大手と言われてるMisskey.ioを見たところ、盛大な絵文字の奔流ついていけず。老眼だし無理。
Misskey系はだいたい表示が重たい。画面内の情報量が多すぎてついていけない。
…と思ってたところ、見かけたのがこちら。firefishというサーバーでMisskey系ということだし、参加者さんもわたしの観測範囲では静かな印象で、落ち着けそうだったので登録。
緩やかに日常風景が流れてくるローカルタイムラインで違和感疎外感も覚えなくて、アクセスする頻度こそ低めだけど、まったり眺めて過ごせる。

https://fedibird.com/
登録日:2023年7月26日
こちらはローカルタイムラインがないMastodon。ということでなにが違うんだろかと、具体的なJSONを見てみたくて登録(招待制だけど、管理者の@noellabo@fedibird.comさんが時々招待コードを流してくれる)
わたしの見た、めちゃくちゃ小さい範囲だけで言っちゃうと、ここが一番ツイッターに近い。登録して居座った。
タグや検索で共通の興味をもつひとを捕捉できるのがありがたくて、言葉はアレだけど、こちらから「芋づる式」におひとり様サーバーでフォローするひとを引っ張ってくることが多い。

↓fedibirdの招待コード
https://fedibird.com/invite/NGBid2CH
もし興味をお持ちでしたらこちらからどうぞ。


ActivityPub確認検証のために参加したサーバーだけど、mstdn.jp以外はどれもオススメできる(mstdn.jpはすみません。ほとんど見てない)面白いサーバーで、サーバー管理者の顔が見えるところも安心できる要因のひとつ。

どのサーバーもFediverseに繋がるので、あまり深く考えずに「とりあえず」どこかに登録参加することをおすすめします。

image
(わたしは絵文字文化が苦手なので、Misskey系よりMastodon系の方が好き、かな)

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
contact:
»運営者
@t2aki@tokoroten.doncha.net

ところてんx5

2024/4/17 06:05

空行は目視するしかやりようがない。ルビの書式がバラバラなので都度対応する必要があり。イメージにクリッカブルマップなので座標を調べるのもフォトショで手作業

2024/4/16 20:39

こういうのを見ると、ほんと青空文庫の書式、青空記法は優秀だと思う。日本語の文章のあれこれすべてを網羅してる

2024/4/16 20:38

新規クライアントの電書の元データ。ルビの形式がタイトルごとでバラバラというトラップ。さすがにヤバいので、ルビっぽいものを抽出してチェックするスクリプトをでっちあげ。もともとWEBで公開されてると思ったんだけど、これだけ書式がバラバラってことは、電書オリジナルなのかも。

検索
<<2024/4>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版