ひまつぶし雑記帖

doncha.net制作・発行:KindleやiBooks、楽天kobo、BOOK☆WALKERで読む電子書籍

連休だったのか

2005/7/17 [18:16:08] (日) 天気

今日は、というか、今日もまったりごろごろと。声のでかいオヤジたちのワイドショーを見て、脳軟化レベルが一段と進んでいる田原総一郎に唖然。談合のところでは、脇なんちゃらという建設族の暴言にツッコミを入れることもできず、宮崎学の談合裁判の事例に関しても無知をさらけ出し、長野がどうしてうまくいってるのか・どうして告発したのかといった興味深い話を引き出せず、ただただ散漫に話させるだけ。松原教授あたり外野からの、脇議員の犯罪擁護・倫理観ゼロの発言に対するツッコミにも反応できず。郵政民営化でも、片山議員の郵政民営の中身に関する部分はさらっと流して、成立しなければ解散か、とか、反対派をどうやって切り崩すのか、とか参議院でのパワーゲームに話を矮小化するだけ。
まったくなんじゃらほい。
んでもって、憤慨しながらついつい見てしまうわたしはすっかりTV局の策略に乗せられている、ということだし。

昼食後はねこ缶を買いに表に出てあまりの暑さにくらくらし、帰ってからエレベーターホール等の掃除当番をこなしてみる。
あとはごろごろとピクミン2に「魔の都の二剣士」に。
グレイマウザーが魔術師の弟子として復讐する第2話がやたらかっちょええのだが、これがファファードとランクマーで合流してみると、滑らかなイカサマ口舌の粋なお兄さんになっておりました。苔に彩られた緑の剣、なんてビジュアルもかっこええんだけど。
ふたりとも行き当たりばったりもいいとこで、マウザーの場合、まだ復讐という目的を果たして出てきたからいいものの、ファファードは母ちゃん姉ちゃんより旅芸人のわけ有りねえちゃん、というのが動機で飛び出してきてるしなぁ。ランクマーで盗賊の館にいくことになったのも、連れのねえちゃんふたりに責められて、酔ってたこともあったし、つい勢いでいっちゃうというイイ加減さ。あとは剣の腕にものを言わせて力技。
うううう。面白いっす。ふたりのやりとりがこれこそ軽妙というやつで、ニヤニヤ引きこまれ、話のいい加減さが必然・計算に思えるほど。
続きを読みたいところだけど、北千住も綾瀬もブックオフでは見なかったんだよなぁ。うううむ。図書館検索かな。

そういや明日も世間は休みだと気づいてなかった。自作CGIのカレンダールーチンがバグってるんだけど、面倒なんで、7月は20日海の日で休みなのです。しょぼ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2019/8>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』