ひまつぶし雑記帖

毎月金をドブに捨てる

2014/6/14 [11:22:18] (土) 天気

個人情報を持つとか、決済が絡むとか、直接ECをやっていたり広告収入が大きかったりWEBで金を稼いでいるので止めるわけにはいかないとか。これらは安全堅牢側にふっておく必要があるので、サイト規模に関わらずそれなりのスペックが求められる。サーバーの維持管理だけでかなり高額となる。

でもそれ以外、いわゆる広報告知ブランディング目的のWEBサイトで、アクセスも1日1万もないような規模なのに毎月ランニングでン万円はない。

・少し見たビックリの例。
サイトとして25年は古い。今どきSHIFT_JISでテーブル組み。スタイルシートが3行程あるだけの静的なHTMLがペタペタあるだけ。metaタグにキャッシュコントロールも書いてないのでページを編集変更しても「ページの再読み込み」をしないと反映されない。制作会社に聞いても原因がわからないと言われたらしい(ほんまかいな)いくらでサイトを発注したのか不明だけど呆れたというか驚いた。シンプルなのと手抜きは違う。
当然アクセス解析もナニソレ状態で効果測定もできていない。リンクをクリックしたらどこに行くのかよくわからない。ページ毎のデザインもバラバラでUI的にひどいありさま。ソーシャルどころか鎖国。IAもくそもあったもんじゃない。

でもって、これをOKとしているから腰が抜けてしまった。こういうのに毎月ン万も払うぐらいなら、サイトを閉めて他のことにその金を回した方がいい。どうせ金をドブに捨てるんだったらわたしの口座に振り込んでください。

千代田区某界隈の零細はネットやITに関して100年遅れてる。古い街はネットも古い。
image 
ショボいデザインばかりのサイトを作ってる無職初老がエラソにいうことじゃないかも知れないけど、見ていてイライラしてしまった。

わたしはそれでも最低限のことは考えている、つもり。
サイトの目的=誰のため・何のためというのはサイトを作る時にまず考える。雑誌など一般読者ユーザーに向けたものなら何でも同じだろう。
次にサイトに乗せる情報を決定、動線を検討、ラベリングなどディテールも詰める。こうした情報設計がサイトの基礎体力となる。

2009年発行の本だけど『IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』は今でも通用する名著。わかりやすく丁寧な説明でいちいち腑に落ちる。今でも悩む前にこの本をパラパラめくることが多い。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

16年ぶりの獣医さん

2014/6/11 [17:49:16] (水) 天気

我が家の女王陛下17歳が昨晩、血尿・頻尿で今日は朝から獣医さん。
家人の話によると避妊手術以来になるのでほぼ16年ぶりの外出&医者ということになる。

膀胱炎ですね。
ということだった。幸いというか、メス猫はオス猫と違って尿路結石のリスクは小さい・深刻化しにくいらしい。とはいえ、老描は腎臓に問題が出ることが多いので食事など気をつけてあげないといけない、もうそんな歳だ。
それ以外は17歳とは思えない健康体とお墨付き。ちなみに体重は4キロだった。

帰ってからいかにも疲れた様子。
そりゃ16年ぶりの外出で16年ぶりの薬だからしかたない、かな。家人とともに人間もすっかり疲れた雨の水曜日だった。

image


 

»電子書籍制作代行についてはこちら

安酒三昧

2014/6/10 [10:30:29] (火) 天気

最近はもっぱら

3L紙パック入り。チリのアレグレメンテ(赤ワイン/カベルネソーヴィニヨン)1400円弱。
4Lペットボトル。サントリーレッド。3900円弱。
720ml。ウィルキンソンのジン。800円弱。

といったラインナップでジャンクな自宅飲み。
image
炭酸のペットボトルが写ってるけど中身は赤ワイン。家人の作ってくれた餃子、キャベツ焼き(お好み焼き)と台所にあった塩昆布・とろろ昆布・じゃこの海3種盛り。ウィスキーが白濁してるのは牛乳割。前夜のニンニクの臭いがきつかったので牛乳で割ってみた。

昨日は用事があって出かけたんだけど、土日に飲み過ぎたせいか体調不良で脂汗だか冷や汗が出ていた。毎月成人病の薬を飲むようになっていて、昔ほど飲めなくなってるんだからイイ歳こいてみっともない話だ。

地元は名店の「ブウちゃん」( 食べログ )や「ときわ食堂」( 食べログ )をはじめ下町大衆居酒屋・食堂がごろごろあって相撲や野球を観ながらもつ焼きやポテトサラダ、煮込みなど食って2000円もあれば十分飲んでしっかり食えるパラダイス(もつ焼きが一本80円とか100円しないんだよなあ)
また地元飲みに出かけなきゃ、だ。

てなことをダラダラ書いたのは。
facebookで大学時代のサークルの知り合いたちが相変わらずとんでもない勢いで飲んでる様子を見るようになったから。本人の名誉のためにあえて名前は出さないけど、某○野くんなどアル中になるのが先か純文学方面に行くのが先かという勢い。Facebookの短い文章も読ませるもので面白いし素直に凄い。
(先輩の名前はさすがに出さないチキンなおれ)

image
image

酒だけではなくて、版元から書籍やkindle本も出していてみな活躍しております(念のため)
(改めて並べると、みんな頑張ってる…無職初老フリーターのわたしはなんとか食っていかねば)

 

 

 

 

↓家人も頑張ってるのでよろしく!!

»電子書籍制作代行についてはこちら

勝負どころの話

2014/5/28 [21:59:06] (水) 天気

ひとつ前の雑記でkindleとibooksで使う画像について書いたところ、今までのものを変えなきゃいけないのは大変、という反応が。

なんでもそうだけど「勝負どころ」というのがあるはずで。
画像のサイズ、縦横比を計算してデザインしてそこを売りにしているのであれば、デバイスの表現力やストアの画像に関するレギュレーションが変わったら、既存のものも都度作り直すべき話。そうじゃないのであればそのままでOKということ。

昔、エロ漫画雑誌を作っていたんだけど。
エロで都条例にひっかかるならしょうがないけど、暴力描写犯罪描写で都条例にひっかかるのは論外だった。というのと同じこと。エロの部分は勝負するけどそれ以外で危ない橋は渡らない。それだけの話。

なんでもかんでも100%、全力投球の完成度はかっこいいけど、それで物事が先に進んだことはない。
ここは勝負どころだから手抜きはしない・勝負しよう、というのと、ここ勝負するとこか?テキトーで流そうぜと手抜きの区別は必要だったような気がする。

»電子書籍制作代行についてはこちら

ヨタ:名誉か金かこの世のすべてを解き明かす

2014/5/26 [17:38:10] (月)

人類の昔からの永遠の・定番のテーマ。
創作文芸同人誌や電子書籍の個人出版にも当然当てはまる。

たぶんこのマトリクスがこの世のすべて。
image
・プレイヤーで言えば
A+Cの右端は出版社
A+Bの上端が著者

・ジャンルで言えば
Aの右上はエンタメ系ジャンル
Bの左上は純文学ジャンル
Cの右下はビジネス書や自己啓発本ジャンル

・作品の扱いかた
Aの右上は商業誌
Bの左上が無料配布

…んと、Dはおいてみただけ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

HowTo記事は続かない

2014/5/25 [10:12:41] (日) 天気

ちょっと反省。
2012年にkindleが始まった頃の右往左往、特にアメリカ歳入庁に書類を送ってEINうんぬん。アクセスログ見るといまだにPVがかなりある。で、正直なところ、この手の事務手続きは自分が済んでしまってると「現状」どうなっているのか調べる気力がない。古い情報のまま更新もせずに放置となる。

自分がそうだったのでわかるんだけど、一所懸命自分でやろうと調べている時に、いろんな情報が錯綜していてどれが正しいのか、一次情報の公式に書いてあることはなんかよくわからんし、こっちのブログとあっちのニュースで言ってることが違うし、どうなんだよいい加減にしてくれよ!と。

今も、いわゆるブログでありがちなように、1年以上経っている記事の冒頭にはアフィリエイトのバナー広告を入れて注意書きを一行入れてある。でも、たぶん、自分もそうだったのでわかるんだけど、古い記事でもヒントになればと読んでしまうし、古い記事だと気づかない場合もある。

こりゃ迷惑なデマを流してるのと同じ。

てことで、税金の処理や振り込みなどの事務手続き系、kindleの目次に関するすでに現状とは違っている記述があって1年以上経っている雑記は見えないようにした。該当の雑記を見るにはページに一行書いたリンクをクリックして開く必要がある。

たとえばこれ
「KDPのためにEIN取得手続き」http://t2aki.doncha.net/?id=1357613191
クリックはハードルが高いというかコストの高いユーザー行動なので、こうしておけば見られることもまずないだろう。また、本文をdisplay:none にしてあるので検索エンジンからは見えない=そのうちインデックスからも消えるだろう。

削除することも考えたんだけど、リンクされているところもあるし、資料的価値はないにしても自分のための備忘録として削除するのが惜しくなったので今回の対応。


HowTo記事はその時のアクセスは見込めるけど、放置すると時間とともにデマになってしまう。今後は気をつけます。


[05/25 11:55:45]
といっても気をつけようがないし、自分のためのメモはしておきたいので、今回のような隠蔽工作までの猶予期間をもっと短くするか考えよう。


image

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2018/11>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[151 Page]« »
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

TOTAL:2859

2018 (19)
1 (3)
2 (2)
3 (2)
4 (1)
5 (1)
6 (6)
8 (1)
9 (1)
10 (2)
2017 (32)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
12 (5)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)