ひまつぶし雑記帖

電子書籍と同一性の保持

2014/8/9 [13:21:23] (土) 天気

その1
神保町の某社で電子書籍についての打ち合わせというか居合わせたというか。ここは電子書籍はまったく初めて。

DRMは難しい。
自前で配信サイトやDRMサーバーを用意する、なんてのは昭和が色濃く香る世界では当然無理。
電子書籍ストアで配信するにはEPUBがちょっと特殊で、対応しているアプリがiBooksかReadium、ほかは検証できていないけどたぶん難しい。

DRMフリーは権利者の許諾が得られない。

ということでソーシャルDRMはどうですかねえ、と提案。
購入者の情報(会員番号やメールアドレスなど)を電子書籍の書誌情報に記載するというところに落ち着きそうな感触。でも、奥付やタイトルのところ、見えるところにも記載した方が効果的ですよ、というのは難色。というのも「それは改変になるなあ」ということだった=改めて許可をもらう必要がある。
(その特殊なことを生かしてもうひとつ埋め込み場所があるのでそっちはやってみようということになった)

原本(底本)どおり、というのが基本にあるのでなるほどなあ、と。


その2
固定レイアウトの電子書籍の見開き調整のためのダミーページ挿入。

右綴じの本なら、奇数ページが左・偶数ページが右で、1ページめ=奇数ページ=左ページから始まる。なんてのは本では当たり前すぎる話。
ところが電子書籍は、見開きを原本どおりにするためには1ページめにダミーの右ページが必要なのだ(わたしが知らないだけで他にやり方があるかも知れないという一抹の不安も)

固定レイアウトの電子書籍のページをめくって開いていくと、1ページが右に配置され、2ページが左に配置される。「1ページ=奇数ページは左・2ページ=偶数ページは右」なのに逆になってしまって、原本どおりの正しい見開きにならない。
そこで、1ページの前にダミーで白紙のページを挿入することで見開きを調整する。ダミーページが右に配置、続く1ページは左に配置となって見開き問題は一件落着。

とはいえ問題というか違和感が出る。
本は必ず見開き単位で見るものなので問題はないけど、電子書籍は1ページずつ読むケースが多い(端末のボタンデザインなんかも縦長にちょうどいい)ので、ダミーページを表示すると白紙、真っ白の画面となってしまう。

読んでる側としてはアプリの不具合か、本が変なのかと思ってしまう、かもしれない。
白紙をダミーにするのではなくちょっとデザインされたロゴやキャッチーな画像を入れるとごまかせるなあ、と思ったんだけど、権利者に許可をもらう必要があるのでたぶん難しい、時間がかかるだろう、と。

原本(底本)どおり、というのが基本にあるのでなるほどなあ、と。


著作権、同一性の保持について
「著作物に手は加えられない?!(その2) - IT著作権.com」
http://gvalaw.jp/it-copyright/archives/1069.html
まず、裁判所は、20条2項4号の
「やむを得ないと認められる改変」
という文言を非常に厳格に解釈しています。


「良好な関係性で柔軟な契約」をしておけば、ガチガチと法的にこじれることもなさそうな感じ、かな。なにごとも、すべてそうだけど、法律は最後のところだし。

»電子書籍制作代行についてはこちら

バリカン導入

2014/8/2 [16:09:25] (土) 天気

昔から散髪はあまり好きじゃない。ただただ面倒くさいだけだった。
で、中学時代は丸坊主だったし、高校時代は刈り上げ検査があるようなところだったし、自分自身はバリカンにも坊主頭にも抵抗はない。

んでもって、さすがに禿げてきた・薄毛になってきた。
遺伝的にもこれは定められた道なので、いよいよきたか、親族一同の仲間入りだ、おじいちゃんおとうさんおじさんわたしも仲間に入ります、という感慨。

だったら、散髪屋にいちいち行くのも馬鹿らしい。
てことで、セルフバリカン熱が高まり、アマゾンポチ。
image 
ほんとだったら坊主頭(禿げの坊主頭というアンビバレンツな響きも美しい)のつもりだったんだけど、わたしは致命的に坊主が似合わない。

人相があまりよくない、というか悪い。
坊主頭が似合うのは目がくっきり大きくて眉毛もしっかり濃くて、鼻も口もしっかりしたタイプ。残念ながらわたしはたぶん真逆。目が細くて眉が薄い。昔の雑記に書いたように坊主頭にすると犯罪者顔になるだけ。100歩ぐらい前向きに眺めてもニューギニア戦線の日本兵のようになってしまう。

てことで、購入初日はもみ上げと耳周りをそぉーっと6mmで刈ってみた。
後ろをどうするのかわからないけど、もみ上げや耳周りはざくざくやっても大丈夫だった。
いや、いざとなったら虎刈りでも丸坊主にして大き目の安全ピンを耳とか鼻、唇にテキトー刺しておけばそっちのひとに見える、かもしれない。

いまのところ、虎坊主頭になって切られるような仕事先はない…と思う。


「バリカン」を動画で検索するとたくさん出てくるので参考にさせてもらった。
(プロ、美容師さんの動画がたくさんあったけど、素人のわたしにはハードル高すぎ。同じような素人の動画を見て参考に)


[08/24 11:06:04]
セルフバリカン3回め+リカバリー1回
なんとなくうまくいったのでメモ。

・まずは12mmで後頭部や側頭部をならす感じ
・後ろのすその生え際と耳まわり生え際は3mmで整える感じで少しだけ
・もみ上げは3mm
・もみ上げ上から耳まわりは6mm。生え際を刈りそこなうことが多いのでジョリっという音を聞きながらしっかり刈る
・後頭部も6mmで耳まわりに合わせる(特に耳の後ろ側)
・6mmで刈った上の部分を9mmでならすように少しずつチェックしながら刈り上げ。こめかみのあたりから側頭部を特にしっかりと
・もさっと段差が目立つところをスキカット

ざっくり。12mmでならしてから襟足の3mm部分や耳まわり6mm部分を刈って、中間の9mmで整えて最後に梳くという流れでいけそう。
耳まわりと利き手じゃない左側が難しいので、ちょっと刈っては鏡でチェック。少しずつ段差、色の濃淡を解消していく。

セルフバリカン、おもしれー。

 【セルフバリカン】
バリカン導入 (2014/8/2)
バリカン事故 (2014/11/10)
バリカンのアタッチメント購入 (2014/11/15)
バリカン購入半年経過 (2015/2/25)
セルフバリカン第6回 (2015/6/6)
セルフバリカン、セルフ坊主 (2015/10/6)
バリカン事故再び (2017/7/11)

»電子書籍制作代行についてはこちら

2014年半年経過

2014/7/14 [10:23:25] (月) 天気

image
50代の仕事探し。
今のところ、業務委託(月額固定)と契約パート社員仕事(時給)の2本がライスワーク…なんだけど、この2本をベースに案件単位や請負の制作仕事( 電子書籍やWEB制作など )を増やしてどうにかしなきゃ、というところ。
相変わらず厳しい。

ここで同じことばかり言うようだけど。
50代初老の雇われ仕事は「手に職があるか・資格を持っているか」の2点。
それも、年齢相応のものが求められる。若い頃に資格のひとつも取ってけば良かったと、この歳になってしみじみ。
さらに、個人事業主なら人脈・営業力。

…歳を取ってからの働き方、なんて当時は想像できなかったなあ。


最近の自作料理。
image 
鳥もも肉グリル。
キュウリ、ピーマン、しめじを粗みじん。酒・醤油・砂糖・花山椒・胡椒。ごま油で炒めて水解き片栗粉であんかけ風味。
ごま油と花山椒が食欲増進。

image 
長芋とじゃこの炒め物。
長芋をざっくり切ってジャコと炒める。ジャコをまずごま油でじっくり炒めて油にジャコの旨味を移す。味付けというか風味づけの黒胡椒と塩だけで十分美味だった。【50歳中高年の就職転職】
無職50歳 (2011/6/29)
中高年の転職・仕事探し (2011/6/30)
50歳無職、職探しの実際 (2011/7/21)
50歳フリーター生活 (2011/7/26)
50歳の転職市場 (2011/7/31)
個人事業主登録 (2012/2/23)
仕事のないフリーランスはただの無職だ (2012/5/21)
フリー、個人事業主という無職生活ふり返り (2012/10/22)
ミドル世代(30〜54歳)の仕事探し (2013/3/22)
ミドル世代のキャリアデザイン研修 (2013/4/18)
自己振り返りシート (2013/4/22)
50代初老フリーターの仕事探し (2013/6/9)
50代無職初老の働き方 (2013/11/24)
謹賀新年2014 (2014/1/1)
2014年半年経過 (2014/7/14)
55歳シニアになっての仕事探し (2016/6/1)

»電子書籍制作代行についてはこちら

獣医さんふたたび

2014/6/24 [17:55:05] (火) 天気

うーん。膀胱炎再発。
頻尿血尿で慌てて獣医さんにミケさんを連行した。 前回は16年ぶり二度目。  今回は二週間ぶり3度目の獣医。

再発の間隔が短いかな、ということで初の超音波検査だった。

結果、異常なし。
ここで腫瘍なんかが見つかるとヤバかったんだけど所見なしだった。ただ膀胱の壁が厚くなっていることから、気づかないうちに膀胱炎が慢性化していた可能性もあるとか。

また、糖尿病などほかもろもろ考えなきゃいけないこともあるので、まずは尿検査をしたい、ということ。
…とはいえ、ウチのトイレは固まる砂を使っていて尿の採取が難しいんだよなあ。簀の子タイプ(?)のトイレを買って下におしっこを落としてもらえばと思うんだけど、トイレを変えて、その手のトイレですんなりおしっこをしてくれるかどうか。嫌だからというので我慢されたら膀胱炎の再発に繋がるしなあ。悩ましいところだ。とほほ。

image 
17歳、まだまだしっかりしてもらわんと。



 

»電子書籍制作代行についてはこちら

猛禽カフェに行ってきた

2014/6/22 [10:02:20] (日) 天気

去年暮れに行ったふくろうカフェとは、またちょっとコンセプトが違った今回の「鷹乃眼」。
カフェに梟や鷹がいるのではなくて、梟や鷹のスペースが広くてカフェはおまけ。その分、鳥の数は多くて鳥たちはゆっくりしていたように見えた。
image
モルモットやウサギ、羊、ハムスターなど小動物と直接遊べるコーナーが動物園にあるけど、それの梟&鷹バージョン。手に乗せたり触ったり(注意事項は守って)自由に遊ばせてくれるところだった。

ちらっと写真に写ってるガラス越しの狭いカウンタースペースがカフェ。
image
このふたりがべったりくっついてるなあ、と思ったら「好き同士」らしい。
スタッフさんいわく、仲のいいのとか悪いのがいて集団生活は鳥もひとも大変ですよと。実際、仲が悪い鳥同士を近づけると両者威嚇を始める。鳥の種類ではなくて、個々で仲のいい悪いがあるのが意外で面白かった。
image
image
image
鳥の種類も多くて、眺めて触って写真を撮っていたら1時間があっという間だった。

鷹も各種いて、各人肩から頭に乗せて写真を撮ったり遊ばせてもらった。エサを投げたり羽を広げさせたり…いや、最初は突かれたりしたらどうしようとか、ちょっとビビってたんだけど、彼らは大人しいというか余裕があるというかで全然平気だった。鶏やチャボの方が凶暴ですよ、とスタッフさん。ちなみに、鷹が本気になると足・爪がヤバいとのこと。

鷹の写真はひとが映り込んでるものばかりでここに載せられないのが残念。
自分が写ってる分なら少し晒そう。むさ苦しいのはすみません。

image
少し手を動かすとバランスを取るためか羽を広げる。軽く羽ばたくだけなのに風圧をはっきり感じる程だった。
image
image
ハゲを鷲掴み…って、全然痛くない。掌(?)の暖かみが薄い髪を通して伝わってきた。爪は切ってるんだそうだ。
image
レッツゴー3匹の図。
このデカイ梟は、爪切りなど嫌なことをするのが獣医(男)スタッフさん(男)なので、男が嫌いらしい。女性だともっとフレンドリーとのこと。

「鷹乃眼」
http://1st.geocities.jp/takanomesky/01/index.html


押上、スカイツリーエリアということで

「スパイスカフェ」でカレー
http://www.spicecafe.info/home
image
粒マスタードがごろごろ入っていて、じんわり辛くなってくるカレーだった。古民家を改造して雰囲気の良い美味しいお店でありました。

「キルフェボン」で無花果のタルト
http://www.quil-fait-bon.com
image
銀座などにあるタルトの店がスカイツリーのソラマチに入っている。ここのタルトはベタ甘くないのでおっさんのわたしでも好きで、この時期「無花果のタルト」は絶品。


昼頃から飲み屋まで半日たっぷり遊んだ土曜日でありました。

»電子書籍制作代行についてはこちら

毎月金をドブに捨てる

2014/6/14 [11:22:18] (土) 天気

個人情報を持つとか、決済が絡むとか、直接ECをやっていたり広告収入が大きかったりWEBで金を稼いでいるので止めるわけにはいかないとか。これらは安全堅牢側にふっておく必要があるので、サイト規模に関わらずそれなりのスペックが求められる。サーバーの維持管理だけでかなり高額となる。

でもそれ以外、いわゆる広報告知ブランディング目的のWEBサイトで、アクセスも1日1万もないような規模なのに毎月ランニングでン万円はない。

・少し見たビックリの例。
サイトとして25年は古い。今どきSHIFT_JISでテーブル組み。スタイルシートが3行程あるだけの静的なHTMLがペタペタあるだけ。metaタグにキャッシュコントロールも書いてないのでページを編集変更しても「ページの再読み込み」をしないと反映されない。制作会社に聞いても原因がわからないと言われたらしい(ほんまかいな)いくらでサイトを発注したのか不明だけど呆れたというか驚いた。シンプルなのと手抜きは違う。
当然アクセス解析もナニソレ状態で効果測定もできていない。リンクをクリックしたらどこに行くのかよくわからない。ページ毎のデザインもバラバラでUI的にひどいありさま。ソーシャルどころか鎖国。IAもくそもあったもんじゃない。

でもって、これをOKとしているから腰が抜けてしまった。こういうのに毎月ン万も払うぐらいなら、サイトを閉めて他のことにその金を回した方がいい。どうせ金をドブに捨てるんだったらわたしの口座に振り込んでください。

千代田区某界隈の零細はネットやITに関して100年遅れてる。古い街はネットも古い。
image 
ショボいデザインばかりのサイトを作ってる無職初老がエラソにいうことじゃないかも知れないけど、見ていてイライラしてしまった。

わたしはそれでも最低限のことは考えている、つもり。
サイトの目的=誰のため・何のためというのはサイトを作る時にまず考える。雑誌など一般読者ユーザーに向けたものなら何でも同じだろう。
次にサイトに乗せる情報を決定、動線を検討、ラベリングなどディテールも詰める。こうした情報設計がサイトの基礎体力となる。

2009年発行の本だけど『IA100 ユーザーエクスペリエンスデザインのための情報アーキテクチャ設計』は今でも通用する名著。わかりやすく丁寧な説明でいちいち腑に落ちる。今でも悩む前にこの本をパラパラめくることが多い。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2018/8>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[150 Page]« »
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

TOTAL:2856

2018 (16)
1 (3)
2 (2)
3 (2)
4 (1)
5 (1)
6 (6)
8 (1)
2017 (32)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
12 (5)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)