ひまつぶし雑記帖

頭痛に悶絶

2016/4/18 [10:49:40] (月) 天気

自慢にもならないが、わたしは人一倍、痛みに弱い。
今まで経験のないような酷さだったのでメモしておかなきゃ、だ。

土曜の午後から頭痛が酷くなり夕方には吐き気と下痢。晩飯も途中でギブアップ状態となり、昨日日曜は一日中布団で転がるしかなかった。

たぶん伏線は水曜あたりからの歯痛。
奥歯・歯茎が脈動してズキズキ痛むようになった。先月歯医者に行って診てもらったばかりなので、虫歯がいきなりこんなに深くなるわけもなく、持病の歯周病(歯槽膿漏)由来の痛みだろう…ってこの痛みは経験済みなのでわかった。歯の痛みは我慢する意味がない、我慢するだけ無駄なので晩飯後にロキソニン投入して一段落。

朝起きると違和感があってやっぱりしばらくするとズキズキ痛みだし頭痛までするようだったのでロキソニン投入して一段落。

痛みが続くようなら歯医者に行こうと思いつつ、歯周病に治療方法はなく、どうせ行ったところで歯石取り・歯のクリーニングと痛み止めだけだし、しばらく様子見することにした。
夜になるとロキソニンが切れて歯がズキズキしだしたのでロキソニン投入して一段落。

金曜の朝、今日はどうだろうと思ったけどやっぱりズキズキするのでロキソニン投入して一段落。

二日連続朝晩ロキソニンは初めてでちょっと気になっていて、これで治まってくれよなあというのは夜になってあっさりアウト。ズキズキ痛みだしたのでロキソニン投入。
これでロキソニン5連続。

土曜の朝、歯のズキズキは少し治まったもののまたぶり返しそうな違和感。でも、この3日ほど身体の中というか血の中に鎮痛消炎作用成分が回ってたんだろうし、それって普通の状態じゃないよなあ、とロキソニンを止めてビビりながらも気合と根性で克服してみることにした。

朝イチで、毎月の内科に出かけて、薬局や食材買い出しにスーパーに行けるぐらいだったんだけど。

午後あたりから、歯の痛みを意識しなくなった代わりというのか、こめかみが絞めつけられるような頭痛が始まり、目の奥がズキズキ痛み出した。ついでに吐き気。ただ、熱を計ってみるといたって平熱で風邪ではなさそう。

こめかみあたりの頭痛と目の奥の痛みって酷い二日酔いそっくり。
二日酔いなら時間とともに収束するんだけど、ロキソニンを飲み出してから酒も飲んでない。

起きてパソコンをつける気力もなく部屋で転がるだけ。昼にカップ麺をすすってしばらくしたら座るとジャーのビビデバビデブー状態となった。
それでも晩飯を家人と食ってたら、吐き気と腹具合が酷くて食ってる最中にギブアップ。この頃はもうこめかみあたりからの頭痛も激しくて布団直行。

ここでロキソニンやバファリンを飲んだら、元の木阿弥だろと、なんだか意味不明な意地のようなもので薬断ち。

日曜朝はこめかみあたりの痛みが頭頂部に移動していた。
ゴォーンゴォーンと脈動する痛みでとても起きてられない。かといって、寝転がっていても痛いし、動くとまた痛い。どうしろっていうの、だった。枕元にスマホを置いてワンセグでニュースを流してたんだけど、みんなのうたのオープニングの音が脳天を直撃してびっくり。大きな音が駄目だったのでワンセグも切って転がるだけ。目も開けてられない。

いつ寝たのか起きたのかもわからない一日を過して、夜になると頭頂部の痛みが今度は後頭部に移動していた。やっと痛みは楽になっていた。吐き気はもうなくなった。サンドイッチなんかをつまんで食事とした。

今日はどうにか80%快復。
昨日転がりっぱなしだったせいか身体はだるいし、なぜか胃や背中の痛みがあって、頭痛は少し殘っているけど、起きてられないほどの痛みじゃなくなった。軽い二日酔いの朝程度だ。

水曜から今朝にかけて。
「「痛い」の塊」が歯からこめかみ、頭頂部、後頭部へと移動して薄れて消えた感じ。
…なんだったんだろう。
いやほんと久しぶりにかなりビビった。痛いのには弱いんだ、おれ。

「さあ、洗いざらい吐け。じゃないとどうなるかわかってるだろうな」と拷問具を見せられたら、洗いざらいどころか、あることないこと泣きながら全部しゃべるタイプ。

またぶり返したら今度は医者行こうと思うけど、頭痛って言っても何が原因でどういう病気なのかもスグにはわからんだろうしなあ。
image

健康第一でござる。

»電子書籍制作代行についてはこちら

松も取れたところで今年の目標

2016/1/8 [11:27:58] (金) 天気

ここ10年で、本を一番たくさん読んでたのが2006年の143冊、全然読んでないのが2014年の7冊(再読本、同人誌、コミック除く)
見ると2012年以降の4年は激減。2011年以前は片道約40分の始発→終点、往復約80分の通勤で、本を読む空間と時間がたっぷりあった。
現状は在宅IT軽作業だったり、出先に行くにも15分程度の乗り換え3度だったりして、本を読むのにまとまった時間がなかなか取れない。いや、気持ちに余裕がないのも原因のひとつだけど。

改めて「趣味は読書」http://doncha.net/の自分の本棚を眺めて愕然というか呆れた。
いくらなんでも年間一桁しか読んでないなど論外だ。

てことで、今年、2016年は本を読むことにした。

「おいおい、何いうてんねん、その前にやることあるやろ、稼がんといかんのと違うか。びっくりやで」
と叱責されてもしょうがないビンボ初老フリーターだけど、金がかかるのは健康面ぐらいなもので、贅沢な支出はない、はず。
情報収集するわけでもなく、ただ呆けたようにネットを眺めてるひまがあったら本を読もう。

んで、この正月、だらだら酒を飲みながらkindleで読むのが快適だった(再三再四の今さら感)
基本的にPaperwhite(2012)で読んでいるけど、スマホのアプリでも読めるので、本を持ち忘れることがない。
物理的な厚みがなく、どんな長編でも同じサイズなので鞄の中に、一定のスペースがあればいいし、寝転がって読むにも重さが変わらない。
本棚ごと持ち歩いてるようなもんだから、読み終わっても次がすぐに読み始められる。

もう先の方が短い歳なんだから、少なくとも年間二桁冊数。
image 

»電子書籍制作代行についてはこちら

2016年 謹賀新年。

2016/1/1 [13:51:44] (金) 天気

image
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
ここをご覧のみなさんにとっても、今年が健康で良い年でありますように。

今年、米川正夫訳の著作権が切れたので、ドストエフスキーの代表作が青空文庫で近々読めるようになります。
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person1800.html

わたしの方で、青空文庫よりひと足お先に、去年写経していた『地下生活者の手記』のEPUB3電子書籍とテキストデータを公開(わたしのはザル校正なので、誤植など指摘していただけると助かります)

↓ダウンロードはこちらからどうぞ。
『19世紀のオマイラ』http://t2aki.doncha.net/?id=1426934253

わたしは単に意地悪な人間ばかりでなく、結局なにものにもなれなかった。悪人にも、善人にも、卑劣漢にも、正直者にも、英雄にも、虫けらにもなれなかった。今やわたしは自分の片隅に最後の日を送りながら、賢い人間は本気で何かになることはできない、ただ馬鹿が何かになるばかりだという、なんの役にも立たない毒々しい気やすめで、自分で自分を愚弄している態たらくだ。


これ、ラスコリニコフよりも自意識こじらせてます。
正月早々、メンタルやられそうな小説をオススメするのもどうかと思いつつ、大傑作なのでぜひぜひ。
『地下生活者の手記』

2014年、2015年と2年連続でヨレヨレ。あてが外れっぱなしの危機的状況。今年2016年は、ポータル、ECのメンテや、事務仕事以外のところであとふたつみっつ何とか頑張らないとなあ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

突然の顎関節症(?)と腰痛

2015/12/21 [18:04:01] (月) 天気

朝起きてあくびをしようにも顎が痛くて口が開かなくなっていた。
口を大きく開けないもんだから、メシもちゃんと食えない。おちょぼ口でおそるおそる箸を口に運んでちょっとずつ食うのが精一杯。

まいった、と思ってたら次は腰が痛くて左足が上がらなくなった。
屈んでズボンを履こうとして腰の痛みにのけぞり、足を上げることができない。

てことが突然ふりかかってきた。
小心者なのでどうなってんだろう、どうなるんだろう、と心臓バクバクの状態。おまけにわたしは人一倍痛みに弱い。
ヨメさんに相談したところ、地元の整形外科はどうにも怪しい。
肩の痛みで駆けこんだところ、レントゲンも取らずに問診だけ。理学療法に回ったら担当者が膝に電気を流そうとする。痛いのは肩なんですが、と言うと慌てて先生に確認にいく始末。
町内会のB29世代にさりげなく聞くと、行ったところでベッドに転がされ電気を流されるだけ、とのこと。

ネットで地元のほか整形外科を探してもどうもピンとこない。
ベッドの上でなんの治療だこれはと釈然としないまま時間を過して帰ってくる絵が浮ぶ。

ヨメさんも一時通ってた整体・接骨院に行ってみることにした。
実際、ヨメさんは接骨院に通って肩の痛みが軽くなった。ただ、ヨメさんの通っていた接骨院は予約が必要でいつも混んでいるところなので、いきなり行っても診てもらえそうもないし、初めての接骨院へ。
地元は高齢化下町で、ウチから駅に行くまでの間に7軒接骨院がある。いきなり行って診てもらえるところもあるだろうと。ちなみに歯医者と目医者も多い街だ。

接骨院、大正解だった。
座って足の親指の力の入りかたとか首の曲げかたをチェックされて、骨盤の緩みと首の後ろの歪み、股関節が固くなっていることを指摘された。て、そんなことがわかるのか。
足や腕をいろんな方向にストレッチされ、首を指圧され15分程度の施療が終了したら、腰が楽になって足も上がるようになり、顎もこころなしか楽に開くようになってびっくり。

その後、週に2回ほど通ってるうちに、腰はすっかり楽になり、咀嚼してるだけで激痛が走り頭痛までしていた顎も楽になった。

まったく無知なので整体・接骨院で治療の理屈がわかってないんだけど。
ストレッチとツボへの指圧がこんなに効くとは思わなかった。人体模型というか首から背骨骨盤の骸骨模型を使った先生の説明もなにやら説得力十分。

ためしてガッテンも好きだし、ミーハーですぐに影響されるタイプなので、たぶんにフラシーボもあるとは思うけど、接骨院すごいなあ。まじで。

もう半世紀以上使ってる身体だ。
あちこちガタがくるのはしょうがないにしても、歳くうといろいろ突然やってくるもんだというのを実感。
目、視界の端に白い光が走るようになったのも突然だし、今回のような顎・腰の痛みも突然。なんの前触れもない。ひとことぐらい相談してから痛めよ。

image

»電子書籍制作代行についてはこちら

イノベーションという名のでっちあげ

2015/10/20 [15:54:04] (火) 天気

イノベーションとかいうカタカナ言葉がある。
「新しい価値の創造」ということらしい。

ハインラインの『夏への扉』なんかは清々しいほどの未来礼賛。これから技術の進歩で世の中はどんどん良くなる一方である、というお話でもあった。
確かに現状に問題があったらば、技術がそれを解決して、未来は確実に豊かで良いものになっていく、というのは納得できる。また、現状てのはいつも問題を抱えるだろうから、解決しなきゃいけないことはいつまで経ってもなくならない。そのために技術も進歩し続ける。

でも、昨今のイノベーションとやらだ。
「新しい価値の創造」はいいけど、それって無理矢理じゃね?誰にとっての価値?というのはどうなんだろうか。

野良ITなもんで、ITやネットがらみで仕事をいただいたりしてるんだけど、それこそ技術は日進月歩。昨日スタンダードだったことが、今日はもう使いものにならない、なんてことがある。そのたびに「これも雇用創出かっ!」と思いつつ、なかなかしんどい話だ。知的好奇心とか自分スキルアップという高揚感・ワクワク感もないのは歳くったせいか。峠の頂上まで石を運んだと思ったら、くだりになってまた石を上まで運ばなきゃいけない徒労感とでもいうか。

半村良の『石の血脈』を引用してみよう。

いったい第二位の患者を買って不死を得る人間はどんな奴らなんだ。三戸田謙介のような資本家だ。億万長者だ。王侯貴族だ。奴隷に鞭うち、市場を支配し、需要を作り出し、その需要を技術で変化させる。正当な労働で手に入れた人々の宝物を、あっという間に中古品の価値につき落とし、あたらしい夢を高く掲げてまた汗を流させる。貯蓄させ、その価値を左手の指一本で操作してゼロに近づける。そしてまた貯蓄させる。



イノベーションとやらの「新しい価値の創造」は「正当な労働で手に入れた人々の宝物を、あっという間に中古品の価値につき落す」ことにもなる。
世の中、これの繰り返し。昨日価値があったものが、今日はゴミクズとなる。新しい価値・あたらしい夢は誰にとっても良いことなのか、というこの文脈だと世の中はちっとも良くなっていかない。ハインラインの未来はやってこないだろう。

イノベーションとかいうカタカナ言葉を聞くと半村良の『石の血脈』のこの一節をいつも思い浮べてしまう。
image 

»電子書籍制作代行についてはこちら

セルフバリカン、セルフ坊主

2015/10/6 [14:51:06] (火) 天気

予想以上に禿が進行してることに気づいたんで、坊主頭にすることにした。

以前間違えてセルフバリカンで坊主にしたことがあったので気楽なもんだ。
ただ、やっぱりというか、電車や街中で見かける坊主頭は、首すじの生え際から後頭部はきれいなグラデーション。プロの仕事は違うよなあ、と感心していた。神は細部に宿る、というやつだ。
全部3mmぐらいなら均一でいいんだろうけど、さすがにそこまでのスキンヘッドもどきは、もっと禿げてからにしようかと思う。

てことで。
基本12mmで、耳の上あたりの側頭部から後頭部は9mm、刈り上げは6mm。という丁寧な仕事を目指してみた。

image 
マダラというかマバラというか。どこにもグラデーションなんて見当らないのは素人芸の限界だなあ。

頭寒足熱とはいえ、冬場に坊主頭は寒さ直撃だということを忘れてた。【セルフバリカン】
バリカン導入 (2014/8/2)
バリカン事故 (2014/11/10)
バリカンのアタッチメント購入 (2014/11/15)
バリカン購入半年経過 (2015/2/25)
セルフバリカン第6回 (2015/6/6)
セルフバリカン、セルフ坊主 (2015/10/6)
バリカン事故再び (2017/7/11)

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2018/2>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[150 Page]« »
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

TOTAL:2845

2018 (5)
1 (3)
2 (2)
2017 (32)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
12 (5)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)