ひまつぶし雑記帖

KindleストアでKDP個人作家判定は無理?

2013/1/12 [15:21:17] (土) 天気

現時点では、KDPの個人出版物を判定するのは難しい、というのがわかった。

アマゾンAWSのAPIで情報を取得してごにょごにょするのが基本。
APIで取得するXMLには商品のほぼすべての情報が入っているんだけど、kindleストアの電子書籍に関しては販売価格がなかったし、今回取得したXMLを加工なし状態で覗いたところ、どこを探してもKDP(Kindle Direct Publishing=個人のセルフ出版物)だという要素は見当たらなかった。
法人との仕入れ契約は個人とは全然別のはずだから、裏側というかバックヤード系のデータベースにはしっかり登録されて、区別がつくようになっているんだろうけど、ショップサイドに使うデータとしてAPIでは提供されていなかった(今日時点)

APIの仕様などの一次情報はこちら「Product Advertising API」
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/associates/paapi/dg/index.html

とりあえずのその場しのぎで、KDPの個人出版物かどうか判定する方法としては。
・既存の出版社から出ている印刷本もあるKindle本は、アメリカのアマゾン .com では販売されていない。
・個人のKDPの場合は .com でも販売されている。
・アマゾンが管理する ASIN コードは一意のものなので、販売する国が違ってもASINは同じ。

てことで、日本のアマゾン .co.jp とアメリカの .com でASINを検索して両方で販売されていたら KDP個人出版物、だろう。
パブー経由のKindle本は、出版社ではないのに .com での販売はないらしいが、数的に取りこぼしても問題はない

スクリプトでAPIを叩いて回ってもいいし、ブラウザで日米のアマゾンを開いておいてASIN検索してもいい。

上記、ASINを入力して調べるやりかた。
でも、ひとつずつ入力するのは面倒なので、各カテゴリをリストしてその中でKDPかどうか判定して表示させたい。
と思ったら、こっちも難しかった。

たとえば「文芸・評論」→「日本文学」で絞って、APIからXMLを取得して表示させたら夏目漱石の「坊ちゃん」をはじめとする青空文庫が大量に出てきた。当然KDPではない。「有料」だけをカテゴリした BrowseNodeId があるはず、と探して回ったけど見当たらず。一括一網打尽の地引き網で有料のコンテンツだけを引っ張り出すのは無理(何か方法があれば、ぜひ教えてください)
「Kindle本のXMLに販売価格の要素がない」ことと何か関係でもあるのかな。

結局、ASINを入力してKDPかどうかを判断するスクリプトが一本できただけ…ブラウザで手作業でASIN検索することを考えると、ほんの少しだけラクかも知れないけど、あまり役に立たないなあ、とガッカリ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

kindle本の価格が取得できない

2013/1/7 [09:34:06] (月) 天気

AWSのAPIで取得するXMLの中には listpriceという要素があって、これが表示販売価格。なんだけど。kindle本に関してはXMLのどこにもlistpriceが存在しない。

AWSのAPIではkindle本の価格が取得できないのだ。

あれ?ほんまかいな、と検索かけまくったところ、AWSのDiscussion Forums の書き込みを発見。
https://forums.aws.amazon.com/thread.jspa?messageID=395843
「In Product Advertising API(JP), there is no price of kindle ebooks」
2012年10月25日の書き込みで、今日時点まだ解決していない。

AWSを使ったWEBサービスで金額が表示できないのは困る。値段のわからないものなど見に行く気にならない。商品にとって値段というのは重要情報。

てことで、ASINを元に、まずAWSのAPIにリクエストして販売価格以外の情報を取得。次にASINを元に本の詳細ページをwww.amazon.co.jpにリクエストして、HTMLをパースして価格を取得。
とかやってみたんだけど、ひとつの本の情報を取るために2回もHTTPリクエスト。って、そもそも、取得したいのは、自分でKindleストアに並べた本=自分で各種情報も定価も知ってるウチのkindle本だ。こりゃどう考えても無駄だし、ページが重くなるだけだった。

AWSの規約ではASIN以外のデータは24時間以上キャッシュしてはいけない、となっている。時間を見るようにするか検討しつつ、スクリプトの設定ファイルに本の各種データを登録して、そっちをまず利用するように変更した。

でも、なんでまた、Kindle本のXMLには価格が入ってないんだろう。バグか仕様か微妙な感じ、だ。

そういや。12月17日に  KDPセレクトで無料キャンペーンや70%著者印税  で、初めて無料キャンペーンを1日やった時は30冊ほどダウンロードされて、意外と効果がありそう、などと言ってしまったけど、その後2回ほどやった時は、海外アマゾンも含めて10冊程度しかダウンロードされなかった。同じ間隔でtwitterにbotで告知を流したので条件は同じはず。2回目ってことで新鮮味がなかったか。
もし次、別の本でやるときはちまちま分けずに1回で5日間を使い切る感じでやってみるか。
いろいろ試行錯誤は続くなあ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

amazon、kindleストアの販売力

2013/1/3 [20:31:54] (木) 天気

以前も同じような記事を書いた。
「Kindleストアの販売力」http://t2aki.doncha.net/?id=1356587440

現実。ウチの場合app storeとKindleストアに並べてるけど、Kindleストアの圧勝。また、配信事業者に他の電子書店のことを聞いても、koboやgoogleplayは話にならないらしい。

レコメンドメールで、KDPの個人作家の本をおすすめしてくれたので、スクリーンショットを公開。
image 

また、アソシエイトプログラム、AWSの存在が大きい。
個人がブログなどにウィジェットを貼付けるのはもちろん。それ以上に、AWS(アマゾンウエブサービス)のAPIを使ったWEBサービスの存在が大きいのだ。

たとえば、ウチの 趣味は読書2
ここは購入した本、読んだ本を記録していく読書記録、WEB本棚サービスなんだけど、AWSを利用していてアフィリエイトができるようになっている。アマゾンに登録のある本であれば、当然、KDP作家の本も登録できるのでこういうところで表出・露出が期待できる。

ウチの場合は、クローズドで展開してるけど、 ブクログ読書メーター といった、大手で会員数も多いWEB本棚サービスでもKDP作家の本は取り上げられている。そのほか、AWSを利用したサービスはすでにいくつも立ち上がっているので、その数だけ宣伝効果告知効果が得られるはず。

宣伝力のない個人でもアマゾンなら期待してもいい、というのがこういうところ。ほかの電子書店で、アフィリエイトだけじゃなくて、APIを公開して広めているところは知らない。

»電子書籍制作代行についてはこちら

アマゾンの画像表示をココにも

2009/7/11 [21:10:22] (土) 天気

アマゾンの表紙画像を貼り付けられるようにしてみた。
ウチのサイトの構成上、雑記帖、 お言葉データベースカメラリンクページプロフィール など、全部ひとつのモジュールで賄ってるんで、お言葉データベースに表紙画像を貼りつけられる、イコールどのページにもつけられる。
先日のところにも書いたように、いちいちアマゾンにリクエストを飛ばさなきゃいけないので、濫用するとレスポンス低下に直結するけど、アクセス数も知れてるんで、ちょろっと。

いまんとこ、宮部みゆきのおれさまベストがこれ。

 キャラ全員に履歴書背負わせるスティーブンキングズウエイ。「わたし」をもう少しうしろに引いてくれれば、純正統ハードボイルドになるなあ。

[07/12 12:11:10]
ついで、というか。
サイトのtitleやdescriptionのつけかたを変更。あまり深く考えてなかったところだったんだけど、ぐーぐる様に言わせると、よろしくないらしい。このあたりの表示も共通モジュールなんで、ちゃっちゃと変更。

Chrome OSがMS WINDOWSとガチ勝負となって、腐れエクセルも叩き潰してくれるといいんだけど…んなことにはならんだろうなあ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

amazon のAPIで認証が必要になる

2009/5/10 [10:36:02] (日) 天気

英文のメールが来ていたのは知ってた。ふーん、なんか変わるのか、ぐらいで流し…てたら、日本語のメールも来る。AWSという名称を変更するそうだ。
てのは、どうでもよくて、アマゾンにデータを取りにいくのに認証が必要になるらしい。それも5月11日から。猶予期間は3ヶ月ほどあるらしいけど、それまでにパラメータや認証キーを仕込みなおさないとまずいぢゃん。

当然ながら、今日時点では、ありがたく使わせていただけそうな例もまだないのでメモだけ。

新しくパラメータにTimestampが必要
RESTのURI+αを、SECRET KEYをキーにしてSHA256でHASHしてSignatureを生成してくっつける、らしい。
http://docs.amazonwebservices.com/AWSECommerceService/latest/DG/index.html?rest-signature.html
perl のDigest SHA
http://search.cpan.org/~mshelor/Digest-SHA-5.47/lib/Digest/SHA.pm

って、まだ全然わかってないんだけど。

use Digest::SHA qw(hmac_sha256_base64);
my $key = 'ABCD0987';
my $data = 'aiueo12345xyz';
my $digest = hmac_sha256_base64($data, $key);
print $digest;

認証のための署名はこれで作れる。

情報収集して対応しないといけません。

[05/11 10:56:47]
$digest .= '=' while length($digest) % 4;
4で割って余りが出ないように、「=」で埋める必要があるらしい。

http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51211577.html

[05/11 23:46:32]
てことでチェックできた。
従来のURIにTimestampを追加。
Timestamp=2009-05-11T23:34:12Z
署名のためのデータを上記URIから作る。&でバラしてkeyをsortして並べ替えてURLエンコードしておく。

GET
webservices.amazon.co.jp
/onca/xml
上記URI

の4行のデータ。これをアマゾンの秘密鍵をキーに、SHA256でハッシュ化して署名を作る。
URIの最後にURLエンコードした署名をくっつけてできあがり(&Signature=署名)

と、エラソに書いたけど、ハマリがひとつ。何度やっても署名が間違ってる、と撥ねられて、しばし悶絶。あーだこーだパラメータをひとつずつ潰していったら、URLエンコードが原因でびっくりした。

今までずっと
s/(W)/sprintf("%%%02X",unpack("C", $1))/eg
とやっていて何も問題なかったんだよなあ。

# RFC3986
# URI の生成を行うものは
# ALPHA (%41-%5A と %61-%7A), 
# DIGIT (%30-%39), hyphen (%2D), 
# period (%2E), underscore (%5F), tilde (%7E)
# の範囲におけるパーセントエンコードされたオクテットを
# 生成すべきではない

ううううむ。てことで
s/([^0-9a-zA-Z~._-])/sprintf("%%%02X",unpack("C", $1))/eg
にしたら、無事通過。
ひっかかったのはTimestampの2009-05-11のハイフンあたりだったようだ。

とりあえずチェックスクリプトはこれでOKだったんで、週末にでも実装してしまおう。

参考:
http://docs.amazonwebservices.com/AWSECommerceService/latest/DG/index.html?BasicAuthProcess.html
http://docs.amazonwebservices.com/AWSECommerceService/latest/DG/index.html?rest-signature.html
↑こいつを見てたら、ハイフンがエンコードされてないんで、変だなあ、と。

»電子書籍制作代行についてはこちら

変な検診。

2008/6/11 [21:43:10] (水) 天気

健康診断のたびに思うんだけど。バリウムてどうなんだ。消化できないものを体にいれてぐるぐる体を動かして、掻き混ぜて腹の中を覗く、て野蛮とか乱暴じゃないか。まったくなんじゃらほい、だ。
今日行った東社協検診センターてのがバブルな臭いふんぷんで。ホテルのロビーのような待合室。ご丁寧にも熱帯魚の水槽まであった。看護師さんはメイクばっちり、テンプラを食ったばかりのようなパールの口紅をてらてらさせてるし、睫が立ってこっちに突き刺さりそうな勢いだ。終わったらファストフード系の割引券まで…検診にきてメタボの元凶の割引券を渡されるってなんの冗談だよ。
勘違いしてんだか狂ってるんだか。夜は別の商売やってんじゃねえだろな。なんか呆れてしまった。朝からどっと疲れる。

amazonさまべったりでSNSとアフィリエイトを作ってるけど、amazonて大丈夫なんだっけか。たしか、数年前に一度やばかったはず。在庫抱え
た商売なんて、ほうらやっぱり、みてごらんなさい、てことだったような…。webサービスを始めて、ネットでは知らないひとのいない巨大ショッピングサイトになったとはいえ、ふつーのひとはセブンイレブンとかヨーカドーだよなあ。
で、アマゾンもロングテールだとか言ってるけど、それはたしかにそのとおりなんだろうけど、薄利多売ならぬ薄利多種多売ってことで、単純に量さばく商売ってだけのこと。利幅は薄利多売以下だよねえ。もちろんそれってネットだからこそ成立するんだろうし、そのための技術開発や設備投資もハンパじゃないのもわかる。
モノと客が集中しだしたら雪だるまなのもネットならでは、ってヤツ(いちいち探すのも面倒だし、yahooからいけばいいんだろ、てことやね)アマゾンのいうロングテールてのは長いものには巻かれてなさい、てことでもあるんだな。

amazon以外で、本のデータを取得する方法も考えなきゃいかんなあ、と思いつつ、個別に、図書館とか版元のサイトのhtmlからごりごり取得するのは現実的じゃないしなあ。

 [06/12 00:57:45] 
デバッグめも
Dumperとcallerで地道に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
疲れたからもう寝る。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2019/6>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[4 Page]« »
1 2 3 4

TOTAL:2874

2019 (13)
1 (3)
2 (4)
3 (2)
4 (2)
5 (1)
6 (1)
2018 (21)
1 (3)
2 (2)
3 (2)
4 (1)
5 (1)
6 (6)
8 (1)
9 (1)
10 (2)
12 (2)
2017 (32)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
12 (5)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)