ひまつぶし雑記帖

doncha.net制作・発行:KindleやiBooks、楽天kobo、BOOK☆WALKERで読む電子書籍

kindle販売実績これまでのあらすじ

2014/7/22 [10:02:51] (火) 天気

常にこれから始めるひとがいて、いつも繰り返される話題のひとつ。
「ところで、売れるの?」
というやつ。

電子書籍を始めよういうひとたちと話す機会があるので、自分の整理のためにもメモ。
(ウチは2012年10月からkindleで販売を始めていて3年弱ぐらいになる)

ウヒョー売れてるぜ!…てなことはない。
でもありがたいことに1本も売れない月はなくて、毎月売上はある。どこで見つけてくれるのか管理画面で経路までわからないけど、AmazonのアフィリエイトやWEBサービスはインターネット上を広くあまねく覆っているのでタイトルの露出は見込める。販売力は強力強欲強烈で信用できる。

image 
本数ベースだとこんな感じ
(KOLLというのはレンタル/標準というのが有料販売)

無料キャンペーンが60%ほどを占める(※今は無料キャンペーンをやっていない)
無料キャンペーンは、kindleでの販売を始めた最初の頃3タイトルでやったものと、猫写真集(無料キャンペーンの本数のほとんどは猫写真集)
無料で出せばそれなりにダウンロードされるのは確か。
ただ、先日の小説同人誌のひとたちとの電子書籍雑談会でも話題のひとつなったように、有料のものを無料にするのは変だし無料なら無料配布のものを出す、のがスッキリしていてわかりやすい(有料だったものを無料で配るのは有料で買ってくれたひとに失礼です、というお話も)

ちなみに、無料キャンペーンをやればその後そのタイトルは売れるという話も見るけど、ウチの場合無料キャンペーンと有料販売の有意な関連は見られない。


image 
タイトル別(金額ベース)はこんな感じ
今のところは猫写真集が67%ほど占める。Amazonの月替わり公式キャンペーンに取り上げられたのが大きい。
ただ、それだけではなくて、平常時も猫写真集は確実に売れている。仕事で関わっている版元も同じくというか文芸は難しく実用書や啓発本の方が出るという話を聞く。

これは書籍のランキングなどでもやっぱり同じで、
http://www.tohan.jp/cat2/year/2013_1/ (トーハン)
http://www.nippan.co.jp/ranking/annual/ (日販)
トーハン、日販のベストセラーを眺めても小説文芸系は村上春樹など一部。

狙ってジャンルを選べばベストセラーランキングに出ることも可能だと思う。個人出版の電子書籍だからとか版元商業誌だからとか、関係ないところだろう。


作るためのネタ、小ネタは持ってるけど、売るためのネタは持ってなくて申し訳なく思います。はい。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2019/10>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』