ひまつぶし雑記帖

doncha.net制作・発行:KindleやiBooks、楽天kobo、BOOK☆WALKERで読む電子書籍

ストアごとのリンク生成

2014/6/18 [16:38:58] (水) 天気

今日時点、ウチが電子書籍で有料販売しているのは kindleストアと iBookstoreの2つ(無料販売をしているのはiBookstoreとgoogle playブックス、楽天koboの3つ)

ひとつのタイトルを複数のストアで販売しているような場合、ほとんどのところがやってるように「タイトルがあってそこにストアが複数ぶら下がる」表示形式の方が当然わかりやすい…kindleで始まっちゃったもんだから、データの持ち方を間違えていてAmazonのasinをキーにしているので修正が面倒くさいということもあって放置してた。また、AWSのこともあってウチのサイトはあちこちにasinを使ってるはずなんだけど、5分前の自分はすでに他人なので、まるで覚えていない。

影響範囲が大きいので別ページで試してから徐々に修正していく(徐々にkindle以外にも並べるべく)
まずは 「EPUB3::かんたん電子書籍作成」 の右サイドのコンテナでお試し。データベースはいじらずにスクリプトに配列をベタベタ書いて作ってみた。

スクリプト自体は使い回しだし、目新しいこともなく簡単に出来たんだけど、ちょっと気になったのがレギュレーション。

ストアへリンクするのにロゴなど画像を使った方がキャッチーでわかりやすいのは間違いない。kindleの利用規約や商標利用に関するページや、App Storeマーケティグガイド系のPDFをざっとみて…よくわからなかったのでロゴ画像を使うのはやめた。
(といいつつ、App StoreのPDFはこんな使い方しちゃダメですよ、と画像つきでレギュレーション解説があってわかりやすかったです、はい)

サイトを辿ってみると、デザインに合わせてロゴを加工して使ってるところがあるなあ。
また(c)表示も GyaO  http://gyao.yahoo.co.jp/ct/anime/ を見るとページの一番下にごちゃーっとひとくくり。昔から雑誌なんかでも見るやり方ではあるけど、本当なら作品の近くになきゃいけない、はず。

目立たないのでOKのケース、力関係でOKのケース。
ということで、小心者で善良な納税者のわたしは触らぬなんちゃらの日和見。うーん、我ながらデザインだせえ。


今回のperl小ネタ。配列を order by random。

(出典:http://www.din.or.jp/~ohzaki/perl.htm
いつも参考にさせていただいている  「Perlメモ」  のまんま(ありがとうございます)
今さらながら配列のスライスでこんなことができる(for文の最後の行)なんて知らなかった。


[06/19 08:37:59] 追記。
この雑記帖の上に配置してみた。
・カテゴリ電子書籍一覧を表示している時
・ひとつの記事を表示している時
の2パターン。うるさかったら外そうと思ったけど意外に違和感もなかったのでアクセスの様子見してみる。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2019/10>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』