ひまつぶし雑記帖

doncha.net制作・発行:KindleやiBooks、楽天kobo、BOOK☆WALKERで読む電子書籍

kindleストアでブログが本になる?

2012/11/9 [11:52:44] (金) 天気

まず間違いなく、ブログをそのままKindleストアに並べるブロガーというのが出てくる。
アマゾンは内容について判断しないはず(というのは昨日のエントリにも書いた)なので、内容について判断するのはダイレクトに読者で、内容について責任を持つのは著者。このへん、ちょっと危ないところかな、と思った。

金を払うレベルかどうかは別にしておこう。本てのはひとつひとつが違う商品だし、お金を払って満足できるかどうか個々人の感じ方。マスプロダクトのように、一律、金を払うレベル、なんて基準は単純に言えない。最低限、乱丁落丁はクリアしてるのが前提だけど。

ブログ全盛で、一億総コメンテーターとでもいうか、専門家でもないのに・検証もなしにもっとらしいことをドヤ顔で断言しているブログがあちこちに。それはネットだしブログだし掲示板だし、たいした問題じゃない。
でも、これらがアマゾンの市場に電子書籍として並び、カタチを獲得することになる。ネットを巡回してブログにアクセスして「見に行く」のではなく、購入したら「手元にとどめ置かれるもの」となる。有料メルマガと何が違うの?金を払ったら自動的に送られてくるメルマガと、金を払って選ぶ電子書籍じゃ「選ぶ・選ばない」の差がある。

ネットやテレビのワイドショーを見て、コメンテーターの言うことにいちいちツッコミいれたり一緒に腹を立てたりもするだろうけど、その場かぎりのひとごと。でも、金を払って選んで買った本に書かれてることがデタラメだったら、金返せになる。ほんのちょっとした違いだろうけど、ネットやテレビと、購入して自分の物になった(DRMなので自分の物になってるわけじゃないんだけど)ものと距離感の違い。
その本に書かれていることが、実在するひとなり組織なりに関わることだったら。個人が出版して個人が手に負えることじゃないかもしれない(同人誌などにも同じことが言えるけど、市場が限られている同人誌と、アマゾンじゃ土俵が違い過ぎる)
小説のお約束。この物語はフィクションであり云々の但し書きの意味はこのあたり。

とはいえ、電子書籍、そうそう売れるもんでもない。実際は問題にならない程度かも。もしかすると、イベントで売るほうが部数が出るんだ、てなことになるかもしれないし。


てことで、うちがアマゾン、Kindleストアに並べてるのは珠玉の(←ここ大事)小説だけ
kindleストアに並ぶdoncha.netの作品一覧

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2019/9>>
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』