ひまつぶし雑記帖

doncha.net制作・発行:KindleやiBooks、楽天kobo、BOOK☆WALKERで読む電子書籍

PVなんてアテにしちゃいけない

2012/6/23 [13:04:47] (土) 天気

少し前まで仕事で毎日アクセス解析をしていた。
何のためにアクセス解析なんてのをするのかというと、ユーザーの興味はどこにあるのか、ユーザーをうまく誘導できているか、ユーザーが困っているのはどこか、を調べて、地道に地味にサイトを改修、リピータを増やしてひとの集まるサイトにするため。

apacheの生ログが原典。

apacheのアクセスログを見ればスグにわかる。
・どのページに着地したのか。
・どこから来ているのか。
・ブラウザはなにを使っているのか。

apacheのアクセスログをもとに加工・小細工が必要。
・何ページ見ているのか。
・滞在時間。
・離脱したページ。

サイトの構成と合わせて見るべきこと。
・ページ遷移の関連性
・ページの最後まで見てるかどうか。

アクセスログ解析で把握するのは、大雑把にこの3つ。

1と2は単純に集計すれば出てくる。
概略を知るには、google analyticsなどアクセス解析サービスを使えばいい。ただ、この手のサービスは、サイト規模が大きくなると=アクセス数が多いと、数字を足切りされたり丸め込まれたりすることがあるので、注意が必要。

3はページのURLを分類したりそれをもとに集計したり。
サイトの意図を強く反映した解析が必要なもので、市販のアプリやWEBサービスでは痒いところに手が届かない。サイト構成に現物合わせでスクリプトなりを作ることになる。さらに、特集企画などのページを作ってそこから購入に繋げる、なんてことはしょっちゅうあるので、その場その時に合わせて作らなきゃいけない。

てなことをやるにあたって、問題なのが、クローラとかロボットとか言われるアクセス。
googleやbingなどの検索エンジンがページをインデックスするためにアクセスしてくるんだけど、人間じゃないアクセスは、アクセス解析の邪魔。

通常、クローラはユーザーエージェントに bot や crawlerなどが含まれるので、Useragentを見て分別、クローラのアクセスを集計から外すことができる。
ところが、msnbotというマイクロソフト、bingのクローラは、ユーザーエージェントにクローラであることを示す単語が含まれない。ブラウザを使ってアクセスしている人間と区別がつかない。ipアドレスからホストをひけば、msnbot という文字がホスト名入ってるのでそこで初めてクローラだと判断できる。けど、ipアドレスからホスト名を取得する gethostbyaddr は、処理が重い場合がある。ウチみたいな辺境ならともかく、巨大なECサイトなど、アクセスログが膨大な場合、処理するのに時間がかかるのは困る。

たとえば一日あたり。ユニークユーザーが6000とかページビューが50万とかあるうち、雑音として入り込んでもしょうがないよね、という範囲ならいいけど。クローラ・ロボットはいろんな名前、カタチでやってくる。毎日アクセスログをチェックして新たなクローラがすり抜けて混じってないか見なきゃいけない。消耗戦。

ちなみに、apacheのログ解析の定番正規表現。これが最速らしい。

 
ネットの広告屋は「こちら、アクセスがこんなにあって、ページビューはすごいですよ、なのでひとついかがですか」なんてことを言ってるけど、そのアクセス、本当に人間がページを見てるアクセスなのか、また別の話なんだろうな。

image
WEBって、ほんと基準になるものがなさすぎ。 

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2019/12>>
       
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』