ひまつぶし雑記帖

doncha.net制作・発行:KindleやiBooks、楽天kobo、BOOK☆WALKERで読む電子書籍

蒸し蒸しする一日

2004/5/10 [19:54:14] (月) 天気

なぜか会議に呼び出されてあーだこーだ言われてみる。いや、それは別にいいんだけど、止めることで決まったものを急遽別のカタチで継続してやるハメになってびっくりだ。おまけにそれの先があるかどうかわからんというのもミソ。で、そういったモロモロが、わたしの預かり知らぬところで決められていることに不信感と、もっといえばムカつきMAX。え?言ってなかったけ?だのなんだの…。わたしとしてはもう終わるわけだから、次を作るにしても猶予があるだろうと思ってた。
そのせいで、今日はその後、受話器を握りっぱなし。来月売りのデスクワークをゆっくりやっとくか、ぐらいに考えてたのに。

今日の弁当。豆苗・ピーマン・キュウリの炒め物、鮭、じゃこオム、おにぎり。
豆苗ってグリーンピースの芽だと、昨日生協の売り場で初めて知った。炒めてもしっかり感が残ってるんでいいかも。

で、前にも言ったけど、松屋とか吉野屋の300円前後てのはスゲーなぁ、としみじみ。豆苗が128円、ピーマンが100円、キュウリが198円。こうやって弁当を作っても、おにぎりに200円、お茶のペットボトルに130円。それだけで松屋とか吉野屋を超えてしまうのだ。当然、弁当に使う食材や調味料や調理に使う光熱費は別計算。どうやっても300円前後で一食、なんて無理だ。いったいどういうカラクリがあるんだろうか。…朝からメシを炊いて詰めていけばなんとかなるかもだけど、その手間賃を考えるとやっぱり吉野屋・松屋に軍配、だろう。
最近わたしの中で一番の謎が松屋・吉野屋の値段なのだ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2019/10>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』