ひまつぶし雑記帖

音声付き電子書籍の作り方【7】【制作編】音声ファイルを作る

2015/12/18 [07:42:11] (金) 天気

【制作編】音声ファイルを作る

コマンドプロンプト、ターミナルをeasy_epubフォルダで開いてキーボードでコマンドを入力します。

Mac
image
コマンド:
perl say_mac_m4a.pl
perl[半角空白(Space)]say_mac_m4a.pl[Enter]
image
textフォルダに入っている本文のID名を含んだファイル名で、音声ファイルを作っています。
image
音声ファイルは「_voice」フォルダの空だった「multimedia」フォルダに作られます。


WINDOWS
image
コマンド:
perl say_haruka.pl
perl[半角空白(Space)]say_haruka.pl[Enter]
image
textフォルダに入っている本文のID名を含んだファイル名で、音声ファイルを作成します。
合成音声「Haruka」はWAVEファイルで保存されるので、ffmpegでm4aファイルに変換しています。
image
音声ファイルは「_voice」フォルダの空だった「multimedia」フォルダに作られます。


ここまではスクリプトで自動処理ですが、音声の校正・修正はひとつずつ耳で確認しながらの作業となります。

・エディタで「_voice」フォルダにある「_span_split.txt」を開きます。
image
・ファインダー(Mac)、エクスプローラー(WINDOWS)で「_voice」フォルダの中の「multimedia」フォルダを開きます。
image
Quicktimeなどで音声を再生して確認してください。
ファイル名の「say_contents000_1」の部分が_span_split.txtのIDなので、どのファイルがどの文章の音声なのかは、IDで確認できます。

WINDOWSのHarukaは「say_contents000_3」の「ロシアのある大きな町であったことだ」を「ろしあのあるおおきなちょうであったことだ」と、「町」を「ちょう」と読んでいます。この場合「まち」が正しいのでエディタで修正しましょう。
image
誤)「ロシアのある大きな町であったことだ」
正)「ロシアのある大きなまちであったことだ」

修正をしたら音声ファイルを作り直します。全部作り直してもいいですが、ひとつずつ作り直すこともできます。
image
コマンド:
perl say_haruka.pl say_contents000_3
perl[半角空白(Space)]say_haruka.pl[半角空白(Space)]say_contents000_3[Enter]
「perl say_haruka.pl 」に続けて文のIDを入力します(※Macのsay_mac_m4a.plも同じです)

また「say_contents000_23」の「すみっこのはこにこしかけて」を「すみっこのわこにこしかけて」と「はこ」の「は」を「わ」と読んでいます。このような場合は「はこ」を「ハコ」とカタカナに修正すると「わこ」ではなく「はこ」と読みます。

コマンド:
perl say_haruka.pl say_contents000_23

※カーソルキーの「上矢印」を押すと、前回キー入力した
perl say_haruka.pl say_contents000_3
がコマンドプロンプトに出ます。BSキーで「3」を削除して「23」と入力すれば、いちいち全部キーボード入力しなくて済みます。



この音声の校正・修正作業が、音声付き電子書籍制作でもっとも重要で時間のかかるところです。

読み間違いにはクセのようなものがあって、OtoyaもHarukaもよくできる子たちですが、音読なのか訓読みなのか、文脈で読みが違う文(以後「いご」「いこう」)や、人名地名、当て字など判定できずに読み間違うことが多いようです。
また、読み上げ文に、本文にはない句読点を入れることで正しく読んだり、イントネーションの多少の調整もできます。
修正しているうちになんとなくクセがわかって、校正・修正作業の効率はあがってきます。


こうして音声の校正・修正をした「_span_split.txt」はバックアップとして別のフォルダに保存しておきましょう。
音声付き電子書籍が完成した後に間違いに気づいてやり直し、というような場合、あらためて作られた「_span_split.txt」に、バックアップとしてとっておいた「_span_split.txt」を上書きすれば、音声の校正をイチからやり直すこともありません(本文原稿が変わらない場合)


音声付き電子書籍の作り方【8】「【制作編】音声付きEPUB3電子書籍の完成」に続く。 【音声付き電子書籍の作り方】
動画で見る音声付き電子書籍の作り方 (2015/2/22)
音声付き電子書籍の作り方【0】音声付き電子書籍のサンプル動画 (2015/12/11)
音声付き電子書籍の作り方【1】【準備編】Macの合成音声 (2015/12/12)
音声付き電子書籍の作り方【2】【準備編】WINDOWSの合成音声 (2015/12/13)
音声付き電子書籍の作り方【3】【準備編】WINDOWSで音声付き電子書籍を作るために (2015/12/14)
音声付き電子書籍の作り方【4】【準備編】easy_epubとsay_easy_epubの設定 (2015/12/15)
音声付き電子書籍の作り方【5】【番外編】コマンドウインドウやターミナルの使いかた (2015/12/16)
音声付き電子書籍の作り方【6】【制作編】読み上げる文章を抽出する (2015/12/17)
音声付き電子書籍の作り方【7】【制作編】音声ファイルを作る (2015/12/18)
音声付き電子書籍の作り方【8】【制作編】音声付きEPUB3電子書籍の完成 (2015/12/19)
音声付き電子書籍の作り方【9】【番外編】青空文庫に音声をつける (2015/12/20)

»電子書籍制作代行についてはこちら

iBookstoreでブックをプレゼント!

2013/12/18 [17:25:22] (水) 天気

iBookstoreでブック(本)をひとにプレゼントできる!ということでちょっと試してみた。
この機能はゲームや音楽ではすでにあったらしく特に目新しいものではないということだけど、わたしは今回初めて知ったのでどういう手順なのか確認のメモ。

iBookstoreでプレゼントしようと思う本のページで「このブックを贈る」を選ぶ。
image
贈り先のメールアドレスとメッセージを入力。いつ贈るのか選択もできる。
image
テーマを選択って?と思いつつ適当に選んでみた。
image
ギフトを確認する画面。宛先と差出人、メッセージ、贈るアイテムや値段が確認できる。
image
上の画面で「ギフトを購入」するとIDとパスワードの入力が求められる。※この画面にきて初めて購入することになる。
image
IDとパスワードを入力するとギフトを贈りましたという確認&完了画面。
image

先方にはこんなメールが届く。テーマの選択というのはここで使われるのか…。さすが林檎、しゃらくさいことをする。
image
「今すぐコードを使う」をクリックするとiTunesStoreに飛んで、そこでクーポンコードを入力するとプレゼントした本がダウンロードされる。

実際、どういう使われ方をするのか今ひとつぴんとこないんだけど。
本というのは「をを、こりゃすげー面白かったぁー!」となったらひとに勧めたくなるものだし、「ん?この設定はあいつ好きそうだな」とやっぱりひとに勧めたくなるもので、貸し借り回し読みで広がっていく部分も大きいと思う。

プレゼントと貸し借りはちょっと違うんだけど、こういうことからでも広がりが少し出てくると面白いよね。

»電子書籍制作代行についてはこちら

待っててもひとは集まらないのだ

2011/12/18 [20:58:12] (日) 天気

「創作文芸 見本誌会場 HappyReading」に登録を募るため、twitterのダイレクトメールを利用してみた。
サイトはそれなりにできた、と自画自賛したところで、しょせん器を作っただけ。

肝腎なのは中身。

ぼーっと待ってても登録が増えるわけではないので、知り合いにお願いすることから始めて、現時点で8サークル18冊の登録をもらった。少しずつだけど、数が集まり始めると、見ていて楽しい。

ITだWEBだ、とサービスがいくつも立ち上がってるけど、どれもこれもしょせんただの器。よくできた器を作ったところで、中身がなければしょうがないし、中身が揃ったからといって器がエライと勘違いしちゃいけない。
中身を揃えるためには器のクオリティなどあまり重要ではない。たぶん。
選挙というか議員さまたち、地元のイベントに顔を出し、冠婚葬祭も欠かさない。たとえとしていいのか微妙だけど、結局こういった地道な「人づきあい」が大切なんだよなあ。きっと。

てことで、 創作文芸 見本誌会場 HappyReading では、絶賛見本誌募集中!小説同人誌の最初の関門。まず手にとってもらって中身を見てもらうために、立ち読みのテキストを用意してサイトに掲載しませんか!?

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

とりとめなく

2008/12/18 [23:43:01] (木) 天気

アドワーズの資金を増やす、とのことで検討。予算を増やせばそれだけアクセスも確実に増える。けど。効率を考えないとザルで水を掬うことになるだけ。単語の選定とターゲット、サイトのコンテンツを細かくいじっていかないとダメだ。登録当初は表示されてもクリック率が悪いと品質スコアが落ちて表示されなくなるし。胃が痛い。

読書snsのリニューアルは着々と粛々と遅々として進んでるっぽい。まだ書き込みのチェックはしてないし、cssはやっつけで、FireFoxでしか見てない。でもperlのスクリプトは本数的には8割ていどは書いた、かな。チェックしなきゃいけないところがしこたまあるので、完成度としては40%程度。年末にはスクリプトだけでも書いてしまいたいところだ。

そういや。
アニメの製作本数が去年は140ほどだったのに今年は80程度、らしい。日曜朝とか深夜とか。不景気でスポンサーもつきにくいというのに、テレビの枠の値段は変わらず高い。製作費もままならず作品の質も低下するばかり。パンちらアニメは、ロボットアニメの三分の一程度のコストで作ることができる上、視聴率も取れる。そのほとんどが1クールだけの使い捨て。ネットの方もここ2カ月でガタ落ち、という話。コンテンツを作るにもネットに流すにも、集英社講談社角川の作品が欲しい、と。
こりゃどこも大変だ。
ネットがいろんなことを変えて行くんだけど、ネット発の作品が商売として成立しないんじゃ話にならない。今のところネットは既存の作品を消費するだけだよねえ。

なんかなあ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

飲みすぎかなぁ

2005/12/18 [18:06:04] (日) 天気

ゆうべはUOのOFF会というか忘年会というか。久しぶりの水道橋だった。前職絡み、うちひとりはまだ現役の3人で焼酎となべだ。平和出版のをいをいそれって計画倒産じゃないのかとか、相変わらずのネタとか、ちょっとそれ勘弁してくれよとか、いろいろゴシップ系や、UO話に他あれこれごにょごにょと。いやあいかわらずの前職絡みは面白かったですなぁ。

今日はいちんち部屋でごろごろと。
ssh2の設定やpostgresqlのインストール。「新・魔獣狩り」2,3を読んでみる。3巻はちといただけなかったな。話の展開とは別に説明が延々とはいって退屈。

猫砂398祭り中なので、土嚢のように積みあがるまで連日買出しに行かねばなりません。

»電子書籍制作代行についてはこちら

体調がどうもいかんなぁ

2004/12/18 [12:38:27] (土) 天気

昨日もまた見知らぬ土地へ。…ていうか、荒野の真ん中にぽつんと駅。いくらなんでも無茶しすぎだろ、とツッコミたくなるようなロケーションだった。駅前?なにそれ、という。んでもって某センセに車でファミレスまで連れてってもらう。いや、ほんとなんもなくてびっくりだった。んでもって、話してると、もともと凝り性のセンセ、今は「レゴ」だというんでまたびっくり。いつのまにかシェアウエア作ってたり、半田片手にアンテナ作ってみたりするので、今度もどこまでいくのやら、だな。

その後ねえちゃんと合流して船橋ららぽーと。これもまた無茶しすぎのでかさ。お台場とか横浜のショッピングモールと同じなんだけど…でかい。でも、金曜日の夜の割りに空いてるなぁ、と。アクセスが尋常じゃない揺れ方をする武蔵野線ぐらいだろうし「お台場」とか「横浜」に比べると「船橋」は弱いし、客数はこんなもんかなぁ。スケールメリットというか、とにかくデカイんでいろいろ見られて楽しいのにもったいないかも。

で、こうやって足使って動いてると働いてる気になるからアブナイぞ。この臨時窓口業務は仕事という仕事ではない。あくまでも臨時のもの(わたしにとっても漫画家サンにとっても)年内にあと1度か2度ハローに行ってハンコをもらっておかないと、来年早々はコムスンの講座に連日通うことになってるんで、意外と時間がないかもだし。

口内炎は相変わらず腫れてて気持ち悪い…ううむ、どうもいかん。スカッとした体調にならんなぁ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/12>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2830

2017 (22)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)