ひまつぶし雑記帖

KDP登録時の「シリーズ」の表示

2016/12/11 [11:46:33] (日) 天気

KDPに登録する時に「シリーズ」を設定したんだけど、これってどんな表示?どこに表示されるの?というメモ、あるいは小ネタ。

日野裕太郎の12月新刊『うそつき、祈祷師になる』は10月既刊『淀んだ川で待っている』と同じ世界観で登場人物も重なるので「シリーズ」にしたい。

ということで、KDPの登録画面にはしっかり「シリーズ」というのがあるので記入した。
image

ここでシリーズ登録するとどうなるのかというのが以下。

商品詳細ページ。タイトルに続けてシリーズ名が表記されるのはともかく。スクリーンショットの右下を、よぉく、見ていただきたく。
image
小さくてわからないのでその部分だけのスクリーンショット。
image
「類似の本」というリンクになっていた。

せっかくシリーズとして扱ってほしいのに、これは小さい。目立たないよなあ。

でもまあ、このリンクをクリックして開くと
image
と、意図どおり、シリーズとして登録した2冊がリストアップされている。並び順はシリーズ番号の新しもの順(降順)になっている。

シリーズとして一覧してもらうには良いページなので、シリーズ登録ができるのはありがたい、かな。個別の詳細ページでもっとわかりやすいところに案内(リンク)をつけて欲しいところ。

URLを見ると
image
「field-collection」というパラメータにシリーズ名「手業の民の物語」が設定されていた。

ちなみに、どちらも今のところKDPセレクトに登録。KindleUnlimited(Kindle読み放題)なので、プライム会員のかたや、読み放題プランに参加のかたは、無料で読めますので、いかがでしょう。


»電子書籍制作代行についてはこちら

音声付き電子書籍の作り方【0】音声付き電子書籍のサンプル動画

2015/12/11 [08:57:18] (金) 天気

MacやWINDOWSのアクセシビリティやユーザー補助で使われる「合成音声」を利用して音声付きEPUB3電子書籍を作ります。
(【準備編】【制作編】【作ってみる】などと複数回に分けて解説してみます)

音声付きEPUB3電子書籍は、MacのVoice OverやWINDOWSのナレーター、AndroidのTalkbackなどのユーザー補助機能による読み上げと違って、合成音声を電子書籍に付ける際に、人名や当て字、読み間違いなど「読み」を編集・修正できます。
小説などで、登場人物や地名を正しく読み上げることは必須でしょう。

合成音声は、すでに市販されているものがあり、各社各商品のサンプルページも用意されているので、そちらもご覧ください。人に近い、機械音ではない自然な音声が実現されています。
AITalk
http://www.ai-j.jp/
VOICETEXT
http://voicetext.jp/
ボイスソムリエネオ
http://www.hitachi-solutions-business.co.jp/products/package/sound/voice/
※中でもボイスソムリエネオはEPUB3ファイルの読み込み、書き出し機能まであり、編集画面もわかりやすくワープロ感覚で使えます。


ここでは、MacやWINDOWSで使われる合成音声を利用します。
システムの音声なので「無料」で利用できる、というのが一番のメリットです。
(システムの音声を利用して音声を付けた電子書籍は個人利用に限定されます。MacやWINDOWSの使用許諾等でご確認ください)

また、電子書籍作成には 「かんたんEPUB3作成easy_epub」 を利用します。


音声付き電子書籍はChromeアプリのReadiumや、AndroidアプリのHimawari Readerで読み上げることができます。
Readium
https://chrome.google.com/webstore/detail/readium/fepbnnnkkadjhjahcafoaglimekefifl?hl=ja
Himawari Reader
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.green_fld.himawari&hl=ja

(appleのibooksも「固定レイアウト」の電子書籍なら読み上げることができます)

【音声付き電子書籍のサンプル】

このサンプルでは、音声はMacのOTOYAを使用した音声付き電子書籍をReadiumで再生しています。読み上げている部分がハイライト表示されているのが音声付きEPUB3電子書籍の特長です。
(デフォルト状態、文字サイズ変更、白黒反転など、電子書籍ならでは利用方法をご覧ください)



音声付き電子書籍の作り方【1】「【準備編】Macの合成音声」に続く 【音声付き電子書籍の作り方】
動画で見る音声付き電子書籍の作り方 (2015/2/22)
音声付き電子書籍の作り方【0】音声付き電子書籍のサンプル動画 (2015/12/11)
音声付き電子書籍の作り方【1】【準備編】Macの合成音声 (2015/12/12)
音声付き電子書籍の作り方【2】【準備編】WINDOWSの合成音声 (2015/12/13)
音声付き電子書籍の作り方【3】【準備編】WINDOWSで音声付き電子書籍を作るために (2015/12/14)
音声付き電子書籍の作り方【4】【準備編】easy_epubとsay_easy_epubの設定 (2015/12/15)
音声付き電子書籍の作り方【5】【番外編】コマンドウインドウやターミナルの使いかた (2015/12/16)
音声付き電子書籍の作り方【6】【制作編】読み上げる文章を抽出する (2015/12/17)
音声付き電子書籍の作り方【7】【制作編】音声ファイルを作る (2015/12/18)
音声付き電子書籍の作り方【8】【制作編】音声付きEPUB3電子書籍の完成 (2015/12/19)
音声付き電子書籍の作り方【9】【番外編】青空文庫に音声をつける (2015/12/20)

»電子書籍制作代行についてはこちら

もう12月。年末じゃないか。

2011/12/11 [21:33:26] (日) 天気

今年はいろいろあった。と、回想モードに入るにはちと早いんで、またそのうち。7月末から働いている事務所がひとの出入りが激しくて、というのは愚痴にしかならないので、そのうちガス抜きしたくなったら。

文学フリマとかコミティアとかコミケなどの同人誌即売会で、創作文芸、一次創作の小説誌は売れない、手にとってもらえない、というモゾモゾする話題があって、紹介する雑誌を作るとかサイトを作るとか。そこでさらにモゾモゾするのが、「面白いものを紹介する」ということで、ひと悶着・火事場騒動に発展。火事場は面白くていいんだけど。

そもそも、わたしは書評とかレビューを信用しない。読む前に他人のつけた評価なんて邪魔なだけ。

本は、立ち読みができればいいのだ。むかしは、本屋はオヤジやおばちゃんの不機嫌な顔を無視して、立ち読みし放題だった。そこで立ち読みして面白ければ買うし、つまらなければ買わない(話がズレるけど、シュリンクして読めなくしたりするからますます本が売れなくなるのだ、中身がわからない商品なんて誰が買うんだ)

てことで、創作文芸小説誌のための立ち読みテキストを用意できるサイトをでっち上げてみた。
「創作文芸 見本誌会場 Happy Reading」
まだ、データ登録のデバッグ中で、その確認ができたら正式公開。きっと近日公開。今週中にはベータ版公開予定。
数さえ揃えばきっと面白いサイトになる。自画自賛。

会員管理をするのがアレなので、twitterの oauth を使ったログイン認証にして、会員さんかどうかはもう twitter まかせにした。…こりゃラクちん。

それはともかく、体調不良気味。気がつきゃ、もう半世紀使ってる体だしねえ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

悩みはつきない

2007/12/11 [09:22:01] (火) 天気

悶絶。レスポンスが悪いのだ。
ネガティブマージン使って左右を入れかえたり、画面のリサイズをJavaScriptで監視してdiv要素の幅をいじってたり、さらにおまけに1ページ270枚ものサムネイル画像。
画像は、急遽でっちあげた、8枚を一枚に合成して返すスクリプトで様子見(本番では当然全部作成して静的にする)とりあえずこの時点でほんの少し早くなったけど。
ネガティブマージンを使うと、ブラウザは全部読み込んでからレイアウトを決めるっぽい。googleのLoadTimeAnalyzer(?)で見てると、同じようなデータ量の別サイト別ページで、読み込み自体はこちらのほうがむしろ早いのに、表示開始で負けてる。最後まで読み込むのに、こちらは3秒弱、対象にした別サイトでは倍近い6秒弱。ソースを見るとテーブルの入れ子使いまくりなのに、こちらより早いんで愕然。
しょうがないんでネガティブマージンを使わずfooterの位置はなかったものとしてpositionのabsoluteで配置してみる。するとブラウザはある程度読み込むと表示を開始する、っぽい。確かに体感できるぐらいは早くなった。…けど、まだ表示開始が遅い。ちょっとふんづまりを起こしてる。
JavaScriptが、リサイズのために計算してるからちょっと待ってくれと。テーブルタグで作るとたぶんこのリサイズ処理が不要になる。
どうせリスト画面だし、このページだけでもテーブルタグで全面的に書き直すことも考えなきゃいかん。ショップサイトはスピードが最優先。コンマ数秒の違いが売上に直結する、と。じっくり選ぶような商品なら話は別なんだろうけど、ほんとにレスポンスで売上は違ってきそうだし。うううむ…シビア。へろへろ。

webは、間違いなく、文書の論理構造とデザインレイアウトを分ける流れだ。
ブラウザのレンダリングも、検索エンジンも、その方向に沿って表現力をあげるし効率よくクロールするはず。
なもんで、なにかとcssとhtmlの方が都合がよろしい。
テーブルタグを使ってレイアウトすると、今後ちょっとしたレイアウトやデザイン変更に、時間労力など「無駄な」コストが発生して、硬直化したサイトになってしまう。phpやjavascriptを、一度テーブルタグページに埋め込むと、縦のものを横にするだけで、いちから書き直しだ。

…とはいえ、使う側はタグなんて関係ないしねえ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

巧言令色

2005/12/11 [20:36:33] (日) 天気

いや暴飲暴食。昨日のダメージで今朝は下痢とゲロでひどい状態だった。しょうがないんで、こたつにへばりついたまま、Librettoのパッケージの入れ替え作業。ちょっと動くと戻すか下すか頭痛でダウンするか、なので、ちょうどいい…のか。
必要なものは
perl apache emacs postgresql mew skk
念のために
kon php5
あたり。調子にのって入れてたX11系のものは片っ端からdeleteだ。libretto単体でXを使うのはもう無理だしね。
昼過ぎに嫁の作ったおじやを食ったらいきなり復活。胃のひっくり返った感じがなくなり、頭痛と気分の悪いのが少し残る程度になった。ううううむ。暖かいキャベツ汁が薬がわりになったのか。その後もこたつにへばりついたままlibrettoの入れ替え作業。package で安直に入れるわけにはいかなくなってるんで、すべてport→コンパイル→インストール。いろいろつぎつぎと終わる気配がないぞ。ちょっと秋葉原にでかけてNTT東日本のルーターを無線にする追加オプションカードを買いにいって戻ってきて、いまだにあれこれインストールが終わらない。
FreeBSD の portという仕組みは便利で、システムに必要な配布ファイルがなければ、勝手にネット経由で探してくれる…てことは、せっかく買ってきたオプションカードを入れて試すこともできない。
いま、うちのネットワークは、フレッツの光になっており、そのために、モデム→NTT東日本のルーター→IOデータの無線LANルーター。いや、ルーターが2段になっていてなんだかわからんちんなことになる。NTT東日本のWBC V110MというのはもともとオプションでPCカードを突っ込めば無線LANにもなるので、それなら一本化してしまいたい、とずーっと思ってたのだ。
…で、postgresqlを動かすため SYSV 系オプションが必要で、カーネルのコンパイルのやり直しとなって、この時間になっても終わる気配がない。うぬう。

 [12/12 10:06:49] 
てことで、Libretto50への各種パッケージ導入は終了。NTT東日本のルーターWBCV110Mの設定も終了…した、かなぁ。IOデータの無線LANルーターの方がよっぽど説明が丁寧でわかりやすい。東日本のルーターは設定方法がよくわからん。
天気もいいし、部屋でパソコンにハマってないで、ぼーっと出かけるかなぁ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

ナマ声の方がええです。

2004/12/11 [23:05:47] (土) 天気

今日もまた昼前にぼーっと起きてUOとネット巡回。体調がどうもいかんようで、食欲もでない。で、夕方吉祥寺に向かってみる。ていうか、3日ぶりに部屋から出たな…ってそのだらけ具合が体調にいかんかったのかも。
武蔵小金井から吉祥寺まで駅で4つ分、久しぶりに歩いてみた。玉川上水沿いの樹々はすっかり紅葉していて、季節は今ごろようやく晩秋模様だなぁ、などと日が傾いて冷たくなった空気を肌に直接感じてようやく実感した。でも、もう12月10日だし、本当だったらもっと寒いんだろうな、とも。

吉祥寺でねえちゃんと合流して飲んで、ちと飲み足りない感じだったんで、帰りにサントリー白角を買って、吹き替えのギムリに激しい違和感を覚えながら桃屋の塩辛をツマミに飲みたしております。特にゴラムの吹き替え、頑張ってるとは思うけど、これはいかん。
吹き替えがいかんとは言い切らんけど、義務教育の範囲内の英語なんだから、耳で音として俳優さんのナマの声を聞いた方が良いに決まってるだろう、というのがあって、極力英語圏の映画は字幕鑑賞派。

テレビ放映の吹き替えで唯一違和感がなかったのは、クリント・イーストウッドの山田康雄だけだったなぁ。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/12>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2835

2017 (27)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)