SFミステリ名セリフ集 :: ひまつぶし雑記帖

芥川龍之介 | 浅田次郎 | 阿佐田哲也 | アルフレッド・ベスター | アート・ペッパー | 伊坂幸太郎 | 石持浅海 | 五木寛之 | ウィリアムリンク | 上橋菜穂子 | 遠藤周作 | 大森望編 | 小川国夫 | 小川洋子 | 奥田英朗 | 恩田 陸 | 開高健 | 梶尾真治 | カート・ヴォネガット | カート・ヴォネガット・Jr | キース・ピータースン | 黒岩重吾 | グレッグ・イーガン | 河野典生 | 古処誠二 | 佐々木譲 | 笹沢佐保 | サム・リーヴス | 塩崎利雄 | 司馬遼太郎 | 志水辰夫 | J・R・R・トールキン | J・C・ポロック | ジェイムズ・クラムリー | ジャック・ヒギンズ | ジャック・フィニイ | ジョナサン・キャロル | ジョージ・マクドナルド | スティーヴン・キング | 高野史緒 | 高柳秀夫 | 田中光二 | 谷恒生 | タニス・リー | ダニー・マーティン | ダン・シモンズ | テレンス・ファハティ | トム・リーミィ | 中島らも | 梨木香歩 | 夏目漱石 | 楢山芙二夫 | 貫井徳郎 | 荻原浩 | 花村萬月 | 原寮 | 半村良 | 広瀬正 | ビル・プロンジーニ | ピアズ・アンソニー | ピーター・S・ビーグル | P・P・リード | フィリップ・K・ディック | フィリパ・ピアス | 福井晴敏 | 船戸与一 | フリッツ・ライバー | 星新一 | 堀晃 | ボブ・ショウ | ポール・アンダースン | マイクル・ムアコック | マイク・レズニック | マイケル・マン | 万城目学 | 眉村卓 | 宮部みゆき | 森詠 | モーリス・ルブラン | 山際淳司 | 山田正紀 | 山本周五郎 | 結城昌治 | 夢枕獏 | 横山秀夫 | 米澤穂信 | リルケ | ロジャー・ゼラズニィ | ロス・マクドナルド | ロバート・B・パーカー | ロバート・A・ハインライン | ロバート・シルヴァーバーグ | ロバート・ストールマン | ローレンス・ブロック | 渡辺淳一

【収録タイトル】

噂の女 (1979年)
噂の女 (1979年)
結城 昌治
淡い月あかりの下に、幸子の微笑した横顔をみて――どうしてこんな子供みたいな笑い方ができるのか、とミツ枝は不思議に思った。いつまで経っても、そして全身を泥水に浸水に浸すような生活に落ちていても、幸子の笑いは初々しく含羞を失うことなく、暗く荒んだ過去を匂わせなかった。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=114
エリ子、十六歳の夏
エリ子、十六歳の夏
「エリ子は大丈夫よ。しっかりしてるわ」
「しっかりしてるようでも、まだ十六だ」
「わたしなんか十七よ。老後が心配だわ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=1
エリ子、十六歳の夏
エリ子、十六歳の夏
 わたしは墨をゆっくりとすりつづけた。ビニール製の茣蓙を敷いた上に小さな机が十卓ばかり並んでいるが、子供らはみんな帰ったあとで、窓に西日がさしていた。
 ノックの音がした。
 子供らなら無断で入ってくる。小学生ばかりだが、習字より友だちに会うのが楽しくてやってくるのだ。
 しかし、夕方の五時には帰らせることにしている。
 来客の予定はなかった。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=2
エリ子、十六歳の夏
エリ子、十六歳の夏
「金持ちの伜や娘ばかりだな」
「わたしのとこは貧乏よ。親父は酔っ払いで、おふくろはあばずれで」
「兄貴はやくざか」
「あら、誰に聞いたの」
「未亡人さ。それはきみたちの合い言葉か」
「テーマ・ソングよ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=3
エリ子、十六歳の夏
エリ子、十六歳の夏
 土曜の夜は終夜興業の映画館が多いせいもあって、人波が少しも衰えていなかった。ほとんど若い連中だが、それぞれ個性的な服装のようでいながらどことなく似通っていた。どんな奇抜な衣装でも、それが流行になれば画一的になってしまう。流行が個性を消してくれるから、だから若者たちは安心して新宿に集まるのかもしれなかった。
 個性は孤独で不安なのだ。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=4
エリ子、十六歳の夏
エリ子、十六歳の夏
 声をかけられた。
 振り返ると、見憶えのある顔が立っていた。十年ぶりくらいに会う顔だった。もし職業が変わっていないとすれば警察官で、うだつが上がらないでいるならどこかの署の平刑事だった。
 わたしは、警察官を辞めてから20年あまり経っていた。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=5
暗い落日
暗い落日
結城 昌治
人を信じないことによって自分の力を保とうとしている
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=107
暗い落日
暗い落日
結城 昌治
正義のためでも何のためでもない。他人の犠牲によって繕われたものを憎むからだ
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=108
暗い落日
暗い落日
結城 昌治
悲劇の原因は、みんなこの弱さからでたことだ。
今こそ強くならなければならないときにも、彼は相変わらず弱々しく眼を伏せて頭を垂れている。そうしていれば、何もかも許されると思っているかのようだ。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=109
公園には誰もいない
公園には誰もいない
結城 昌治
「低劣な人間は低劣なことしか考えない」
「その代わり、低劣な人間は低劣な人間のやりそうなことがすぐ分かる」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=168
公園には誰もいない
公園には誰もいない
結城 昌治
このいつまでも美しさを失わぬ女は、自分以外のことを何ひとつ分かろうとしない。自己中心的でそのために鈍感になっている。悲劇を観れば涙を流すだろうが、例えばその原因が自分にあったとしても、そういうことには全く気づかないでいられる幸福なおんなだ
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=169
公園には誰もいない
公園には誰もいない
結城 昌治
暗がりで分からないが、相原は含み笑いを浮かべたようだった。
低い人生を投げてしまった者が残り滓を吐き出すような声だ。好きな声ではない。
それはある時期のわたし自身を思い出させる
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=170
公園には誰もいない
公園には誰もいない
結城 昌治
私もまた嘘に慣れている男だった
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=171
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
「ーーマイナスの札ばかり切っていると、ゲームの終りにはプラスの札も一枚くらいだしてみたくなる」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=48
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
「おれは裏切りを商売にして友人まで売った男だ。--そう思ってくれれば沢山だ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=49
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
「とても寂しそうで、不幸に見えた。だから…」
「不幸そうな男が好きか」
「あたしも不幸だったの」
「今は?」
「わからないわ。以前みたいに、幸福とか不幸とかいうことを考えない」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=50
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
「子供の頃洗礼を受けました。しかし神を信じたことはありません。それなのに、わたしは神のことばかり考えている、ばかな話です」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=51
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
「新しい人生か」
森垣は自嘲するように呟いた。新しい人生なんてものは、煙草の吸殻のように転がっているものではないのだ。人生がそれほど便利なものでないくらいは、わたしも承知で言ったし、森垣も充分承知で聞いたはずだった。
しかし、たとえそれが幻想に過ぎないとしても、生きていくには何らかの幻想を信ずることが必要なのだ。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=52
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
すべてに絶望し、何も信ずることがなく、それ故に何かを求めずにいられなくて烈しい行動の中へ自分を投げこむ者がいる。
しかし冷えた心は冷えたままで、結局はまた絶望し、むなしさを他人の夢に託し、他人の情熱に加担することによってようやく自分の存在を意味づけようとする。
他人の情熱の分け前を得て生きるのだ。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=53
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
わたしたちは潔く別れる機会を失い、未来は宙に投げられたまま、香取の生死如何に委ねられてしまったのだ。
わたしたちは未来がないという地点で結ばれていたのに、突然未来が割り込んできたのである。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=54
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
トウは笑った。
声にならぬ笑いだった。相手を嘲る笑いではなく、話のおかしさから洩れた自然の笑いでもない。
自分自身の内部へ向けた笑いだった。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=55
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
人は多くの人々を知っているが、彼らがどうなったかは知らない――何という本で読んだか忘れましたが、ジャン・コクトーはそんなことを言っています。当り前のことを言っただけでしょうが、それをわざわざ言うのは当り前ではありません。わたしは久しく会わなかった人に会うたびにこの言葉を思い出します。センチメンタルな奴だとはおもいませんか」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=56
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
絶望が遅過ぎるということはないのだ。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=57
ゴメスの名はゴメス
ゴメスの名はゴメス
結城 昌治
他人の理解が人の心を慰めるというのは嘘っぱちである。死ぬとき、人は独りきりで死んでいかねばならぬように、生きるときも独りきりなのだ。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=58
死者たちの夜
死者たちの夜
結城 昌治
「きれいなために不幸になる人もいる」
「不美人なために不幸になる人の方がぐっと多いわ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=207
死者と栄光への挽歌
死者と栄光への挽歌
結城 昌治
「本当のことなんて何の値打ちもないかもしれない」
「値打ちなんか問題じゃないわ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=208
死者におくる花束はない
死者におくる花束はない
結城 昌治
「とっておきの人生が、あんたを待ちくたびれてるかもしれませんよ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=209
死者におくる花束はない
死者におくる花束はない
結城 昌治
「嘘をつくには、きみは正直すぎるらしい。別の返事をしてくれないか」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=210
死者におくる花束はない
死者におくる花束はない
結城 昌治
「言いたいことを言ったな」
「言いたくないことでも言うときがある」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=211
死の報酬
死の報酬
結城 昌治
「案外気が小さいのね」
「ぼくの友だちに気の大きいやつがいた。そいつは三回死にそこなって四回目に死んだ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=192
死の報酬
死の報酬
結城 昌治
「気の毒さ。そのせいであいつは神を信じるようになった」
「なぜだろう」
「神様に意地悪されたと考えてるのさ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=193
死の報酬
死の報酬
結城 昌治
「知らないね。おれはどんなことだって知らないんだ。試しにおれの名前をきいてみろ。知らないって答えてやる」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=194
死の報酬
死の報酬
結城 昌治
しかし、ぼくはきみにも会ったような気がする。半年くらい前に博多で会った。人ちがいだろうか、その女は由利という名前だった」
「人ちがいね。あたしの名はキャシー。博多へは行ったことがないわ。由利さんてどんな人だったのかしら」
「きみによく似ている。不幸な過去があったがぼくが会ったときは幸福をつかみかけていた」
「それではきっと博多で幸福に暮らしているんだわ。あなたっていい人なのね」
「なぜ」
「お話の仕方でわかるの」
「踊らないか」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=195
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
「変な人ね。真面目なのか不真面目なのかわからないわ」
「真面目です」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=196
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
「面白くなんかないわ。退屈な人生を複雑にいきるためよ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=197
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
しかし、わたしは何を夢みて生きているのか。例えば仕事について、愛について――わたしは四十歳にもならぬうちにもうすべての夢を見終った気がしている。それでも生きているのは、どこかに夢のかけらが残っているということなのか
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=198
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
わたしは無神経な男だった
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=199
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
グラスに満たした透明な琥珀色は、死んでいった伸枝の悲しみの色だった。わたしは自分の行為に対して安っぽく感傷的になっていた
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=200
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
言葉で許すことは易しい。許すと心に誓うことも易しい。
しかしそれは許せたことと違う
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=201
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
四十近い男が、ひげを剃るとき鏡に写る顔を見なければならぬ気持ちは、やはり四十近くならなければ分からないだろう。五十歳になったときの顔は想像できるが二十歳の顔は忘れている
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=202
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
子供の頃からさまざまの夢にあこがれ、長い夢を見た者も短い夢をみたものも、やがて夢そのもののように消えてゆく。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=203
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
真実などというものにどれほどの価値があるのか
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=204
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
人は多くのことを知りたがるが知らずにいることの謙虚な価値を知らない
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=205
死んだ夜明けに (1979年)
死んだ夜明けに (1979年)
結城 昌治
風が去って、そのとき一瞬の静寂がわたしたちの間に落ちた。重い、わたしには耐えがたい静寂だった。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=206
白昼堂々
白昼堂々
結城 昌治
「ご主人はおられますか」
「主人ですか」
「富田さんです」
「それが何でございまして」
「何ですか」
「何なんでございます」
「わかりませんな」
「はい……」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=282
犯罪者たちの夜―紺野弁護士シリーズ2
犯罪者たちの夜―紺野弁護士シリーズ2
結城 昌治
「急ぎますか」
「忙しいのか」
「習慣的な質問です」
「早いほうがいい」
「それじゃいそぎましょう」
「習慣的な返事じゃ困るぜ」
「分かっています」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=284
炎の終り
炎の終り
結城 昌治
「きみは疑い深い」
「真木さんは嘘がうまい」
「だったらいい勝負じゃないか」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=115
炎の終り
炎の終り
結城 昌治
「しかしあなたは、長い間そのお伽話を信じていた。ことによると今でも信じている」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=116
炎の終り
炎の終り
結城 昌治
「今なら間に合うという時機がある」
「何に間に合うの?」
「いろいろなことだ。きみの将来のすべてと言っていい。その時機はとても短くて、気がつかぬうちに過ぎてしまう。ぼくがこんなことを言うのは、その時機を逃して後悔している者を大勢知っているからだ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=117
炎の終り
炎の終り
結城 昌治
「女の気持ちが分かってないわ」
「そうかも知れない。だから女に逃げられた。だが、愛したことはある」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=118
炎の終り
炎の終り
結城 昌治
女は男よりも、過去の自分に生きようとする。男の将来より、女の過去の方が思い場合がある
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=119
幻の殺意
幻の殺意
結城 昌治
「あたしをバカにしたつもり?」
「聞こえない方に耳に言ったんだ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=155
幻の殺意
幻の殺意
結城 昌治
おそらくそれは彼自身がようやく自分に問いかけ始めた疑問にちがいないのだ
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=156
幻の殺意
幻の殺意
結城 昌治
おれは結局駄目だったけどな。あいつはいい奴だと思ってたんだ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=157
幻の殺意
幻の殺意
結城 昌治
疑う術も知らずに信じきっていた生活がすべて幻影にすぎなかった。惨めな気持ちだった。その惨めさに気づいている自分がやり切れなかった。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=158
幻の殺意
幻の殺意
結城 昌治
私を拒みながら失望させまいとしている。そして一方彼自身は誰にも言えぬ絶望に落ちている
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=159
幻の殺意
幻の殺意
結城 昌治
自分の内部の大事な物を抑えつけて生きているようだ。わたしは彼が飢えているような気がした。あの悲しい眼は飢えを知りながら満たされることを諦めた眼ではないのか。
しかし何に飢えているのか、それを愛だと言ったら彼は大声で笑うだろう
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=160
幻の殺意
幻の殺意
結城 昌治
大切なのは忘れることで傷の深さを語り合うことではなかった。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=161
真夜中の男
真夜中の男
結城 昌治
――ぼくは旅をするような気持ちで彼女の過去を辿ろうとしている。そしてこの旅が終わったらやり直しの人生を始めようと思っている」
「ロマンチックなのね」
「そうじゃない。自分の気持ちにけりをつけたいんです」
「何となくわかるわ。あなたの気持ち。あたしも何度もやり直そうとした。でも駄目だった。いつまで経ってもけりがつかないわ。けりなんて一生つかないわね」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=237
真夜中の男
真夜中の男
結城 昌治
過去は過去だという考え方はできなかった。もし新しい人生が始まるとしたら、その前に片付けておかなければならないことがあった。
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=238
夜の終る時
夜の終る時
結城 昌治
「おれも足を洗うつもりだ」
「足ってものは洗うときれいになりますか」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=321
夜の追跡者 (1978年)
夜の追跡者 (1978年)
結城 昌治
「ぼくは肝心なことを聞き忘れていた。きみは何をしにここへきたんだ」
五郎は暗い窓に向かって言った
「分からない。あなたがやさしかったせいかも知れないわ」
[link] https://t2aki.doncha.net/books.pl?bookid=322