ひまつぶし雑記帖

メモ。EPUBリフローfix混在とか振込手数料とか

2012/11/30 [16:15:53] (金) 天気

[2年以上前の古い記事です。現状とは違っているので削除されました]

»電子書籍制作代行についてはこちら

iTunes connect でリジェクト

2012/11/29 [11:55:48] (木) 天気

またアプリがリジェクトくらってしまった。
今まではSakuttoBook のプログラム対応(iCloudの扱いや、In-App Purchaseの扱い方)だったんだけど、今度は小説のエロ描写でひっかかった。ここであまり多く書くと、今度はまた別のガイドラインにひっかかってアカウント抹消ということになりかねないのですこしだけ。

ガイドラインには、子供の目に触れても大丈夫なもの、というのがあって、たぶんこれが大前提。

今、すでにかなりの本数の官能小説、エロ小説の電子書籍アプリがapp storeに並んでる。もちろん、ひと目でわかる画像に関しては、わたしが見た限り慎重というか昔々昭和40年代ごろのロマンポルノで使われていたような、イメージカット。
なので、画像でぎりぎりかなと思ってた。ところが、指摘されたのは文章。17才以上の年齢制限つけてるんだけど、アップル自身がペアレンタルコントロールを信用してないってことか。
審査基準について、こちらがあれこれ言ってもしょうがない。通る時は通るし、通らない時は通らない。あっちがOKなのにどうしてこっちはNGなのか、あっちはあっち、こっちはこっちということ。
エロ漫画の編集時代、都条例にひっかかったり、警視庁に呼ばれた時の、担当者とのやりとりの記憶が蘇る。相手のテーブル・土俵でやることだ。文句があるなら絶対権力者にでもなるしかない。
[11/29 14:36:51] 追記。 ただ、日本のやりとりは「わかってるよな」「うーん、でもそこいわれると食えなくなっちゃうんすよ」「だめだめ」といいつつ配慮というか、続くうちに(続けたくはないけど)妙な信頼関係というか信用みたいなものが微妙に。ハゲの毛髪、フケ程度には生じる、かも。このあたり、文書で明確にしろ!というのだけが正しいとは言えない、お互いの腹芸運用。その点、アメリカの会社はどもならず泣きっ面に蜂の目に合うだけなのでアレだ。

ということで、指摘された官能小説を外して再申請。せっかく原稿をお預かりしたのに、形にできず、本当に申し訳ありません。会社規模でアプリをリリースしているなら、たぶん、ごそごそいろいろやりようもあるんだろうけど、個人じゃ歯が立たない。(イラストには買い取り原稿料も支払ったので実害も)

噂レベルの話。
年内には appleの iBooksストアも日本でオープンされるという。アメリカではすでにその傾向があって、単純な電子書籍アプリは審査に通りにくくなっている、らしい。当然といえば当然で、電子書籍を出すなら iBooks ストアで出せよ、ということ。アプリで出したいなら、アプリならではのコンテンツにしろよな、と。
ロイヤリティがどうなるのかわからないけど、iBooksストアがオープンしたらそっちにも出すことを考えておくか。あっちが駄目ならこっちで、転んでもタダでは起きない(なんのこっちゃ)

電子書籍書店。KindleストアとiBooksストアの一騎打ちに日本のストアは食い込めるんだろうか。

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select
コミティアや文学フリマで同人小説を頒布している日野裕太郎さんやくまっこさんの小説を収録。
くまっこさんの朗読音源や、日野裕太郎さんのPC同人ゲーム体験版などもあります。

Kindleストアにて販売中!
著者:日野裕太郎
イラスト:ハルノブ、おおぬまひろし、にくきうー、みさわりょう、てぃるよし
でもほら繁殖するしかないの
猫神リスペクト
星待ち花の揺れる庭
陽だまりうたた寝若桜
アロイのやさしい神さま
いつもの夕餉
梅の選択
おかえりください
あかるいほうへ
上記Kindle本・縦書き小説を作成したページ
EPUB3::かんたん電子書籍作成

kindleストアにKDPで登録したときの記事
kindle KDPで電子書籍出版
EPUB3の作成についての記事
EPUB3作成webサービス

»電子書籍制作代行についてはこちら

ImageMagickで画像に文字を埋め込み

2012/11/26 [21:06:56] (月) 天気

[2年以上前の古い記事です。現状とは違っているので削除されました]

»電子書籍制作代行についてはこちら

kindleのシェアは同人誌読書会になるか!?

2012/11/24 [18:03:46] (土) 天気

kindleでは読んでいる小説など、文章の一部をハイライトしてシェア=ネットで共有することができる。たとえばある一冊。複数のひとがそれに対して傍線をひいたりコメントをつけられる、ようなイメージ。kindleで読んでいて「あれ?なんかここハイライト表示されてるぞ」と思ったらそこは同じ本を読んだほかの誰かがチェック入れた、ということかな。

この機能自体あまり宣伝喧伝されてないようで、まだ試行錯誤中かも知れない。ネタバレも含めてよけいなお世話だと感じるひともいるだろうし、このフレーズが人気なのかへええと共有することに面白みを感じるひともいるだろうし。

https://kindle.amazon.co.jp/profile/t2akii/14771871
↑kindleで共有するとこんなページができる。

個人作家、同人誌が商業出版にまるで歯が立たないところが部数。
読んだ本に関して、共通する・共有することが難しいので、継続や広がりが見込めないことだと思う。
「これ面白かったよ」「ああ、おれも読んだよ、確かに!」「でも、ちょっとここが物足りなかったかなあ」「いや、でもその分キャラがさ」などなど。

読んでない本が面白そうに話されていたら、本屋さんで見かけたら手に取るだろうし購入するかもしれない。でも個人作家の本や同人誌は売ってない手に入らない。イベントでせっかく買ってもらって、面白いと思ってもらっても、その次がなかなか難しい。

いわゆる読書会。わたしの学生時代の読書会は、特定の作家について、あるジャンルについて「事前に」本を読んでいって、主宰の用意したレジュメに沿ってみんなでその共通する本についてわいわいがやがや。読んでない本があったらその場で読む・借りる。というもので、それなりに面白かった記憶がある。

コミティアが主催する読書会。これはイベントで読み切れなかった探しきれなかったひとのための、同人誌の回し読み会。それはわたしが経験した読書会とは性格が違うもので、発見するための読書会。部数も出会う機会も少ない同人誌にとってはとても有意義なものだ。

こんなところで、電子書籍の出番となる、のかな。
もちろん、紙印刷の本がいいというのはあるけど、それはおいといて。電子書籍にしておけば「一冊の本、ひとりの作家について『事前に同じ本を読んで』わいわいがやがや読書会」を開くことができる。このシェアされたページが、読書会がわりになる、かも。
このあたりの強みを生かして、広がりに繋がればいいんじゃないかと思う。

[11/25 10:29:50]追記。
Kindleパーソナルドキュメントサービスというのもあるのか。
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=help_search_1-1?ie=UTF8&nodeId=201017480&qid=1353231076&sr=1-1

これを使えば仲間内で「来週の読書会の課題図書はこれなー」というのができる。

↓パーソナルドキュメントサービスのわかりやすい解説ブログ
Kindleパーソナル・ドキュメントサービスとは 代助のブログ


[2013/12/05 16:08:42] 追記。

準備
https://kindle.amazon.co.jp
 kindleのページを作る(Amazonのアカウントと同じメールアドレス、パスワード)
・配布されるパーソナルドキュメントを受信する

読書会
・kindle端末orアプリでパーソナルドキュメントを読む
 メモをつけたりハイライトをつけたりする
・kindleのページを見ると
image
↑こんな感じ。
読んだ本のページがあって、そこには他の人のメモ(note)やハイライトされた箇所が一覧される。
パーソナルドキュメントで仲間内だけ回し読みっぽく遊べる。

[2013/12/07 15:01:48]追記
嘘ついてました。
パーソナルドキュメントは読んだ本の一覧ページには出てきません。

てことは、パーソナルドキュメントで読書会にするには、twitterにシェアで投稿する時にハッシュタグを利用するしかなさそう。いまいち使い勝手が悪い、か。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

kindle paperwhiteがきた!

2012/11/21 [11:51:28] (水) 天気

一昨日11月19日に予約していた Kindle Paperwhiteが届いた!

カバーで一覧する。EPUBで作った時点では、表紙もカバーも同じ画像。KDPに登録するとよきに計らってくれる、のかな。
image
表紙用は、iPhone電子書籍用に作ったものを流用。kindleは縦横比1.6なので、左右に空白ができてしまった。両方で使う場合を考えて作る必要がある。カラー画像なんだけど、モノクロ表示のことを考えて、コントラスト強めに描いてもらった方がいいかな。
image
画面の上部をタップするとメニューが出てくる。この中の「移動」というやつがkindleの目次
image
これはHTMLの目次。画面右上端に折り目みたいになっている。これはもしかすると Spineで linear=no としてるからかも。この目次項目タップで該当ページまで飛ぶんだけど、こうやって数字だけの目次はタップしにくいだけ。この程度の目次ならかえって邪魔。
image
kindleのメニューの「移動」をタップすると、このkindleの目次が現れる。EPUB3でKindleに目次を入れる方法がいまいちわかってなくて、HTML版の目次とtoc.ncxの両方を入れておいた。もしかするとこれはtoc.ncxが使われてるのか?
image
シェアしたところが、ハイライト表示されている。同じ本、ほかの人のシェアしたところもハイライトされる、らしい。他人の横線、傍点、メモが入り込んでくるソーシャルな機能、ということなんだろうけど、うーん、どうだろ、うるさいような気がする。
image
ライトの設定。最低輝度で十分読める。暗い部屋で明るくしすぎると目が疲れた。
image

ということで。
アマゾンに並べた電子書籍のリスト
手前味噌だけど、ホラーや青春もの、癒しの物語などオススメです!短編だと100円からあるので、気楽に読んでみてやってください。

»電子書籍制作代行についてはこちら

app store vs kindleストア

2012/11/16 [08:29:28] (金) 天気

現状、よろよろしながら半年ほどapp storeに並べたiPhone電子書籍アプリと、10月26日からkindleストアに並べ始めたkindle本と、ぶっちゃけしょぼい比較でしかないけど、比較するとamazon、Kindleストアの方が売れている。

宣伝や告知など、両方同じようにtwitter中心で、iPhone電子書籍の方は専用ページも作って告知範囲も広げた。にもかかわらず、Kindleストアの方がいいし、今後も期待できる動き。
もちろんストアオープン直後のご祝儀もある。でも、オープン祭りが終わっても、電子書籍に限っていうと。Amazonの販売力の方が上だろう。
iPhoneアプリ市場はコンビニのようなもので、アイスクリームやUSBメモリ、おにぎり、おでんと同じところに本が並ぶ。Amazonもお米や地方の特産品、靴なんかも並んでいるけど、「本を買いに行く」「書店である」というイメージは確立されている。本を買いたいと思ったらまずAmazonだ。
ランクインして売れだすと http://togetter.com/li/407872 このまとめにもあるように、一日3桁も期待できる。って、これは「Gene Mapper」作者、藤井太洋さんが 専用サイト 作成やリスティング広告、読者とのソーシャルメディアを通じての交流など、努力を積み上げて掴んだ結果。同じことができるか、また同じことをして同じ結果を得られるとは限らない。

でも「個人作家でもやれる」実例があるのは心強い。

iPhoneアプリも個人のアプリ制作者・プログラマの成功を聞くけど、残念ながら電子書籍では聞かない。

アップルがiBooksストアを日本でオープンしたら、amazonと勝負になるのかな。
現状のままだとすると。iPhoneアプリ、app store の意味不明の審査、エロや表現についての検閲もどき、レスポンスの悪さはありえないと思ってるんで、やっぱりkindleに注力したい。

EPUB3で縦書き小説を作成→ EPUB3::かんたん電子書籍作成
(↑縦書き例スクリーンショット http://t2aki.doncha.net/?id=1351472636

ということで。
アマゾンに並べた電子書籍のリスト
手前味噌だけど、ホラーや青春もの、癒しの物語などオススメできます。短編だと100円からあるので、気楽に読んでみてやってください。


こちらはiPhone電子書籍アプリ 「小説同人誌Select」
https://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8
小説同人誌Selectというこのアプリは無料で、中に有料の小説が収録されてます。無料サンプルもあるので、まずは立ち読み感覚でダウンロードして、気に入ったらその作品を購入してもらえるととてもうれしいです。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2012/11>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2835

2017 (27)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (3)
10 (2)
11 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)