ひまつぶし雑記帖

小説同人誌は地道に根気づよく

2012/9/26 [16:37:25] (水) 天気

小説同人誌は売れない。まず手に取ってもらうことから、というのはよく言われること。
商業誌の場合は、新刊やフェアとして一斉に全国の書店に並ぶ・書店内にポスターやpopがある。「あ、これのことか」「さっきも見かけた」「へー、こんなのか」という共時性・共有力みたいなものが、本を手に取る大きなきっかけ。これを小説同人に求めるのは無理。せいぜい、ネット、自分のサイトやSNS、WEBサービスで告知するぐらい。それも当然ながら「現物が目の前にある」強さにはかなわない。
また、商業誌の場合は、版元のブランドもモノをいう「ここが出してるなら大丈夫」、雑誌で書評家という立ち位置の人間のオススメ「このひとの言ってたの面白かったなあ」という信用が、本を手に取るきっかけとなる。同人誌は、同じ趣味志向の人が、同じ立ち位置でやっているという意識がある。そこにブランド・権威を持ち込むのはそぐわない。オススメ系コンテンツも慎重に考えないといけないところだ。

ということで、妙案など浮かぶわけもなく(小説内容の充実・レベルアップは当然として)地味で地道に。
その1
・出られるイベントはすべて出る
・出るイベントには新刊を用意する
・次回出るイベントを自スペースで告知する
・自スペースのディスプレイはころころ変えず統一感を出す
・サイト持ちならそちらの告知もして、その2に繋げる
その2
・アマゾンや自家通販、ダウンロード販売等、イベント以外で入手する方法を用意する
・自サイトやSNS、WEBサービスでイベント参加情報を出していく
その3
・アンソロ参加などで名前の出る場所を増やす、ひとも巻き込む
・イベント内で企画を立てる・企画に乗る
具体的なディスプレイ、POPなどはともかく、やることはこんな感じかな。今さら言われなくても、んなこた100年も前からやっとるわ!というサークルもいるとは思うけど、やることもやらず目先の結果だけで、売れないと愚痴が目についたりするので、上目線の記事を仕立て上げてみた。

親戚のおっさんのようなまとめになるけど「継続は力なり」

[09/26 17:58:51] 追記
まずはサークル、著者の認知度をあげて(WEBに出回る胡散臭い用語でいうと)セルフブランディングに繋げるのが大切、ってことだなぁ。

↓わざとらしく宣伝も入れておくのが大人の流儀。今、審査に出してるiPhone電子書籍の目次
image 
小説同人誌Select  公開中
・iTunes Store はこちら→ http://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8


 

»電子書籍制作代行についてはこちら

紀伊国屋「ほんのまくら」もどき

2012/9/24 [16:57:53] (月) 天気

創作文芸見本誌会場HappyReadingに企画ページ新設。久しぶり。いや、ここんとこ請負仕事も進んでないし、iPhone電子書籍アプリのiOS6、バグ対応もなしのつぶて。ぼーっとしてると脳みそが腐りそうなので、頭を使わなきゃ!というのが主たる目的。それにはスクリプトいじり。ということで、最近話題だった紀伊国屋書店の企画「本のまくら」をリスペクトとかインスパイアとか、ひらたくパクった。
本のタイトルや著者名を伏せて、本文の冒頭部分をカバーにして陳列する、というもので、小説は冒頭1ページも読めばわかるとか、小説家は書き出しに命をかけるとか。確かに面白い企画で、売り上げも「驚異的に」伸びたらしい。(企画としては面白いと思うけど、「本」はタイトルや装丁、デザインも含めたパッケージ。中身だけ冒頭だけの売り方に諸手をあげて賛成かと言われると、ちょっと違うような気がする。てのはともかく)
image 
http://books.doncha.net/happy-reading/list_tachiyomi.pl
HappyReadingではサークルさん(作者さん)に、立ち読みのテキストを登録してもらっているので、その冒頭部分10行ほどを並べてみた。自画自賛というか、今日時点で195冊、冊数分だけ、いろんな文章があって面白いなあ、としみじみ。今までも立ち読み用のポップアップはあちこちにつけてるんだけど(ポップアップのために限らず)「クリック」などのアクションはハードルが上がるところ。今回追加したページでは、1ページ内に複数の作品の冒頭部分が読めるので(読むためのアクションを必要としない分)気楽になった。どんな話なのか、冒頭だけでなんとなく想像がつくし、いろんな作品が一ページに並ぶので、自分好みの作品を見つけやすくなった印象。本屋で立ち読みするときってこんな感じで、パラパラめくっては次、また次、だったなあ、と。
で、やっぱりここでも問題なのが、WEBの・ブラウザの貧弱な一覧性。紀伊国屋だと本の情報がそれこそ奔流のように飛び込んできてさぞ楽しかろうと。なのに、WEBだとこうやって並べてせいぜい6冊。
表紙ビジュアルなら、↓こうやって195冊を小さくずらーっと並べてもそれなりに見られる。
http://books.doncha.net/happy-reading/simple_list.pl

でも、文章は小さくするわけにもいかず。とりあえず、6冊全部を総入れ替え(再読み込み)するパターンと、一冊ずつ入れ替える(Ajax)パターンをつけた。一度表示してあるものはすぐに再び出てこないように小細工もした。

「今、目の前にあるもの以外のものを見てもらうために」どうするのか、ページを作るのに毎度毎度悶絶するポイントだよなあ。ううううむ。


[11/19 16:41:14] 追記。創作文芸同人の小説を電子書籍で販売中

アマゾンkindleストアに並べた電子書籍のリスト
手前味噌だけど、ホラーや青春もの、癒しの物語などオススメできます。短編だと100円からあるので、気楽に読んでみてやってください。


こちらはiPhone電子書籍アプリ 「小説同人誌Select」
https://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8
小説同人誌Selectというこのアプリは無料で、中に有料の小説が収録されてます。無料サンプルもあるので、まずは立ち読み感覚でダウンロードして、気に入ったらその作品を購入してもらえるととてもうれしいです。

»電子書籍制作代行についてはこちら

愚痴:思ったようには進まないものだ

2012/9/18 [15:45:23] (火) 天気

夏場(ってまだ終わってない)に動いた件が思うように進まず、夏バテもあってげんなり。
7月から始めて8月お盆にはひととおり納品した請負仕事の案件が、9月もこの時期になって、まだ先方作業中。いまデザイナー作業らしい。にしてもなあ、ひとのメールを読んでないのか、理解力読解力なのか、それとも文章力なのか。同じことを何度も聞かれると疲れる。事情・背景を説明しすぎて要点が伝わらなかったか、と思って、用件を箇条書きにしたら、全然怒ってもないのに気分を害したらすみませんと言われたので、また少し考え方・方向性の説明をつけたしてみたり。今さらメールの書き方で悩むとは思わなかった。
直接、対面でその度、べちゃくちゃしゃべって解決&決定した方が早いし確実だった。先方常駐ってワケではない請負仕事、メールでの意思疎通の問題かも知れないけど。決めたことを、後になって・原稿が終わってから先方都合で変更されると困る。え?それってOK出てからやってんのになんでそんなこと言い出す?メールにも書いてたよね?という心配が的中。事後承諾とお詫びのメールをしたんだけど、今後は難しい・厳しい。それに、3ヶ月引っ張られたんでは、他の予定も立たないし、割に合わない。

「小説同人誌Select」を制作するのに使っているソフト、SakuttoBookのバグもまいったなあ。最初、一作品だけしか収録してなくて、作品が追加されたら宣伝・告知もしようとやってたのに、その追加したバージョンからバグが混じって弱り目に祟り目踏んだり蹴ったり。購入したものがなくなってしまうなど致命的なことはないけど、本体の電源OFFもしくは再起動のたびに、アプリが異常終了するので、アプリ削除・再インストールが必要…って、ありえない。
この「小説同人誌Select」は、8月お盆に公開してから、まだ有料コンテンツの販売本数は自分購入分4本を除くと5本程度。でも、無料の本体はたいした露出もないのに週末で30〜40本@1日、平日10〜25本@1日のダウンロードはある。今、収録中の日野裕太郎さん以外の作家さんの追加予定があるので、その時点でバグフィックス、iOS6対応をチェックして、ふたたび、twitterなどで告知作戦をする。(すでに初稿で読ませてもらった追加予定の作品もオススメ。早くいろんなひとに読んでもらいたい)
このアプリが落ち着いて運用できるようになったら、今、進行中の作家さんのほかにも声かけ・募集を始めて(著者印税40%でお願いしてます)こっちを充実させたい。
こっちの開発元はレスポンスが早いので、今週中にはバグ対応を期待できる、かな。
image 

[11/19 16:42:42] 追記。てことでいろいろやっておかないといけません。

アマゾンに並べた電子書籍のリスト
手前味噌だけど、ホラーや青春もの、癒しの物語などオススメできます。短編だと100円からあるので、気楽に読んでみてやってください。


こちらはiPhone電子書籍アプリ 「小説同人誌Select」
https://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8
小説同人誌Selectというこのアプリは無料で、中に有料の小説が収録されてます。無料サンプルもあるので、まずは立ち読み感覚でダウンロードして、気に入ったらその作品を購入してもらえるととてもうれしいです。

»電子書籍制作代行についてはこちら

さいたま新都心のビール祭り

2012/9/16 [16:02:39] (日) 天気

楽しかった。以前来たとき同様、お店の種類が多いし、基本的にどれもワンコイン、500円〜あるので懐にも優しい。
http://www.kizuna-avenue.jp/~beer_keyaki/
ピクニックシートも販売しているので、席が取れなくても、とりあえずどこかに座ることはできる。福島など東北から沖縄までいろんな地ビールが揃うし、つまみに、サザエやアワビまである一大屋外居酒屋イベント。飲み比べセットで黒ビールやピルスナーなどから始めて、ゆっくりたっぷり。すっかり二日酔い。
image 
ビールの飲み過ぎでベロベロで帰宅してメールをチェックしてみたら、SakuttoBookのバージョンアップのお知らせが来ていた。って、SakuttoBook最新版ver2.0に、わりと致命的なバグがあったので、その修正版。
・本体の電源OFFや再起動するとSakuttoBookアプリがエラーで落ちる。
・一度本体から削除して、再インストールしなければならない。
今「小説同人誌Select」がまさにその症状で、一度電源落としたり、再起動したら、アイコンタップしても何も起こらない。アプリを削除して再インストールするしかないんだよなあ。検証してるんだろうか、と疑いたくなるバグだ。

ということで、さっそく作り直してみたら。
うううむ、iOS6がらみなのか、今度はテスト環境で購入ができない。エラーになる。
iOS6対応をしてもらわないとダメかもしれんなあ。秘密鍵の作り直しとか、In-App Purchase 対応とかよくわからんけど、やらなきゃいけないことが、どっさりありそう。まだまともに販売できてないのに、困ったもんだ。まったく。



現在公開されている「小説同人誌Select」には以上のバグがあります。購入したものがなくなったり、再度購入する必要などはありませんが、再ダウンロードを必要とする場合が多くなっています。ご不便をおかけしています。申し訳ありません。対応を急いでアップデートしますのでよろしくお願いします。

小説同人誌Select  公開中
・iTunes Store はこちら→ http://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8

»電子書籍制作代行についてはこちら

ネットの原稿料

2012/9/13 [14:55:56] (木) 天気

いやもう安すぎてびっくり。前にも書いたけど、ほんと、安すぎてびっくり。
「ネット記事の原稿料」 http://t2aki.doncha.net/?id=1339236601 ←以前の記事はライター、文章の原稿料について。

イラストの原稿料もまた格安。わたしが編集でやってた10年前の相場。漫画のモノクロ1ページはレギュラーで7000円〜(もう少し安いひともいたか)。売れっ子で10000円〜。カラーは1ページ最低15000円〜。表紙イラストは50000円。零細出版社のエロ漫画雑誌=底辺でもこの程度。(もちろん、漫画とイラストでは違うんだけど、比較対象に知ってる範囲)

ところがネットのイラスト原稿料は相場もなく、伝聞によるとカラー1点3000円とか、タダでやってくれとか。呆れた話が転がっている。企業が、創作物・成果物にろくな対価を支払わない、ってどういうこと。

ちょっと考えてもわかりそうなもんで。1点3000円で、例えば1日かかったとしたら、日給3000円だ。行政の定める最低賃金どころじゃない。そこには技術料も含まれるというのに。

プログラマとかエンジニアには日給計算すると20000円以上は払ってるはず(前職のおれだ)偏見むき出しで言ってしまうけど、プログラマ・エンジニアは何も創造していない。サービスだなんだとウツワを作ってるだけ。肝心の中身を創るのは作家、漫画家。コンテンツを創っている人間に対してもっと評価しないといけないんじゃないのかね。

今の請負仕事はカラー1点10000円で回してもらってる。それでも印刷物に比べると安くて、なかなかお願いできない。旧知、または知り合いづてに何とか受けてもらってる状態。印刷出版と違って、ネットは金にならないので厳しいのはわからないでもない。でも、企業もユーザーも、ネットはタダという意識ばかりでマズイよなあ。


小説同人誌Select  公開中
・iTunes Store はこちら→ http://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8

»電子書籍制作代行についてはこちら

小説同人誌電子書籍アプリに作品追加その1

2012/9/11 [10:25:54] (火) 天気

今回、「小説同人誌Select」に追加した作品は、日野裕太郎さん(イラスト おおぬまひろしさん)の「いつもの夕餉」「梅の選択」「おかえりください」の短編3本。以前、同人誌「帰り道がわからない」として頒布していたホラー短編集を校正・修正し、表紙イラストを新たに描き下ろしてもらったものです。おのおの趣向の違う恐怖をお楽しみください。無料サンプルに少しだけですが収録してますので、アプリを気軽にダウンロードしてご覧ください。
http://books.doncha.net/apps/dojinnovels.pl
image 
現在進行中の原稿も随時追加していきますので、よろしくお願いします!

ちなみに「おかえりください」はノベルゲームとしても公開してるので、そちらもよろしければゼヒ(WINDOWS版)
「おかえりください」本編に分岐を追加したものです。
DLSite http://www.dlsite.com/home/work/=/product_id/RJ086894.html
体験版はこちら http://t2aki.doncha.net/event/plz_return.html
image 

作品を3本追加して9月8日(土)にステータスがIn Reviewとなっていた「小説同人誌Select」が、今日9月11日(月)明け方公開となっていた。アメリカだ。こっちの9月8日は7日金曜日午後。週末直前で In Review にする?もしかして審査は週末もやってる?と思ったけど、んなことはなかった。しっかり休んで週明けの今日午後の公開。当然っちゃ当然か。てことは審査期間は土日祝を除いた営業日で考えることになる。って言っても、期間が一定しないことに変わりはない。公開日を決めることもできるんで、期間が読めるなら最短の週末に設定したいんだけど。平日火曜に公開されてもなぁ。

審査期間が読めなくて、ちょっと思い通りにならないとはいえ、運用は前職のダウンロード配信サイト、ECサイトと同じ。
「作品制作・作品登録・公開販売・売り上げ確認報告」
難しいことはないんだけど、面倒・手間が多いところは同じ。この手のは慣れて身体で覚えるのが基本。今のところ、まだ一度しか新規公開してないし、作品追加も今回が初めて、売り上げ報告も8月分一回だけ。作業で、まだいちいち戸惑ってるのが現状。ドキュメント書くとかログを残すとか苦手なのが困る。

小説同人誌Select  公開中
・iTunes Store はこちら→ http://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2012/09>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[2 Page] »
1 2

TOTAL:2813

2017 (5)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)