ひまつぶし雑記帖

UIWebViewでローカルJavascriptを読み込む

2013/6/27 [19:05:12] (木) 天気

安直iOSアプリ。UIWebViewを使ってデバイス上にローカルHTMLを表示させるだけ、というシロモノ。

簡単じゃん、と思ってたら甘かった。

jQueryを使ってJavascriptをごにょごにょするには、HTMLのheadに外部Javascriptへリンクするだけじゃダメだった。Xcode側でjavascriptを読み込ませる必要があった(…CSSは特に細工もなしに、HTMLに指定するだけで使えるのに)

ViewController.m の viewDidLoad の中に(これは多分 Javascript でいう、onload関数)読み込みのときにjavascriptも読み込め、と指示してやる。


ためしに、local.jsというjqueryを使ったjavascript

を試してアラートが出ることを確認。今日のところはここまで。

cssの書き方もちょっと考えなきゃいけないかもしれない。
単純なcssなら問題なく意図通り表示されるけど、複雑になってくると、対応状況対応レベルがあるのかもなあ。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

ローカルHTMLを表示するだけのiOSアプリ

2013/6/23 [19:45:50] (日) 天気

UIWebViewというのがある。
これを使えば、iOSアプリ(iPhoneやiPad)で簡単にHTMLを読み込んで表示してくれる。ローカルにおいたHTMLも同じく。

ということで、ガワさえ作ってしまえば、中身はHTMLとCSSで頑張ればアプリっぽいものができる。というかほぼまんまWEBの再現が可能。とはいえ、この程度のシロモノがapp storeの審査を通るとはとても思えないので「AD-HOC配布で野良アプリ」もしくは「専用端末化したiOSデバイスにプリインストールして配布」というのが使いどころだろう。

とりあえずこのローカルHTMLを読むアプリは、ド素人、超初心者でも作れるiOSアプリということで、Xcode 最初の1歩としては(わたしのような素人には)ちょうどいい練習問題っぽい。

・Xcodeを立ち上げる。
↓新規作成する
↓「Single View Application」を選択
↓「Product Name」「Organization Name」「Company Identifier」など適当に
 ※ Storyboardsがよくわからないので、チェックを外しておいた。
↓プロジェクトフォルダを作成する
・デフォルトのシンプルな設定でXcodeが立ち上がる。

ソースを2つ編集する。

ViewController.h の @interface の行の下に追加。
(WEB表示オブジェクト(?)はwviewという名前ですよと設定・宣言する)


ViewController.m の viewDidLoad の中に LoadRequestうんぬんの行を追加。

プロジェクトフォルダの中のResourceフォルダを探して、そこにあるindex.htmlを読み込んで表示しますよ、ということなので、Resource フォルダを作ってそこにHTMLやCSS、画像などを入れるようにする。

Xcodeでプロジェクトフォルダを右クリックして「Add Files to "SAMPLE"」(SAMPLEはプロジェクト名)でリソース用のHTMLなどが入ったフォルダを追加する。
※ この時、HTMLの中から相対パスで画像などを指定できるように「Create folder references for any add folders」にチェックを入れる。

Xcode の便利だけど面倒くさいのが画面設計。UIが良く出来ていて、部品をドラッグアンドドロップするだけでそれっぽい見た目のできあがり。

ViewController_iPhone.xib をクリックするとiPhoneのモックアップ(?)が現れる。
とりあえず表示するだけなら、そこにWebViewオブジェクトをドラッグアンドドロップ(このWebViewオブジェクトの中にHTMLが表示されることになる)すれば完成。
あとは、シミュレーターにiPhoneを指定して、「Run」するだけ。

以下は、index.htmlに戻るとかリロードなどのコントロールをつけたもの。
image 
コントロールをつけるとなると、とたんに考えることがいろいろ増えるので試行錯誤で大騒ぎ・大変。なかなか思うようにいかない…けど、今日のところは終了、続きはまた明日以降。もう初老だ。7時間程度ぐらいしか続かない。

・画面・レイアウト設計
・ソースコードの編集
・画面レイアウトされたオブジェクトをソースコードの該当するところに紐づける

大雑把に、XcodeでのiOSアプリの作成はこの3つかな。

Xcodeのソースについて調べていて。バージョンごとで書き方がけっこう違うんで、混乱。基礎からきちんと訓練を受けたプログラマならすぐに解決だろうなあと、うらやましい。

 

»電子書籍制作代行についてはこちら

iOSデベロッパ更新

2013/6/14 [11:33:22] (金) 天気

app storeでアプリを販売するためのiOSデベロッパプログラムは1年8400円(同じAppleでも、iBookstoreは登録無料)
去年7月11日に登録したのでそろそろ1年。app storeでアプリ内課金型の電子書籍は、よっぽどしっかりプロモーションをしないとまるで売れない。

1年かかって、デベロッパプログラムの登録料すら回収できないので今後は考えどころ。ひとさまの原稿を預かった以上は約束・信用、今回は更新。

『iOSデベロッパプログラムとユリシーズの瞳』  (2012/7/11)
そろそろ原稿の用意もできそうなので、SakuttoBookを注文してiOSデベロッパプログラムに登録(購入)してみた。

更新の手続き。

・iOSデベロッパプログラムに登録(購入)
 アクティベーションコードを入力して契約更新。

・アプリ制作のために 以下にアクセス
「Member Center - Apple Developer」 https://developer.apple.com/membercenter/index.action
「Certificates, Identifiers & Profiles」
↑このあたりから入っていって、期限切れとなる証明書とProvisioning を新たに作成する(開発用と公開用で各々2種類ずつ)※ これがかなり面倒くさい。

1) macの キーチェーンアクセス→証明書アシスタント→認証局に証明書を要求
2) ディスクに証明書を要求するためのファイル(CertificateSigningRequest.certSigningRequest)を保存
上記ファイルを使ってここから開発用と公開用証明書を取得・登録する

3) Member Centerにアクセスして証明書を取得する
4) さきほど保存したファイルをアップロードして送信
5) 証明書(ios_development.cer)をダウンロード
証明書をダブルクリックしてキーチェーンに登録(開発用と公開用に3から繰り返し)

こちらのサイトがとても参考になります。ありがとうございます。
『iPhoneアプリを実機で動かす』http://kentaro-shimizu.com/lecture/iphone/step3.html


プログラマでもなく、Xcodeでアプリを作ることができる・作りたいとも思ってなくて、電子書籍を店頭に並べたい、ということで始めたという経緯もあり、ibookstoreがオープンしたこともあり、今後はibookstoreに移行するつもり。

そもそも、わたしが現在利用している電子書籍作成ソフトで作られる電子書籍アプリ(言葉が重複)は、単純な電子書籍なので、間違いなくリジェクト対象。

新作を投入したら既存のまでリジェクトされそうで、恐ろしくて更新できない。

»電子書籍制作代行についてはこちら

AppStoreの電子書籍アプリは終了

2013/3/31 [11:41:00] (日) 天気

iBookstoreがオープンして以降、iOSアプリ・App Storeでブックアプリがリジェクト(審査却下)されていて、ブックカテゴリに新しいものが見当たらない、と。

アップルのアプリに関するレビューガイドライン

2.21 シンプルな歌や動画はiTunes storeに申請してください。シンプルな本はiBookstoreに申請してください。


アプリは本や歌とは別のものである、ということがレビューガイドラインの冒頭に書かれていて、宗教や性について書きたいなら、アプリではなく本や歌にしてくれ、と。

私たちはアプリを本や歌とは違うものと理解しています。
宗教を批評したい場合は、本を書いてください。sexについて記述したい場合は、本または歌を書くか、あるいは医学のアプリを作成してください。これらは複雑な問題を孕んでいます。そのためApp Storeではある種類のコンテンツは許可しないことに決めました。


(アプリでポルノグラフィックっぽいと審査却下されたまったく同じものが、ibookstoreでは審査を通過したのもこのあたりだろう。審査基準が違う)

アメリカでは2010年にibookstoreが始まっていて、やはり単純な「本」はガイドラインの2.21にひっかかって審査が通らなくなっているらしい。動画を埋め込んでインタラクティブな仕掛けがあったり、EPUB3では実現できないようなプラスアルファが必要となっている。
…って、もうそれ、本じゃないよなあ。
話はズレるけど。電子書籍に動画やインタラクティブなものを求めるのはどうなんだ。それ、動画でいいじゃん、アプリでいいじゃん、本ってナニ?

ということで、去年夏に購入してお世話になった電子書籍アプリ作成のSakuttoBookでもリジェクトされてるらしく、今後、電子書籍アプリの審査は厳しくなる一方。

審査に費やす労力や、iOSデベロッパープログラムに登録するための費用などもろもろ考えると、AppStoreに電子書籍アプリを無理矢理並べるメリット・必要性がどこにもない。iBookstoreだけで十分(まるで売れないAppStoreに比べると1mmぐらいはiBookstoreの方が売れそうだし)

今、公開中のものは(当面は)そのまま継続するにしても、新規は審査が通らないな。


[04/03 10:40:53] 追記。twitterのツイートでも



kindle や iBooks 、無料EPUBなど日野裕太郎の電子書籍情報はこちら
 →  日野裕太郎電子書籍など



»電子書籍制作代行についてはこちら

iTunes Storeから初の振込

2013/1/17 [10:57:45] (木) 天気

iTunes Store から1月7日に初の振込があって吃驚した。

…いや吃驚することはないんだけど、去年の8月15日に公開して販売期間はほぼ5ヶ月。
具体的なことを言ってNDA(守秘義務)など規約にひっかかると困るのでぼかすけど、1000円超えたら振り込んでくれるんだ、とちょっと感激。

・アメリカ歳入庁に届けてEIN取得うんぬんの税金対策はしてない。
・銀行は今まで使ってる日本の都市銀行。

振込はドイツ銀行から振り込まれていた。
「現在、Appleでは日本の開発者アカウント保持者が日本円で受け取る場合のみ全銀システムで支払いを行うので手数料はかからない」という記事 「アプリの売上代金を手数料なしで全額受け取る方法」 があった(有用な情報ありがとうございます)
先人たちの努力に感謝。審査やサポートなどはFで始まる4文字のappleもこの点はありがとう!

毎日売り上げをチェックして、ため息しか出ない状態なんだけど、こうやって1000円ちょっととはいえ振込があると嬉しいもんだ。文字通り現金なやつ。

ちなみに。アカウントは(2012年は)年間8400円。電子書籍作成アプリ36000円。アプリチェックのため自分ですべて一本ずつ購入しているし、勉強させてもらってます。よ!
などと言ってるけど、プログラム知識もない素人がアプリとして並べるには、これは格安だと思う。わたしの売り方・宣伝告知が悪いだけ・足りないだけ

アマゾン、Kindleストアも現地ユーザーの利便を考慮してほしいよなぁ。

ということで iPhone電子書籍アプリ「小説同人誌Select」ぜひよろしくお願いします!
半年に一度ぐらい夕食に小鉢が一品増えるとうれしいです。

日野裕太郎さん「おかえりください」や、くまっこさん「まほろば」など同人小説が収録されている「小説同人誌Select」は無料アプリです。まずは各話無料サンプルを立ち読みしてみてください(本編は85円〜となります)
「小説同人誌Select」特集ページ→ http://books.doncha.net/apps/dojinnovels.pl
iTunesStore販売ページ→ https://itunes.apple.com/jp/app/id546230414?mt=8

日野裕太郎さんの分岐シナリオを追加したノベルゲーム、くまっこさんの作者自身による朗読音源もありマス!

»電子書籍制作代行についてはこちら

appleの意味不明な検閲

2013/1/6 [13:35:51] (日) 天気

先月12月に申請していた小説同人誌Selectの新規追加コンテンツ。ポルノだと言われて審査ではねられていた。どうにか1月3日に審査通過して公開されたんだけど、どうもムカつきがおさまらないので晒しておこう。

内容はこれっぽっちもエロ要素なし。

夏草生い茂る野原の穴に転落して、怪我をして身動きできなくなった青年が、穴の底で血まみれの少女と出会って…という青春ミステリ小説。

Apps containing pornographic material, defined by Webster's Dictionary 

Your app still includes pornographic content.
 It would be appropriate to remove all content that is similar in nature.

ポルノ「っぽい」ものは削除せよ、とのこと。
まったく理解不能で、どこ見てんだクソ野郎、と返信したくても、英語がわからず。
何度やっても細工しても通らないので、泣く泣く表紙画像を黒く潰すという暴挙。
image 
左が審査ではねられた時の画像。右が審査通過の画像。どこがポルノやねん。

»電子書籍制作代行についてはこちら

profile

profile

 
doncha.net
名前:
飯田哲章
mail:
t2aki@mrh.biglobe.ne.jp
twitter:
t2akii

WEBサービス制作/電子書籍制作

検索
<<2017/9>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク

WINDOWS版サウンドノベル
おかえりください PC WINDOWS版サウンドノベル
『おかえりください』体験版

iPhone電子書籍アプリ
小説同人誌Select iPhone電子書籍アプリ
『小説同人誌Select』

[5 Page] »
1 2 3 4 5

TOTAL:2830

2017 (22)
1 (2)
2 (1)
4 (2)
5 (1)
6 (6)
7 (3)
8 (5)
9 (2)
2016 (41)
1 (5)
2 (5)
3 (2)
4 (3)
5 (4)
6 (6)
7 (2)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (4)
12 (4)
2015 (99)
1 (11)
2 (12)
3 (9)
4 (6)
5 (8)
6 (8)
7 (3)
8 (5)
9 (16)
10 (6)
11 (1)
12 (14)
2014 (112)
1 (16)
2 (5)
3 (6)
4 (12)
5 (16)
6 (19)
7 (9)
8 (6)
9 (4)
10 (8)
11 (6)
12 (5)
2013 (145)
1 (24)
2 (15)
3 (18)
4 (23)
5 (14)
6 (11)
7 (7)
8 (11)
9 (5)
10 (4)
11 (6)
12 (7)
2012 (103)
1 (1)
2 (1)
3 (4)
4 (3)
5 (7)
6 (26)
7 (17)
8 (5)
9 (8)
10 (10)
11 (11)
12 (10)
2011 (54)
1 (4)
3 (7)
4 (4)
5 (14)
6 (6)
7 (3)
8 (3)
9 (1)
10 (4)
11 (2)
12 (6)
2010 (70)
1 (12)
2 (7)
3 (6)
4 (6)
5 (3)
6 (10)
7 (6)
8 (4)
9 (3)
10 (4)
11 (3)
12 (6)
2009 (144)
1 (15)
2 (12)
3 (12)
4 (6)
5 (15)
6 (6)
7 (10)
8 (9)
9 (17)
10 (12)
11 (14)
12 (16)
2008 (148)
1 (10)
2 (6)
3 (10)
4 (11)
5 (13)
6 (10)
7 (13)
8 (19)
9 (18)
10 (12)
11 (13)
12 (13)
2007 (106)
1 (7)
2 (5)
3 (3)
4 (7)
5 (5)
6 (9)
7 (8)
8 (13)
9 (18)
10 (11)
11 (8)
12 (12)
2006 (158)
1 (28)
2 (28)
3 (25)
4 (7)
5 (9)
6 (7)
7 (12)
8 (13)
9 (10)
10 (7)
11 (6)
12 (6)
2005 (350)
1 (31)
2 (26)
3 (26)
4 (27)
5 (29)
6 (30)
7 (32)
8 (30)
9 (30)
10 (32)
11 (29)
12 (28)
2004 (292)
1 (24)
2 (24)
3 (29)
4 (27)
5 (28)
6 (25)
7 (26)
8 (24)
9 (12)
10 (19)
11 (26)
12 (28)
2003 (318)
1 (22)
2 (25)
3 (21)
4 (28)
5 (28)
6 (28)
7 (28)
8 (29)
9 (26)
10 (29)
11 (28)
12 (26)
2002 (317)
1 (29)
2 (26)
3 (26)
4 (25)
5 (28)
6 (30)
7 (27)
8 (21)
9 (25)
10 (27)
11 (28)
12 (25)
2001 (277)
1 (17)
2 (21)
3 (23)
4 (20)
5 (31)
6 (18)
7 (26)
8 (25)
9 (29)
10 (19)
11 (24)
12 (24)
2000 (53)
6 (9)
7 (4)
8 (2)
9 (3)
10 (1)
11 (15)
12 (19)
1999 (3)
7 (1)
10 (2)
1998 (18)
9 (9)
10 (7)
11 (2)